« 師走 ちょっと視線を上げると | Main | 新しい年 »

12/31/2007

美術館ー上野

Ueno1jpgaaaa フィラデルフィア 美術館展

東京都 美術館 =上野

2007年 10月10日 ~12月24日

アンリ・マティス= 青いドレスの女 ー 1937年

豪華な 青いドレスは ふっくらとしていて よく見ると 赤 黒

黄 青 白と いった 少ない色数で描き シンプルな 講図は

見事に 仕上がっています。 年末の押し迫った期限ギリギリに

お馴染みの ルノワール モネ など多くの作品が 揃って展示

されている フィラデルフィア美術館展に 行ってきました。

Hasi2jpgbbbb カミーユ・ピサロ

午後の陽光  ボン・ヌフ

    1901年

いかにも印象派らしい 油彩で 活気に満ちた都会 パリ

重厚な橋は広く 画面を斜めに 横切って 時代物の馬車や

荷馬車が 行き交っている 向こう岸のデパートや 混雑した

歩行者道 バラバラのようで しかし整然と 描かれている

何とも パリ セーヌの流れは キラキラと 輝いています~

Ie3jpgcccc ポール・セザンヌ

風景 オーヴェール

  1873年

自然の世界を 表現する新しい手法で 重く角ばった 家並を

描き 其の景色を 縁取るように 周りの木々は 明るく 

丸みを 帯びた 緑の濃淡で包み 平面的な画面を

やさしく 補っているように 見えますが?

Umi4jpgeeee クロード・モネ

ル・アーヴル の 港

   1874年

モネは 子供の頃 アーヴルに 住んでいて 港を 好んで題材に

選んでいたようでが 青い水の動きや 船 人が 明るい午後の

日差しの中に 描かれています。  何時ものように 音声ガイドを

耳に 解説を聞いていると 周りの雑音が消えて 絵の中えと

吸い込まれてしまい ジーと観ていると 現実と空想が 混濁した

ノスタルジアの 灯りが ひとつひとつ ゆっくりと点いて 

いくような 不思議な 感じになっていきました。

2007年も あとわずか  静かに  暮れようとしている・・・・・

|

« 師走 ちょっと視線を上げると | Main | 新しい年 »

Comments

この一年間、人生のひとコマを 「印象派」のように
また時には写実的に描いて下さったブログしたね。

本年も大変お世話になりました。
明年もどうぞ よろしくお願いします。

Posted by: ONSAI | 12/31/2007 at 17:56

>ONSAIさん
明けましておめでとうございます。
年末の、ごくごく大変なときにコメント本当に有難うございます。

寺院のお正月は沢山の行事やしきたりがあってひと際お忙しいと思います。
此方はこの冬初めて水道水が凍っていましたがお天気はとても良く
青空が澄んでいて寒いながらお正月気分を味わっています。
美術の事は良く分かりませんが何故かブラリと上野に行くと元気がでます。

本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

Posted by: 亀の歩き | 01/01/2008 at 10:53

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 師走 ちょっと視線を上げると | Main | 新しい年 »