« 秋まつり | Main | 文化の日 航空ショー »

11/05/2007

1111jpg15 滄浪泉 園 (そうろうせん)

政治家 波多野承五郎 別荘庭園

小金井市 緑地保全地区

最寄の中央線 小金井駅から 徒歩で15分位 距離が少しある

せいか 入場者が 少ないようですが 荘厳な まるで時代劇に

出てくるような 立派な門が 待ち受けて いました。

最近 デジカメ片手に 確固とした 目的の無いまま ブラリ

近場を 巡る癖が 付いてしまいました。

144jpg144 門を 抜けると 南向きに

緩やかに 下る 小道が現れて

モザイク模様の 石畳は 足に優しく

この園は 大岡昇平の 小説「 武蔵野夫人 」の舞台となった

ようです。 この地方の「 はけ 」と言えば 斜面から湧き出る

水の窪地を 指すもので 崖の多いい地形が 幸いして 豊かな

緑地を 保持されて いるのが 良く分かる 気がします。

3333jpg37 水琴窟  ( すいきんくつ )

自然の湧水を 利用した 水琴で

底に 小さな穴の 開いた水瓶が 埋めてあり

周りを 大小の玉石で 囲んだ 全体像が 説明されていて

傍に 節の抜けた竹筒が 置いてあり 其れを耳に当てると

「 キン キン 」と 水滴の音が 実に鮮明な 規則正しい

響きとなって 伝わってきます。

2222jpg26 深山の趣 そのままの 庭園

杉 楓 赤松 など 鬱蒼と 茂る樹木

清々と 豊かな 湧水の池

まだらに 曲がりながらの 段々を下ると ひっそりとした

深層の池と 淡い色並みの 木々が現れて

深いふかい 静寂があり 古人の庭らしく 出会う人もなく

恰も 時が止まったままの 静止画のような 

雰囲気が 漂っていました。

|

« 秋まつり | Main | 文化の日 航空ショー »

Comments

秋が少しずつ 深まっていますね。
お元気ですか。

今日の写真をみると とても都内とは
思えませんね。

やっぱり あるところにはあるんですねぇ。

Posted by: ONSAI | 11/07/2007 at 22:45

>ONSAIさん、こんにちは!
いつもコメント、ありがとうございます。

今日は立冬で、11日は一の酉と、秋色は日に日に濃くなって
来ましたが、都内の紅葉は今月の末~12月の初めのようです。
紅葉は山の頂きから、麓へと、そして日本列島、北から南えと
移ってゆくと云えますが、

ブログのモミジは、ご自宅の庭のスナップでしょうか?
色づきが、きれいに熟れた葉姿になっていますね

時に毎年誰にも、等しく訪れる誕生日は、いろいろの意味で
『 ありがとう 』なのですね、成るほど、納得でございます。

Posted by: 亀の歩き | 11/08/2007 at 16:56

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 秋まつり | Main | 文化の日 航空ショー »