« 秋いろ | Main | 墨田川の橋 »

10/17/2006

お祭り

Img_0572jpg11 川越  まつり

平成 18年 10月 14日~15日

埼玉県 川越市=都心から 30分~50分

西武新宿線、川越駅で下車し、駅前広場に出ると

威勢のいい、山車に迎えられ その先を道が、まっすぐに

時の鐘や、蔵造りの街につづき

15基におよぶ、山車が並んで巡行してます。

Img_0579jpg22 小江戸 川越

県 市 指定文化財の 山車が

豪華絢爛 そして ユーモラスな

おかめ、ひょっとこ、キツネ、猿のお面をつけた、踊りが

町内、行く先々で、櫓の、内から、迎えてくれます。

Img_0597jpg33 つるべ落としの 秋の日は

いつしか 夜の とばりになって

山車の雄姿は 艶やかさを 増して

山車同志が、正面から向かい合って、お囃子の儀礼打ちを、行う

喧嘩勝負でなく、争うのでなく、競り合いながら

スポーツマンシツプのような、清々しさを、感じさせて

すれ違ってゆく

見物客は、それに 心浮かされ、魅了されて、しまいます。

Img_0594jpg44 ひとは誰でが お祭り好き

集中して 陶酔して パワーは

自然に 湧いてくる!

夜の更けるにつれて、ますます祭りは、佳境に入り

二日間の 夢のような、祭囃子は、光の帯になって

いつまでも、いつまでも、瞬いていました・・・・・

|

« 秋いろ | Main | 墨田川の橋 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 秋いろ | Main | 墨田川の橋 »