« | Main | ゆすらうめ »

06/10/2005

靖国神社

IMG_0047

 靖国神社え、年に何回か参拝します。

 父が戦死して英霊として、祀られています

 靖国神社は、明治天皇によって建てられ

          徳川幕府が倒れ、新しい明治の時代に

なる時の戊辰戦争で亡くなった、約8千人の人達を祀る為に創建

されたもので、勿論、第二次大戦の犠牲者、二百十三万人も合祀

されています。

地下鉄九段下駅の地下から這い上がるような急で長いエスカレータ

で上ると、威風堂々とした大鳥居が、靖国神社の石碑と並んでいて

そこから、周りの青々とした木々や石灯籠の立ち並ぶ参道をゆっくり

本殿の方え向かうが、途中、時代劇に出てくるような茶店スタイルの

食事処が在り、お好み焼き、やきそば、おでん等がおいてある、

周りの超、近代建物の多いなか、これは一気に明治の庶民生活を

彷彿させる所で、本当に変って欲しくない、ホット、する場所です、

IMG_0050  父はの昭和二十年八月二日に亡くなり

 八月十五日が終戦なので、もう二週間

 生きていたらなぁ・・ と、つくづく、人間の

寿命と云う、現実を、感じさせられます、軍需製品を内地から戦地

に輸送しているうちに、飛行機から機銃掃射に遭い、艦と、共に

海底に沈み、勿論、遺骨は揚がらないままで、御霊が靖国神社に

祀られています、本殿で、しばし、お参りをして、嬉しいこと、そうで

ない事など、色いろ報告しお願いすると、心、安らかになり自然と

「おかげさまで」と云う、思いがしてきます、

今年は戦後六十年、父の、倍以上生きた母の、三回忌でもあり

時は、>すべてお、のみこんで、< いや応なしに過ぎてゆく!!

|

« | Main | ゆすらうめ »

Comments

戦後60年経った今でも戦地で消息の解らない方々の家族には永久に戦後ではありませんよね。
ついこの間もインドネシアの密林に生存者が居る!と騒いでおりましたがこのニュースを聞いてご家族の方はどんな思いだったのでしょうか。
そして今中国や韓国で問題になっている靖国参拝問題
モット大きな気持ちで受けいることが出来ないのでしょうか?
過去にあったことは決して拭い去ることは出来ませんがこれからの未来に向かって子孫には同じ過ちをしないことを教え伝えていくことが最も大事な事と思いますが。 合掌

Posted by: 掬子 | 06/13/2005 at 11:07

> 掬子さん、こんばんは
いつも、洗練された、コメントありがとうございます~☆
靖国神社には、合わせて、2百四十万柱の英霊が、祀ってあると
いわれています、そして、数多くの人々が靖国に何らかの形で関係
されていると思われます、今の時期、戦没者の家族の一人として
素直な気持ちを其の侭ブログに載せました。

話は変りますが、いつも思うのですが、掬子さんのブログの画像は
とても、きれいに、出てますのに、私、この靖国神社は明るくて
美しい画面に、しようとしたのですが、結果はサンザンで、何処が
足りないのか、もう少し色いろと試行錯誤しながら何とか追いつき
たいと、思っています!

Posted by: 亀の歩き | 06/15/2005 at 21:12

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70586/4490971

Listed below are links to weblogs that reference 靖国神社:

« | Main | ゆすらうめ »