« ミッドタウン | Main | 庭園 »

10/16/2007

Aajpgaaaa それぞれの 秋

描く ひと

写真と違い 絵になると 別な趣が

なが~い残暑も いつの間にか去り 橋の袂の 芸術家に依って

旬な 風景が 的確に 描かれていく~

Bbjpgbbbb 飛んでる 風船

保育園の 運動会も 終り

園児たちと 父兄が 帰った後

名残の風船が フンワリ青空に 吸い込まれて いきました。

Ccjpgcccc 歩く 人

歩け 歩け 無心に 歩け

心も 体も オゾンに 染まる

川沿いの 涼風を 心地よく 感じながらの 小休止している

人びと   天高くして 気清しの  ワン・シーン。 

Ddjpgdddd 集う 鴨

『 ことしも 北へは 飛ばずに

落合川で ずーと 過ごしたねぇ 』

いつもの 川沿いの風景でも 移り変わる 季節に依って 樹木も

草花も 鴨にしても 感じるものは ひとつとして 同じ描写はなく

耳を澄ませば 鴨たちの 囁きと 流れに ゆだねる水草の

葉づれの音が 微かに 聞こえてくるようなそんな気がしてきます

|

« ミッドタウン | Main | 庭園 »

Comments

秋はこうして「見つける」ものかもしれませんね。
特に 「小さい秋」は…。

それにしても、毎回思うのですが、
写真の構図といい ウマイもんですねぇ。
いつも感動してます。

Posted by: ONSAI | 10/19/2007 at 12:01

ONSAIさん、こんにちは!
いつも、コメントありがとうございます。

ブログ・スナップの夕日が、バックの雲が生きていて
ゴールドに染まり、まさに、秋色の夕焼けですねぇ~

ところで、いきなりですが哲学とは、ものの存在が あるような
ないような あいまいな所 と聞いた事がありますが世の中には
あまり正確でない方が、良いものが沢山あります特に人の年齢は

昨今、見かけでは絶対分かりません、50代かな 60代かな位の
大雑把で良いように思います。

今年の夏はほんとに、曖昧でした!夏がとても暑い年はその分
紅葉も、一層いろ鮮やかに、なるそうですから其れを期待しています。

Posted by: 亀の歩き | 10/19/2007 at 15:48

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ミッドタウン | Main | 庭園 »