« October 2007 | Main | December 2007 »

11/30/2007

秩父路

1111111jpg11 もみじ まつり

おんたけさん 東郷公園

西武秩父線 吾野駅下車 徒歩15分

11月24日(土)~(日)都心から一時間半 電車で往くと

彩り豊かな 紅葉の里に着く 此処 東郷公園は 秩父御嶽神社の

頂上本殿ノ許に途中 東郷平八郎元帥の 銅像が 建立されていて

苑内に拡がる 樹木や草花が 一面に植えられ 今回 催しの

もみじ まつりが 人々を 山里へと 誘っていました。

Nono2jpgnono2 紅葉に 魅せられ

またもや 秩父え~

公園に着くと すぐ石段から 始まり

さて 頂上本殿まで 何段 あるのでしようか。

33jpg333 ひたすら 歩いて 登るも

いくつかの 踊り場 広場に

乃木大将の 銅像 等々が あって

小休止 する場所は 沢山 点在しています。

44jpg444 確固とした 目標のない旅 ?

お天気が良くて デジカメが あれば

自然に何処かへ 行きたくなる

もみじ まつりに 引かれて 御嶽山の頂上まで ゆっくり

こぎ着けると 眺望は抜群で 遠く黒々とした峰が うねり

眼下に 紅葉の景色が広がる・・何も考える事も無く ひとしきり

ぼんやり眺めていると 不思議な時間が過ぎて ひんやり秋風が

頬をなでてゆくー・ー・

明後日 12月2日から 京都花園祭 飛騨高山祭 日本三大

(ひきやま)祭の一つ    秩父夜祭が 始るが さて・・・・・・

| | Comments (2)

11/22/2007

紅葉

Aajpgaaa なぐり 紅葉 まつり

会場=白雲山 鳥居観音

西武池袋線 飯能駅 下車 バス=45分

11月17日~18日 (土日)   この所 晩秋も色濃くなり 

もみじを求めて 飯能の山裾を訪ねて バスを降りると 海抜

500米の頂上に  崇高な 鳥居観音が  天空に際立って

幻想のように 浮かんで観えています。

2222222jpgbbb 鮮やかな 紅葉の 中に 埋まる 仁王門

白雲山には 平和観音 三蔵塔 納経塔など

20数ヶ所も 名所が 存在していて

それらを 辿りながらの 登山になります。

Img_1339jpgmmmmm 登山歩道

人ひとりが ようやく通れる 径もあり

また 巾1mにも なったりしての 道中

片方は山で 一方は手摺のない 崖っぷちが つづく山腹を

ゆったり登ると ある時は 急坂になったりの 山あいの路を

縫うように 行くも 清浄な空気は やがて冷気を帯びて

さすがに 寒さを 感じはじめて きました。

Ddjpgddd もみじに 埋まる 王華門を 望む

車道と 登山細道 二つの選択が 出来るが

往きは車道を 下りは山道を 選ぶも

こんな急坂は 初めてで 下から仰いでいた 山頂の観音様迄は

とても行けるとは 思っていませんでしたが 自然の色に心身とも

染まり 成り行きで 頂上まで 辿り着きました。  

いつも地味で シンプルな画像ばかりの ブログに 思い切り

錦しゅうの 花模様を 並べてみました。

| | Comments (2)

11/17/2007

市民まつり

Ekimae11jpg11_2 市民 みんなのまつり 東久留米市

主催=商工会 農協 消費者団体 青年会議所

平成19年 11月10日~11日(土 日)

季節が移り 様々な行事が 繰り返し訪れる 市民が挙って集まる

みんなの まつりを 今年もなどるように デジカメ持って

スナップを 追いました。

Ekimae22jpg22_3 農産物で 作った 宝船

ネギ ブロッコリー ダイコン ハクサイ

カリフラワー ホウレンソウ サトイモ 他

古くは 江戸時代から お正月の 初荷に野菜で 宝船を作り

お得意先に 収めたようで 伝統のある 庶民感情集約の 船です

また野菜は お祭りの後 チャリティーで 配布するそうです。

Ekimae33jpg33 なんとも 手作り

庶民感情 まるだし

下里囃子は ひょつとこ踊り

これが 意外と大人気で カメラマンが 集中して まさに

みんなの仲間で 好感度は 抜群~~

Ekimae44jpg44 東久留米市駅=富士見テラス からのスナップ

真直ぐに延びる まろにえ 富士見通りは

道の両側に 食べ物や 農作物の

多種にわたる 即売会など 60店の 出店が 並んでいます

駅の見晴台の ステージから 望むと ビルとビルの間を 遠く

富士山が見えるので まろにえ富士見通りと 名付けられました

あいにく 今日は 見えないが 其の先に 雅な 富士山が

あると思えば  心も和み  気もはずむ・・・・・

| | Comments (0)

11/10/2007

文化の日 航空ショー

Irima11jpgaa 入間  航空祭

航空自衛隊 入間基地

平成19年 11月3日 (土)

普段は 馴染みの無い 航空ショー 年一回 快晴の特異日

文化の日に 一度観たら 止められない 今年も 行ってきました

それにしても 毎年 20万人も 訪れるとは!!

Irima22jpgbb2 T-4 ブルーインパルス

オリンピック などの イベントや

各地の 航空祭に 必至の出場

この T-4は 練習機で 曲技飛行は 自由自在 運動性能の

最も高い 人気の 飛行機です~~ 

Irima33jpgcc3 操縦と 整備は 一体で

飛行前の 点検整備は 大観衆の前で 行い

念には念を 入れて いざ 出発

高い上空から 矢のように 一度急降下して 飛行機雲が柔らかく

少しづつ 薄く 霞みはじめる中を 一気に 上昇えと向かい

昇る~昇る~ 何処まで上る アット 云う間に 五つの点となり

上空で 視界から 消えて しまいました。

Irima44jpgdd4 紺碧の キャンパスに 二機の 機影が

両側に 割れて 緩やかな 円を描き

見守る 観衆 それぞれの ハートを

見事に 射止めて しまいました・・・・・

Irima55jpgee5 数々の 航空ショー

午前9時からの ミス航空 発表会

パレード 航空美術展 各 飛行機の展示

すっかり堪能した 余韻を 心に やがて 午後3時過ぎて

何処からともなく ホタルの光の メドレーが 流せてきます

辺りは高い建物もない 飛行場基地 人びとが 動き始めると

快よい夕日が 輝いて包み  なが~く 延びた 人かげが

せめぎあいながら  秋の日は  黄昏てゆく・・・・・

| | Comments (0)

11/05/2007

1111jpg15 滄浪泉 園 (そうろうせん)

政治家 波多野承五郎 別荘庭園

小金井市 緑地保全地区

最寄の中央線 小金井駅から 徒歩で15分位 距離が少しある

せいか 入場者が 少ないようですが 荘厳な まるで時代劇に

出てくるような 立派な門が 待ち受けて いました。

最近 デジカメ片手に 確固とした 目的の無いまま ブラリ

近場を 巡る癖が 付いてしまいました。

144jpg144 門を 抜けると 南向きに

緩やかに 下る 小道が現れて

モザイク模様の 石畳は 足に優しく

この園は 大岡昇平の 小説「 武蔵野夫人 」の舞台となった

ようです。 この地方の「 はけ 」と言えば 斜面から湧き出る

水の窪地を 指すもので 崖の多いい地形が 幸いして 豊かな

緑地を 保持されて いるのが 良く分かる 気がします。

3333jpg37 水琴窟  ( すいきんくつ )

自然の湧水を 利用した 水琴で

底に 小さな穴の 開いた水瓶が 埋めてあり

周りを 大小の玉石で 囲んだ 全体像が 説明されていて

傍に 節の抜けた竹筒が 置いてあり 其れを耳に当てると

「 キン キン 」と 水滴の音が 実に鮮明な 規則正しい

響きとなって 伝わってきます。

2222jpg26 深山の趣 そのままの 庭園

杉 楓 赤松 など 鬱蒼と 茂る樹木

清々と 豊かな 湧水の池

まだらに 曲がりながらの 段々を下ると ひっそりとした

深層の池と 淡い色並みの 木々が現れて

深いふかい 静寂があり 古人の庭らしく 出会う人もなく

恰も 時が止まったままの 静止画のような 

雰囲気が 漂っていました。

| | Comments (2)

« October 2007 | Main | December 2007 »