« May 2006 | Main | July 2006 »

06/28/2006

フランス映画

Scan10028jpg11_1 池袋にいくと、必ず時間を作って

映画を観るようにしていますが

今回は新文芸座で

ジェラール・フィリップの

特別シリーズとして

「 赤と黒 」が上映されていました、懐かしさ一杯で

久しぶりに フランス映画を、堪能してきました。

Scan10031jpg22_1 『 赤と黒 』 原作:スタンダール

ジュリアン・ソレル

     ジェラール・フィリップ

レナル夫人

       ダニエル・ダリュー

ジェラール・フィリップは、フランスの国家的な、名優で

夢のような、貴公子で、ダンディーと、そのニヒルな演技は、

スタンダールの『 、赤と黒  』で、花開き、1950年代

「しのび逢い」とか 「モンパルナスの灯」 「夜の騎士道」など

銀幕の王として、君臨していましたが、1959年

36歳という、若さで 短い生涯を、終えてしまいました。

Scan10030jpg33_1 ジェラールフィリップ「速答遊び」記述より

あなたの性格を、一言で言うと?

>野心家

あなたの生まれつきの性格は?

>傲慢

  あなたの欠点は?

>傲慢

楽天家ですか?

>ええ、あまりに錯綜し、憂慮すべき状態に、

             直面する時、私は楽天家になります

何が一番、嫌いですか?

>不誠実 無気力 職業的意識の欠如

内気ですか それはどんな場合に?

>内気ですよ だから、どんな場合でも 何も聞かないで

貴方を、不安にするものは? そして最も、楽しませるものは?

>人間

感激家ですか、あるいは、塾考家ですか?

>先ず感激家で それから、よく、考えます

人生で 何に、驚かれますか?

>その 短かさ

ジェラール・フィリップは 暗に 自分の死を予感していたのか

Scan10032jpg44 6月20日の新聞の広告で

懐かしの世界映画名作、DVD全100作

一枚あたり399円とか(おどろき)

ローマの休日とか、風と共に去りぬ

禁じられた遊びなどの、100作の中に

ジェラール・フィリップの主演の映画は、一作も

入っていませんでしたが、それが、とても、残念です。

これからは、懐かしい映画も、居ながらにして、茶の間でCDで

見られるし、テレビでも、映画は連日番組に入ってるし

映画館では、座席もゆったりで,

オールマイティの、時代と、言う事かも・・・・・

| | Comments (4)

06/21/2006

落合川

Img_0185jpg11 川沿いの散策

ひ鯉さんの、お通りだよ!

そーとして、いましょう

カモ達が、円くなっている。  やがて、川面の波紋が

やわらかく、揺れる中を、鯉さんのあとを、追って泳いでいきます

Scan10026jpg22 環境 フェスティバル

東久留米市~黒目川・落合川に棲む

展示された 魚たちの 「 水槽 」、

水が、清くて、水藻が多い流れは、魚たちが、棲みやすく

タカハヤ、オイカワ、アユ、ウグイ、などが一杯です。

Scan10025jpg33 川沿いで、唯一、柵のない広場

歩き疲れたら、腰をおろして

寝そべるのもよし~

また、水に入って魚を獲っても、良い場所で

夏休みは、大勢の親子ずれで、埋まります。

Img_0993jpg44 南沢 水辺公園

落合川の比較的、上流にある

苗木を植えたり、草花を移植したり

自然を育て、自然を学ぶ、ハーフメイドの公園です

今年の初めに、太陽電池の時計が、設置されました

この公園を、過ぎると、最も、湧水源に、近づき、川の流れも

透明感に富み、水も、サラサラと、静かな音となって

夜半になると、今の時期には、ホタルが、舞うといわれます

梅雨の、さなかの、ひとこまです!!

| | Comments (2)

06/14/2006

野鳥

Kakko111 カッコウ

”しずかな湖畔の 森の影から

ゴキゲン如何かと カッコウが鳴く”

カッコウと云えば、緑 深い木立の奥から声だけが、聞こえる

そんな、シーンを想いうかべますが、この所、朝夕、落合川沿いの

住宅地に、時たま、カッコウの声が、聞こえてきます~

Img_0173kakko222 カッコウの 雄姿をカメラに

やっと 収めました

たゞ 夕やみ迫る 雨模様の日で

色がなく、限りなくカラスに見えますが、間違いなくカッコウです

辺りの様子を、用心深く、見渡しながら、声たからかに

啼いていました。

Kakkobbb 鳥百態 「 岡崎 立 」作

臨場感 躍動する姿が

よく 描かれています

カッコウは五月の初旬に

南から渡ってきて 繁殖し

秋には、インドとか、中国に去っていくとか、

「 カッコウ 」とは、鳴き声から出た名で

イギリス、では 「 クロー 」

ドイツ  では 「 クークック 」

フランス では 「 クーク 」

と、名が付いている、そうです。

Kakkoaaa 原田 孝一 写真集

野鳥達の 美しいポートレート

あまりにも カメラの写りが

良くないので

写真集から一枚拝借し 掲載しました

カッコウで、先ず浮かぶのは、托卵と、いう習性で

モズとか、ホオジロの巣に、卵を産みつけ、育ててもらう

何んといいますか、知らずに育てるほうも、呑気で滑稽な

生態に、たゞ、驚くばかりです。

いずれにしても、自然は徐々に、この辺に戻っているのか

川沿いを歩いていると、 カッコー  カッコーと

山彦のように、声が、ひびく ~~

| | Comments (2)

06/02/2006

落合川の鴨

Img_1001aa アッ あぶない!!

   棒のように見える

   白くて ながーい 蛇が

突然、目に入る、もしかして、落合川の、守り神かも?

Img_1005bb 親がもが

すばやく割り込み

コガモをかばい

事なきを得る、やはり蛇は、鴨にとって天敵なのか

Img_1017cc さぁ・・・速く

     安全な所へ

     親子ずれは

必死に、上流へ 上流へと、立ち去りました~

Img_1025dd 昨年は この落合川に

五月半ばごろ コガモ一号を

見て いましたので

この所、注意をして、川沿いをウォーキング、していたところ

今年の第一号を発見、四羽のコガモの親子~

ところが、すぐ傍に、白い蛇が、現れて吃驚り、慌てて

シャッターを、切ったが、全長はとれず、2mぐらい

あったのでは・・・

下水道などの、整備が改善されて、水質や周囲の環境が

良くなり、自然がかえった証拠なのかも、いずれにしても

コガモ達の、すこやかな、成長を祈りたい **~

| | Comments (7)

« May 2006 | Main | July 2006 »