« December 2004 | Main | February 2005 »

01/28/2005

冬の牡丹

IMG_0201
デジカメ、まだ、新米で、上の句を、隠して写してしまいました。

どなたか、上の句を作って、頂けないでしょうか。〃?

{ ○○○○○、切り口、にほふ、寒牡丹 }

| | Comments (6) | TrackBack (0)

牡丹

IMG_0198
しばし、落合川から離れて鴨と一緒に空を飛び✈上野=不忍池の袂の、牡丹苑に行きました。

雪除けの、ワラ囲い牡丹、紅色、白色、紫色、等の花が大きな花弁を、競って咲く中で、
ひときわ目立ったのは、この( 緑ぼたん )です。日中友好を記念して、洛陽植物園から、
贈られてきたそうです。

「立てば、芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」

花の王と、称される牡丹を、すっかり、堪能してきました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/22/2005

竹林公園

落合川から自由学園のキャンパス寄りに〖 竹林公園 〗が
あります。
竹は古くから日本の国土と良く調和し、竹林の中を歩くと、
自然と心の落ち着きを覚え、しばし幽玄の世界に入ります。

公園内には、多くの湧水がありこの流れは、
落合川に注がれています。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

IMG_0187

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/21/2005

川の合流

IMG_0190
これはチョッと、めづらしと思いませんか?川の合流地点です。市民の遊歩道、ジョギング、ウオーキング、コースに成っていて、東西に分かれて流れている、黒目川と落合川が、新座市との境界のところで、仲良くひとつに成った場所です。画像の右が黒目川、左が落合川後ろに市民プールの建物も見え、流れは手前の方に泡立て乍ら、合流の喜びを表しているようです。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

01/15/2005

雪の木

IMG_0104
落合川の土手の小さな公園の(木)です。
普段は人の集まりのない所でぶらさがり
コープがあるだけ、たまに犬の散歩の人が
立ち寄るだけの、こんな所も又いいな。~~

| | Comments (2) | TrackBack (0)

群れる鯉

IMG_0060
落合川の住民(コイ)です。川の、いたる所にいます。川沿い全域が金網のフエンスに,なっていて外敵が、いないせいだと思います。必ず二匹あるいは、それ以上群れていて、一匹だけの単独の鯉はいません。そして緋鯉、真鯉、銀、白、とカラフルで飽きがこなくて散歩する人たちのオアシスとなっています。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

01/07/2005

記念切手、国際文通週間(1973年)

今年は酉年で、古い切手の中(伊藤若沖)作の、鶏の切手が見つかり掲載する事にしました。
そこで、(1973年)の出来事を記して見ます。

 1月ーベトナム戦争の停戦。
 5月ー4歳馬、ハイセイコーNHK杯で1着、10連勝。
 
7月ー日航ジャンボ機オランダ上空でハイジヤックも乗客全員無事。

10月ー中東戦争勃発、石油削減と、供給制限で庶民はトイレットペーパーや洗剤の買いだめに走り、
     都会のネオン何消えた。     。     
10月ー江崎玲於奈氏、ノーベル物理学賞を受賞、トランジスターと世界半導体研究の最前線を走った。
     偉大な人で、ちなみに名前の玲於奈はライオンを意味するラテン語音に当たったものだそうです。

10月ーセ・リーグで巨人軍、9連勝を達成。
          
     1973年(昭和48ねん)   「朝日年鑑」より抜粋

| | Comments (2) | TrackBack (0)

鶏の切手

IMG_0126

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« December 2004 | Main | February 2005 »