« 押し花 | Main | 落合川 »

08/22/2005

ふるさと

Scan10007

> 出雲大社 (島根県)

 「 神話の伝説 出雲の国 」

 因幡の白兎や八頭のおろち退治の話

旧十月には全国の神々が集まり人々の幸福の為に神議されるのです

島根県ですが、大方の人は島根って何処の感じですが、元竹下総理

や青木参議院、議員の出身地です、

この夏お盆をはさんで、その島根へゆっくり、のんびり帰省しました、

お盆の前に行われた、幻想的で素晴らしい小さな町のイベントは

IMG_0324  「 石見乃国八調子神楽 」

 古くは神を喜ばせ、祭るために

 人々が舞ってきた、

かっては厳しい自然と共存しながら、暮らす人々にとって神楽は

信仰の証として村人の楽しみだった行事は今も、受け継がれている

IMG_0338  「 八岐大蛇 退治 」

 場所は波打ち際の純白で砂糖の

 ような砂浜の上にゴザを

敷いただけの舞台、バックは漆黒の海、潮騒の音、斜め上の空には

三日月、そーとゆれる薄い雲、遥か地平線には漁火がひとつふたつ

自然のロケーションは、抜群で神楽が佳境に入ると大蛇があばれて

断末魔のうちに、打ち首になり、人身御供の娘は助かり、万々歳

ある時は厳かに、ある時は情熱的に舞う神楽は夜半過ぎまで続き

余韻を残し、ゆったりと、時は流れ行く~~~

IMG_0346  「 遠浅の海水浴場 」

 昼間の波打ち際は白波が

 何事もなく、繰り返し打ち寄せ

終わりない、フイルムは静かに回り、つづける~~

|

« 押し花 | Main | 落合川 »

Comments

暫くです!
朝夕は少し涼しくなりました。
暫くページの更新が無かったのは出雲へ
旅していらしたのですね。
幻想的なお祭りの神楽はキット素晴らしかったと思います。
漆黒の舞台にあの原色の衣装はこの世のものとは思えない夢の国へタイムスリップされたのではないでしょうか?
この出雲には神話が沢山あってメルヘンの世界に引きずり込まれてしまいそうですよね。
白兎海岸は此海岸沿いなのでしょうか?
白兎が大黒様に助けられたお話も有名ですよね。

Posted by: 掬子 | 08/22/2005 at 21:25

鞠子さん、こんにちは!
早速、コメント、ありがとうございます、

わが、ふるさとは、白兎海岸より、もう少し西で山口県の方面に
向かった所で、前に日本海をみて、すぐの山を背に海岸沿いを縫うように走る列車は平野が少なく、かっことした産業もない
所ですが、車窓から見える風景は、まだまだ自然が一杯です、

また出雲地区は古代からの息吹きが、そこかしこに残っていまして
荒神谷遺跡とか、加茂岩倉遺跡もあり、銅剣は三百有本も出土して
いますが、まだまだ歴史の謎は、包まれた儘のようです!!

Posted by: 亀の歩き | 08/23/2005 at 11:44

思わず息を飲みました
1枚の写真がこれほどまでに人を惹きつけるものなのですね!

亀の歩き さんの故郷なのですか?
地味な県ですが 素晴らしい所が いっぱいありますね
足立美術館にはまた是非行ってみたいと思います 


Posted by: ももちゃん | 08/25/2005 at 16:08

思わず息が止まりました
1枚の写真がこれほどまでに人を惹きつけるものなのですね!

亀の歩き さんの故郷なのですか?
地味な県ですが 素晴らしい所が いっぱいありますね
足立美術館にはまた是非行ってみたいと思います 


Posted by: ももちゃん | 08/25/2005 at 16:09

>ももちゃんさん、こんにちは、
ご無沙汰しています、昨日はコメント、ありがとうございます!

仰るように、足立美術館は自然をも取り込んでの美しい庭園と
横山大観の、多くのコレクション等は富みに有名で山陰地方の
旅では、絶対はずせない庭園美術館です、

また今の山陰は松江城を中心として宍道湖の水の都ー自然と
歴史ー文化など、観光都市として見どころ、いっぱいです、

ところで、神楽の舞の衣装はパッチワーク制作の参考には
なりませんか? なりませんねぇ~!

Posted by: 亀の歩き | 08/26/2005 at 16:00

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70586/5586347

Listed below are links to weblogs that reference ふるさと:

« 押し花 | Main | 落合川 »