« April 2007 | Main | June 2007 »

05/26/2007

カルガモ

Img_1337jpgaaa 落合川の カルガモ 親子

第一号 (去年より十日早く) 発見

親かもに 十羽の コガモが 繋がっている

昼下がりの 少し汗ばむほどの 陽ざしの中 いつもの

落合川沿いを 歩いていると 素早く動いている 

只今 デキたて ほやほや 横並びの カルガモ親子が

眼に映ってきました。

Img_1333jpg222 遊歩道を あるく人たちを 癒す

一年中 落合川で過ごす カルガモ達

又 草花 鯉 オナガ 旺盛な水草など

川沿いは いつ来ても 飽きが来ない。 鴨を見てると 遠くで

チャイムと共に 市役所の広報が『 まもなく 小学校低学年の

児童が 下校します 子供たちの 安全を 地域の皆さんで

見守って下さい 』と 爽やかな風に乗って 聞こえてくる、

子供たちも 歓声をあげて 見物するでしょう~

やがて鴨達は 水の流れに乗って スィスィと 動きが早くなり

親かもと 和菓子のような コガモ達は 団子になって

緑の深い 水草の中に 消えてゆきました・・・・・

| | Comments (0)

05/20/2007

黒目川の橋を 訪ねて

Img_1306jpg11111 よしきり 橋 ( 野火止 )

東京都立 久留米 養護学校

車両は 学校だけの 独立橋

よしきり橋とは 近くに 野火止森の公園があり たぶん

ギョギョギョと 大きな声で 鳴く よしきりが 沢山住みついて

いたのでしょう。  武蔵野~  野火止~  よしきりと

耳に 心地よく ひなびた 自然を 感じさせます。

Img_1317jpg2222 降馬 橋 ( おりばばしー野火止 )

都立 久留米 西高校 前

川沿いに 学校が つづく つづく

澄んだ水の 流れがあり 常緑樹が並び 桜がある

そして 辺りの草木が 四季を通じて 豊かに彩を

添える環境が スクールゾーンに 適しているからでしょう。

Img_1319jpg3333 本邑橋 ( ほんむらばし 野火止 )

傍の 平成橋と 並行している 人道橋

本邑が 何となく歴史を 匂わせていて

案の定 近くに阿弥陀堂や 下里本邑遺跡公園が ありました。

黒目川沿いの 台地と 低地からなる 自然地形を 古代人が 

生活をしていた 場所としての 証が 保存されています。

Img_1328jpg4444 平成 橋 ( 野火止 )

東久留米に 何十年も 住んでいても

市内の様子が 一向に分からず

最近 ウォーキングを するようになって 初めて町の名前を

覚える有様で 何となしに 川沿いを 上流に向かって橋を

つくづく見て 橋が どのような区割りで 架けられたのか

或いは 橋名は どのようにして 名付けられたのか?

昭和 平和 幸橋と 必ずしも町名でなくて 思わぬ歴史が分かる

場合や 納得する ことがあります。

橋を訪ねて 只今二十一番目 まだ四キロで 約半分の工程で

水源地まで マダマダ遠く このあと どうなる事か・・・・・

| | Comments (0)

05/11/2007

花の公園

Img_0945jpgaab 神代 植物公園

東京都 調布市 深大寺元町

京王線 調布駅 JR 三鷹駅より バス

4500種 10万株の 植物が植えられていて 四季を通じて

花は楽しめ 5月は つつじ 薔薇 シャクヤクと 豊富な

花群れの 美しい光景が 見られます。

Img_0943jpgbbc 藤 棚

思い切り しなやかに たれさがり

紫色の 小さな花を 房にして咲く 藤の花 

薔薇の花が 少し速くて 咲きそろって ない中を

ひと際 人気を 集めていました。

Img_0935jpgccd 私たちは 誰でしょう ?

私も実は名前が 分かりません 確か

某放送局 夕方のニュース番組の 中で

美味しいもの食べ歩き 外人トリオで 流暢な 日本語を

話すのを 見かけたことが あります。

神代植物公園に 隣接して 深大寺があり 其の門前に

20数軒の 名物 おそばやさんが 軒を並べていて その

取材のようで混雑の中 カメラを向けると ごらんのように

ニッコリ そして 男性タレントは ニョッキリ 長身でした。

Img_0937jpgdde 森 林 浴

コナラ クヌギ エゴノキ コブシ など

雑木林は 黄緑色の 洪水

お昼も近くなり 深大寺蕎麦を 目当てに 出口に 歩を運ぶと

武蔵野の雰囲気を残す 大きな樹木林の 新芽が 微かに香り

みどり みどりの パレットに 心が溶けて 染まりそう・・・・・

| | Comments (0)

05/07/2007

黒目川の橋を 訪ねて

Img_0842jpg111 中 橋 ( 幸 町 )

東久留米市内ー黒目川と落合川の

合流地点から 上流に向かって

水源地 サイカチ窪まで 約3分の一の距離に 成りますか

14番目の橋で 袂に 消防分団の建物があり 火の見櫓の後に

白い鉄の両柱が伸びて たぶんホースを干すのに 違いない?

そして初めて 竣功碑(昭和25年12月)の銘を 発見しました。

Img_0963jpg222 坂本 橋 ( 小山 )

川沿いの小道が すーと 少し広がって

小休止の出来る ベンチ上の桜も

いまは 青葉がいっぱい~

Img_0965jpg333 落馬 橋 ( 幸町 )

この辺りは 水の流れも 穏やかで

菜の花の 花びらが 揺ら揺らと

川面を漂って いるように 映って見える。

Img_0967jpg444 上落馬 橋 ( 野火止 )

小金井市から ~東久留米市を 横断し

清瀬市に向かう 比較的 車の通行が

頻繁な 小金井街道の橋です。 ゴールデン・ウィークも 過ぎて

取りとめもなく 川沿いを散策すると この辺りは 淡い緑や

深い緑と普段は 脇役の緑も 競うように 華やいでいて

ジーと眺めていると 5月の誕生石の 透明で 美しい

エメラルド・が  サァト あたまを よぎってゆく・・・・・

| | Comments (0)

« April 2007 | Main | June 2007 »