« August 2005 | Main | October 2005 »

09/30/2005

川越の街

IMG_0649 > 小江戸 川越 (埼玉県)

  初めての川越の街、見物で

  先ず、小江戸巡回バスに乗って

  市内をひと回りしようと、

紺色ボンネットの飛び出した洒落た、クラッシクバスに乗り込み

ました、

IMG_0657>  最初は 喜多院の庭

   徳川家光 誕生の間や 

   春日局化粧の間が

  江戸城から移築されていて

多くの文化財があり 水の流れを石で表す仕組みの 曲水の庭の

枯山水を、目前に、一休みしました、静かな雰囲気で歴史を思い

考え  家光は、この庭を、どんな想いで、眺めていたのだろうか

戦国時代と違い、あらためて今の平和を、大切に、大事に

しなければと、思いました、

IMG_0659kawagoe3 > 川越といえば 歴史と文化の街で

  川越城を中心として松平伊豆守信綱が

  「十か町四門前」の町割を定め、

  川越まつりは、山車の数やお囃子に、

それぞれ特色があり、それらは川越まつり会館に収められている

IMG_0662kawagoe2 >時の鐘の建物や、蔵造りの街並みと

  自然の中に、文化財や史跡が

  バランス良く、配されていて

  耳を、すますと、何処か遠くから

お囃子の音が、自然に響いてくるような、川越の街の一日が

 アット 云う間 に暮れてゆく~~

| | Comments (4) | TrackBack (1)

09/25/2005

ウォーキング

IMG_0383wouku1

>黒目川(東久留米市)ウォーク

  柳窪樹林地と・源流部

  さいから窪をめざして

            2005年 9月17日(土)

土曜の朝、新聞を見ていると「東久留米の水と景観を守る会」

主催で上記の記事があり 「当日参加も可能」で、早速デジカメ

片手に仲間(45人)に入れて頂きました、

IMG_0385wouku2 > さぁ~ 出発!

  東久留米駅から最寄の弁天堀橋が出発点

 で、よぅやく秋色の風を感じる、黒目川沿いを

源流に向かってウォーキング、足どり軽く源流へ~

IMG_0391wouku4 > 柳窪緑地保存地域

   小平霊園内にある、今は涸れて、水源に

   水はなく、鬱蒼とした武蔵野の雑木林を

残すのみの「さいかち窪」まで、約6キロを、2時間かけて、

途中、大園寺と、下里本巴遺跡公園、氷川神社、などで

水分補給休みを、執り、好天気で日差しも強いが、汗が流れる

ほどの暑さもなく、恵まれた、爽やかな一日を、楽しみました、

そして、ウォーキングしながら、史跡の発見も、楽しい。

           柳窪梅林の碑

「 ちとせとて まつはかぎりのあるものを はるだにあらば

 はなはみてまじ 」          菅原 道真

| | Comments (8) | TrackBack (0)

09/23/2005

パソコン

tesutokaidan >「 ノートパソコンの持ち運びは 」

  充分注意しましょう、

  先日(九月八日)の日

  パソコン教室から帰りの事です、

実は教室は駅前のビルの二階にあって、

階段を降りようとした時、何か嫌な予感がして肩に掛けていた

鞄から、スルリとパソコンが落ちてしまいました、最上段から

いきなりタイル張りの段ですから、かなり大きな音がしたらしく

階段際にある、歯科の看護師さんと、奥にある教室の

インストラクターの U さんと、S さんが、下まで降りてこられ

ました、私は、あぁこれでパソコンはスクラップになったと一瞬

思いました、

とにかく教室に戻って、スイッチを入れてみようと、すぐ冷静に

対応して頂き、取り合えずオンしましたが反応が遅く、そして

トレイが飛び出したまま、元に戻らず、また本体が歪んだようで

あちこち傷だらけ、、結局家電え修理に出すことにしました、

IMG_0401kabann >原因は、三方開く鞄の横のチャックが

  閉まってなかった事ですが後で考えると

  人が階段にいたら、とか自分が転んだ

のだったら、大変だったんだと、前向きに考えることにしました

それにしても、教室の外での出来事なのに、

 Uさん Sさんが、自分の事のように、心配して頂き、

ほんとうに、にありがとうございました!!

今も、パソコンは、修理に出したままです・・・・・

| | Comments (4) | TrackBack (0)

09/04/2005

押し花

IMG_0478

> 押し花 (九月号)

> 花の舞

> ランの 色いろ

> ファレノプシス

>  扇の乱舞

ランは、種類に依っては空中を飛ぶかの如く咲くのも有るそうで

中でも、ファレノブシスの胡蝶が群れて、舞い飛ぶような、姿は

優美で、可憐で、人々を、すっかり魅了してしまう、

薔薇と並んで、最も人気のある、花です。

  実りの秋に 押し花を ひとつ~!

『 さざやかに 秋蘭花の おびただし 』   淡路女

| | Comments (7) | TrackBack (0)

« August 2005 | Main | October 2005 »