« さくら | Main | 美しい桜の陰に人々の愛 »

04/05/2005

亀の日向ぼっこ

IMG_0398
このところ上野(牡丹園)-浅草(水上バス)や
愛知万博に飛びましたが、久しぶり水温む、

落合川に、目を向けると、わたしの、同族?

亀がのんびり甲羅干しをしていました。

さて先日ー『 井の中の蛙、大海を知らず 』ーの諺ですが、

実は、その後にー「 されど、天の高きを、知る 」ーと、

この言葉が続いています。作者は強いて大海を、
知らなくても良いんだよと、ちゃんと受け皿を作っていました。

この亀も同じで大海は知らないけど、しかし、
吸い込まれるほどの、高く澄み切った宇宙に拡がる空(天)が
頭の上にある訳ですから、其れなりに、
ある意味で、落合川の中の亀でも幸せではと・・
わが身に、かさねて、納得しています。!!

|

« さくら | Main | 美しい桜の陰に人々の愛 »

Comments

亀さん、こんにちは~。

有名な諺に「されど、天の高きを、知る」とステキな続きがあったんですね~!?
教えて頂き感謝ですぅ♪
私は「されど、天の高きを、知る」の方が重要だと思います・・・。でも前半しか知らない私みたいな人も多いのではないでしょうか?
勿体ない気がします。。。

落合川の亀さん、とっても気持ち良さそーにしていますね!そんな雰囲気が良く映し出されている写真だと思いました。

Posted by: TSUNちゃん | 04/08/2005 at 15:50

今日は!
亀さんの今回の亀のひなたぼっこ。《春の小川》の童謡を思い出しました。都会にまだ清らかな流れが残っていることは大事な自然遺産ですよね。此の儘の流れが何時までも残りますように。そして亀さんが安心して甲羅干しが何時までも出来ますように!

Posted by: 掬子 | 04/08/2005 at 16:26

>つしまさん。お久しぶりです~~
仰るように「されど、天の高きを、知る」の方がむしろ重要
で私もこちらが好きです。何か思いやりを感じさせますね
 自分のペースで好きな日に、自由に時間が選べて、当日
予約OK、我が儘な私は、この特典をフルに生かしています。
そのせいか、先月後半は、つしまさん、との学習対面は、
3月31日きりでしたね。
そして、先週は夜間お忙しい中、エイプリル・フールの日私のメール・ミスのメールを又メールして頂き>何か早口言葉<の
様に、なりましたが有難うございました。

>シー・ユー・アゲイン~~

Posted by: 亀の歩き | 04/09/2005 at 10:32

>鞠子さん。こんにちは、~~、
いつもコメントありがとうございます。

亀のいる落合川は竹林公園など水源は主に湧水なので都市部と
しては割合、水が、きれいで又、川の中に水草がびっしりで、
清浄効果をあげ、鯉や鴨が沢山います。そして川沿いがウォーキング・コースに、なっていてデジカメ片手に散歩してます。
 昨日の御苑の写真は都庁では、ない様ですね、新宿は若い
時、良く映画を観ていまして、詳しいはずでしたが、
大変失礼しました、ごめんなさいね。m(__)m

Posted by: 亀の歩き | 04/09/2005 at 12:43

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70586/3574137

Listed below are links to weblogs that reference 亀の日向ぼっこ:

« さくら | Main | 美しい桜の陰に人々の愛 »