« 記念切手、国際文通週間(1973年) | Main | 雪の木 »

01/15/2005

群れる鯉

IMG_0060
落合川の住民(コイ)です。川の、いたる所にいます。川沿い全域が金網のフエンスに,なっていて外敵が、いないせいだと思います。必ず二匹あるいは、それ以上群れていて、一匹だけの単独の鯉はいません。そして緋鯉、真鯉、銀、白、とカラフルで飽きがこなくて散歩する人たちのオアシスとなっています。

|

« 記念切手、国際文通週間(1973年) | Main | 雪の木 »

Comments

素敵な川ですね。
鯉も住み心地がよいのでしょう。
こんな散歩道がお近くにあるなんて羨ましいです。

Posted by: 狭山ヶ丘校スタッフ | 01/16/2005 at 17:30

狭山ヶ丘校スタッフの皆さん。コメント有難うございます。!
狭山ヶ丘は同じ沿線ですね。稲荷山公園にはよく花見に行きましたが、武蔵野音大などあり自然が、豊富な所と印象もっています。次に、お伺いします。

Posted by: 亀の歩き | 01/17/2005 at 10:10

 そうなんです!スゴイたくさんいるんですよ。ポスティングの時などよく見ます。暖かい日など、のどかで仕事をしているのを忘れてしまいそうに、なってしまいます・・・◇◆◇◆◇◆◇

 ただ・・・たまに、黒いものすご~く大きい鯉が、何匹いるかわからない位ウヨウヨいる場所?時?があるんです!!!私は魚が苦手なので、怖かった・・・です。(食べるのは大得意なのですが・・・(*^_^*))

Posted by: iインスト鈴 | 01/17/2005 at 11:19

狭山ヶ丘校のブログにコメントありがとうございました。他の教室の生徒さんとこんなやりとりができるなんてブログってホントいいですねヽ(^o^)丿これからも「わかるとできる」でたくさんの事を習得してくださいね!
稲荷山公園の春の桜は本当にみごとです。

Posted by: 狭山ヶ丘校スタッフ | 01/17/2005 at 19:18

インストラクターの鈴木さん。コメント有難うございます。!!
先ず門松!最初に拝見したとき、孔雀を連想しました。素晴らしい、オブジェで、星が瞬き宇宙をバックに大きく広がっていて、まさしく希望の門松ですね。☆彡☆彡
ところで、落合川は、此の儘いくと鯉は、自然に益々増えて行くだろうし,先々は〖鯉と鴨の落合川〗として名所になって欲しいと思っています。?

Posted by: 亀の歩き | 01/18/2005 at 23:14

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70586/2581124

Listed below are links to weblogs that reference 群れる鯉:

« 記念切手、国際文通週間(1973年) | Main | 雪の木 »