« 浅草・三社祭 | Main | 野鳥 »

06/02/2006

落合川の鴨

Img_1001aa アッ あぶない!!

   棒のように見える

   白くて ながーい 蛇が

突然、目に入る、もしかして、落合川の、守り神かも?

Img_1005bb 親がもが

すばやく割り込み

コガモをかばい

事なきを得る、やはり蛇は、鴨にとって天敵なのか

Img_1017cc さぁ・・・速く

     安全な所へ

     親子ずれは

必死に、上流へ 上流へと、立ち去りました~

Img_1025dd 昨年は この落合川に

五月半ばごろ コガモ一号を

見て いましたので

この所、注意をして、川沿いをウォーキング、していたところ

今年の第一号を発見、四羽のコガモの親子~

ところが、すぐ傍に、白い蛇が、現れて吃驚り、慌てて

シャッターを、切ったが、全長はとれず、2mぐらい

あったのでは・・・

下水道などの、整備が改善されて、水質や周囲の環境が

良くなり、自然がかえった証拠なのかも、いずれにしても

コガモ達の、すこやかな、成長を祈りたい **~

|

« 浅草・三社祭 | Main | 野鳥 »

Comments

落合川の鴨達・親子可愛いですね。東京の街(池からビル迄をキチンと整列して歩いている姿を何度となくテレビ報道されました。)思い出しています。心が、和む風景ですね。落合川の鴨達親子も・整列して泳いでいます・観ていてあきません。なんと可愛い風景・悪い鳥や・動物に襲われないで・皆大きくなって欲しいと願ううさぎです。

Posted by: 葵のうさぎ | 06/04/2006 at 00:42

暫くです!
10日間ほど留守をしておりました。
コメント有難うございました。

凄い! 一瞬のシャッターチャンスを見逃さない
素早さ! デモ小鴨ちゃんたち早く自力で逃げる事が出来るようになると良いですね。

Posted by: 掬子 | 06/06/2006 at 13:05

すごい写真ですね。
結構、大きな蛇ですよね。実際いるんですね!ビックリ!です。(チョッと怖いかな?)

コガモちゃんたち、かわいいですネ。

Posted by: 鈴 | 06/07/2006 at 10:51

>葵のうさぎさん、こんにちは!
いつも、コメント、ありがとうございます。

落合川の鴨たち、今年は、コガモの誕生が少なく一週間に
なりますが、その後、見かけていません。
新聞で、人間のほうも、出生率が、1,25とか報じられています
此れも時代の流れで、どうしょうも、ないのかも・・・

うさぎさんは、いつもポジティヴで、前向きな姿勢がみんなを、
共感させ、花とかペットの掲載の多い、ブログはいつも訪問者が
一杯で、やはり
幸せじるしの輪が、どんどん広がるのは、本当に楽しいですよね~

Posted by: 亀の歩き | 06/07/2006 at 13:55

>掬子さん、こんにちは!
いつもコメント、ありがとうございます。

まさか川に蛇が、いるとは思わないので、吃驚すると同時に
速くカメラに、収めようと慌てました、それも白い蛇で
何か作り物のようで、鴨も、キョトンとしていましたが

やはり天敵でしょうか、川の両側は金網の柵があり、猫などは
入れないですが、空からカラスなども、いますし、これも
自然の摂理で、さまざまな事を、学習しながら生き物は

成長していくのでしょう。おりしも市では環境フェスティバルと
して、『川をきれいに、緑を残し、花で飾り、ゴミを生かして』
美しい街へとキャンペーン中です!!

Posted by: 亀の歩き | 06/07/2006 at 14:17

>鈴さん、こんにちは!
いつも、コメント、ありがとうございます。

昨今、ヘビなんて、見たことも、聞いたことも、ありませんが
( ふるさとへ、帰省した折りは、時たま、みかけます )
ちょっと、大げさですが、神秘的で干支の中にも巳年はあるし

ましてや、白いヘビはとても、縁起が良いと、されてますから
それに、何か、電池で動いているように、水面を飛んでいました

あれは、たぶん、落合川の守り神で、いづれ、竜神になって
空へ舞い上がって行くのではと、確信しています、

まことに、発想が飛躍的すぎて、ごめんなさい!
なお、次のステップは只今、考慮中ですが、すぐに踏み出します!

Posted by: 亀の歩き | 06/08/2006 at 20:57

かめさん・今晩は、
12日静岡県袋井へ可睡ゆり園に行って来ましたよ。遊びに来てくださいね。

Posted by: 葵のうさぎ | 06/13/2006 at 22:36

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 浅草・三社祭 | Main | 野鳥 »