« 高松塚古墳  | Main | 黒目川の橋を 訪ねて »

04/27/2007

芝桜の丘

Img_0897jpg11111_1 秩父 羊山  芝桜の丘

西武線ー西武秩父駅ー下車 徒歩15分

平成19年 4/7(土)~5/6(日)

池袋発の 特急レッドアロー号に 途中の 所沢駅から 乗車し

横瀬駅で下車して 見上げると カブトのような 武甲山の雄姿が

いきなり 眼に映る。    駅前の小さな トンネルを くぐって

芝桜の丘につづく 緩やかな小道を行くと 到るところに紅白の

はなみずきの花や 黄色の山吹などが 点々と 

道しるべを しているように 咲いています。

Img_0911jpgbbbb 芝桜の丘から 遥かに 下を望むと

すだれのような 木立の向こうに

散り和む 花群れが 透けて見え

華やかな舞台の 楽屋裏みたいに 木々は 風もなく

ひっそりと 静かに 佇んでいます。

Img_0902jpg22222_1 絵の具を 丘の上から

とろりと 流したような

芝桜の ピンクから 紫の色合いは

せめぎ合いながら 細長い帯となり 段々と 束になってゆき

花の絨毯に 仕上がって行くのか? 其の模様は 秩父夜祭の

屋台や笠鉾の 囃し手の襦袢模様と 躍動感をデザイン化した

ものだそうで 成る程と うなずき たゞたゞ 深呼吸をして

立ち尽くす ばかりです。

Img_0912jpg4444 牧水の滝に 添って

若山 牧水の 歌碑

牧水が愛した 旅愁の町

漂浪の歌人 牧水は数回 秩父の渓谷に 足を踏み入れて

夕やみ迫るなか もの悲しげに 聞こえる 機織の音と

人の唄声を 聞き その情景を 詠んだとされています。

  『 秩父町  出はづれ来れば  機をりの 

             うた声つづく  古りし家並に 』

|

« 高松塚古墳  | Main | 黒目川の橋を 訪ねて »

Comments

今晩は、またまたお久しぶりです。
忙しさにパソコンを開く余裕が、無く最近やっと皆さんの所へ遊びに聞ける時間が、出来てきました。素晴らしい芝桜のパノラマ・・・・お友達が、芝桜を観に行きたい行きたいと 話していました。予定が立たず・・・終わってしまいそう!!でも 亀さんの所で見れるなんてラッキーです。写真にして魅せて上げたいと思います。それにしても・・凄いですね。

Posted by: 葵のうさぎ | 04/28/2007 at 01:32

>葵のうさぎさん、こんにちは!
いつもコメント、ありがとうございます。

お元気そうな、うさぎさんのブログ、チューリップの画像は
6弁の花びらが、それぞれ太陽に向かって、喜びを一杯
表しているように開いて、トテモ、ステキですね

これからは、つつじとか藤の花などが、満開になり、
青葉との彩りもよく、晩春から初夏にかけて今の時期が一番ですね
ゴールデンウイークに入るし何処かに、お出かけしたくなります~

Posted by: 亀の歩き | 04/28/2007 at 11:39

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 高松塚古墳  | Main | 黒目川の橋を 訪ねて »