« September 2007 | Main | November 2007 »

10/29/2007

秋まつり

Aajpgaaaa 川越 まつり  ( 川越市 )

国指定 重要無形 民俗文化財

平成19年 10月20日~21日

稔りの秋と なれば 味覚 スポーツ お祭り 芸術 読書の秋と

急に 生きいきしてきます。 去年も見学に行った 川越まつりに

自然と足が向いて 好天気のなか 伝統の街並みに 歴史と

由緒ある 山車の行列を  楽しんできました。

Bbjpgbbbb 古い 家並をを縫って山車が浮き出て見える

二重になった 鉾の最上部に立つ人形が特徴

道路には 見ると電柱が一本も見当たらない

熱気と興奮の 群集は 山車の行列を ひたすら 追いかけて

行く ばかりです。

Ccjpgcccc 目で  彩り を  感じ

耳に 心地よい リズムと テンポ

口に 屋台 出店の 手軽な 飲み食べ歩き

人々が からだ全体で 心の安らぎを 憶える  お祭りの魅力は

こんな 気軽な所に 有るのかも ~    

 夜のとばりが すっかり おりて一気に提灯の 明かりが 

いきづき 祭囃子も 遠く 近くと 入り乱れ 小江戸情緒は

 果てしなく 蔵の街を うめてゆく・・・・・

| | Comments (0)

10/23/2007

庭園

Aaaajpg10 殿ヶ谷戸 庭園 (とのがやと)

東京都立 都指定 名勝 国分寺市

旧 三菱財閥  岩崎家の別邸

中央線 国分寺駅 下車 徒歩2分

治郎弁天池=園の中心的存在の遊水池

国分寺崖線(ガイセン)と 云われて 起伏の大地から 生み出す

生命の湧水で 古くは縄文人も 此処で喉の渇きを癒したそうです

季節の 移り変わりが 何となく曖昧な 最近 庭園なら違いが

明白に分かるかもと 国分寺駅より 徒歩2分の 立地条件に

恵まれた庭園に 訪れてみました。

Bbbbjpg20 回遊式 林泉庭園

治郎弁天池を 中央にして

斜面には 花木園や 竹林も豊富

武蔵野の 面影を よく残した 辺りは様々な 樹木や野草も

数多く観られ 木漏れ日のなか カエデの紅葉は 色付きも淡く

まだ まだ 一ヶ月位 早いのかも・・・・・

Ccccjpg30 はぎの トンネル

花は 殆ど 散ったあとでも

天井が 明るくて 目にやさしい

其の先には 藤棚があり 今は シーズン・オフで 此処が

格好の 休み処に なっていました。

7777jpg7777 秋の 七草

はぎ  おみなえし  おばな  くず

なでしこ  ふじばかま  ききょう

この園では 9月「 秋の七草を 楽しむ会 」が開催される

そうですが 時すでに遅く 名残の花が幾つか 咲いていて

おみなえし だけが 健在でした。

秋の野に 咲きたる花を 指折り かき数ふれば 七草の花

『 萩の花 尾花 葛花 罫麦の花

              女郎花 また藤袴 朝貌の花 』

   山上 憶良            万葉集より

| | Comments (0)

10/16/2007

Aajpgaaaa それぞれの 秋

描く ひと

写真と違い 絵になると 別な趣が

なが~い残暑も いつの間にか去り 橋の袂の 芸術家に依って

旬な 風景が 的確に 描かれていく~

Bbjpgbbbb 飛んでる 風船

保育園の 運動会も 終り

園児たちと 父兄が 帰った後

名残の風船が フンワリ青空に 吸い込まれて いきました。

Ccjpgcccc 歩く 人

歩け 歩け 無心に 歩け

心も 体も オゾンに 染まる

川沿いの 涼風を 心地よく 感じながらの 小休止している

人びと   天高くして 気清しの  ワン・シーン。 

Ddjpgdddd 集う 鴨

『 ことしも 北へは 飛ばずに

落合川で ずーと 過ごしたねぇ 』

いつもの 川沿いの風景でも 移り変わる 季節に依って 樹木も

草花も 鴨にしても 感じるものは ひとつとして 同じ描写はなく

耳を澄ませば 鴨たちの 囁きと 流れに ゆだねる水草の

葉づれの音が 微かに 聞こえてくるようなそんな気がしてきます

| | Comments (2)

10/09/2007

ミッドタウン

Fffjpg1111 東京 ミッドタウン 六本木

広大な 元 防衛庁 跡地

緑地と 六つの建物の 複合都市

オフィス、ショップ & レストラン、ホテルに 美術館 

なかでも 広大な ガーデンが 特長の 未来都市 

世界が 注目の六本木 オープンして 半年近く過ぎて

 遅まきながら 見学してきました。

Gggjpg2222 ガレリア 商業ゾーン

最近 流行の 中央が 吹き抜けで

圧迫感のない 自然光が 射し込む

ショップ & レストラン など 5つの カテゴリーがあり

其々が 広々として ゆったりと 寛ぎの空間が あります。

Hhhjpg3333 ヨーロッパ風の ガーデンテラス

都心とは 思えない 緑の多さ

水も多い 芝生の公園や 広場

見渡す 視野も 大きく拡がって 遠くビルの屋上に TBS の

アンテナが 角のように 小さく望めて 見えています。

Iiijpg4444   『 屏風 日本の美 』

    サントリー 美術館

9月1日(土) ~ 10月21日(日)

伝統を誇る サントリー美術館が ミッドタウンの中で 新しく

スタートして その外観は 縦縞模様で 白亜の殿堂になって

います。 「 美を結ぶ 美をひらく 」の メッセージを掲げて

今回の『 屏風 日本の美 』は 其れに相応しく 普段は

あまり目にしない 特殊な屏風絵で 歴史を追っての 百花繚乱

豪華絢爛 とてつもない 美術品の羅列で 現実離れした

隔世のなかに 吸い込まれていくような 不思議な気持ちに

なってしまいました・・・・・

| | Comments (0)

10/03/2007

プロ野球

Yyjpgyyyy 巨人ー セ・リーグ 優勝

 監督 宙に舞う

今季 集大成の偉業 2007年10月2日

よく テレビで ニュース速報と テロップが 出ますが 今回の

亀の歩きは まさに それで 思いがけない 巨人優勝シーンを

目の当たりに しましたので 早々に 掲載をしました。

Xxjpgxxxx 開幕まえ ドーム周辺の 人々

釣瓶落としに 日の暮れる秋 ライトが灯る

巨人~ヤクルト戦に 期待の入場前のひと時

Jjjpgjjjj 試合開始 2回の 裏 攻撃

9月に 7度も 首位が入れ替わる 混戦

今日の巨人は ファンと 共々 力が入るが

Ttjpgtttt 巨人  V  セ ・界制覇 

9回裏の 攻撃 2死満塁

カウント 2-2清水選手が 打った走った

一瞬 何かが起きた 4-5 逆転サヨナラ勝ち 5年ぶりの

セ・リーグ優勝 耐えに耐えた 巨人 奇跡の歓喜 Vの字に

見える 一塁側スタンドを 初め ドーム全体が 歓声と

ドヨメキで 遂に ミラクルの世界に 入ってしまいました。

今年 4月の シーズン初めに 一回 今回が二度目の 

ドーム観戦でしたが この記念すべき場所に いるとは

夢のようで  いまだ  シンジラレナイ !~??

| | Comments (2)

10/01/2007

曼珠沙華

Eejpg1055 彼岸花 の名所

高麗の里 巾着田=キンチャクダ

西武池袋線 「高麗」駅下車 徒歩15分

お彼岸の時期になると 自然に 巾着田の 曼珠紗華を 観に

行きたくなります 今年も例外なく 土手に立つと 辺り全体が

燃え立つような 朱の色に 包まれた 彼岸花が 群がって咲き

巾50mの 帯になって 600mも 延々と つづく小道を 

巾着型ひの字を 辿って 歩んで行きました。

Bbjpg102 高麗の里を なだらかに 移行する清流

生け花のように 活けてある 花か

自然に咲いた 花か

よく分からないが 多くの俄か カメラマンが 集中してました。

Ccjpg103 赤い花なら 曼珠紗華 ♪ と云われても

白い花もあり 稀に 黄色も あります

四つに 分かれた 花模様は 菊に似て

品よく ひっそりと 咲いていました。

Ddjpg104 コスモス~巾着田の 出口付近一帯

広い田園地帯の 今は コスモスの群生地

空から一面に 撒いたような 秋桜

絹のような うすい花びらが 揺ら揺らと  群がる トンボと

チョウチョも 共々 秋風に 揺れています~

ぐーと 引いて見える 気球が浮かんで 左端 かすかに写る

水車小屋  里の風景は のどかで のんびり していて

誘われるように 歩は 自然に 水車小屋に 向かいました~

| | Comments (0)

« September 2007 | Main | November 2007 »