« February 2008 | Main | April 2008 »

03/31/2008

東京 新名所

Saku1jpg111 赤坂 サカス = 港区 赤坂

2008年 4月20日 グランドオープン

『 赤坂 BIZタワー 』 39階建は

  オフィス 商業施設棟

『 赤坂 ACTシアター 』 劇場

『 赤坂 BLITZ 』 ライブハウス

『 赤坂 ザレジデンス 』 住居棟等が建ち並び TBS放送

センターを含む【 職 住 遊 】の複合施設を 合わせた

『 赤坂サカス 』を 新しもの好きで 早速見学して来ました。

Saku2jpg222 サカス 坂

1、800平方メートルの オープンスペース

BIZタワーと TBS放送ビル との空間

桜も ほぼ満開で 赤坂特有の 少し傾斜を 感じさせる坂は

ラーメンや ピザ店 などの 赤い日よけが 緩やかな

段々に なって 登っています。

Saku3jpg333 地下1~地上 3階は 商業施設

マキシム・ド・パリ 広東名采~赤坂璃宮

日本料理~しゃぶしゃぶ  ざくろ

イタリヤ料理 その他 リラクゼーション等 安らぎとくつろぎの

サロンも 沢山あります  ただ ファッション、ショップが

あまり 見かけ無かったのが 不思議な きがします。

Saku4jpg444 赤坂 アプローズスクエア 迎賓館

完全貸切 ウエディングステージ

平日は フランス料理の レストラン

赤坂に 相応しい 上品で ムードの有る 建物です

Saku5jpg555 TBS放送 センター

テレビ&ラジオ 人気番組の 発信拠点

『ビッグハット』の愛称で知られる 建物

地下鉄の赤坂駅 改札口を出ると 『赤坂サカス』のステージに

続く18段の 広い階段が現れ しかも テレビの画面のように

映像が映し出されて その花びらの舞う 画像の段々を そーと

踏んで地上に出ると 突出しているビルの間を 青い空と桜を

交えた木々が 彩を添えて 気持ちの良い 『サカス広場』に

出ました。

そして ビルの窓が 青空を吸い込んで 鏡のようになり

建物同志が 溶けあって 古い伝統と新しい文化が融合する

『赤坂サカス』をしっかり見守るように 凛々しく建っていました

 春うらら  赤坂サカス  夢の花

| | Comments (2)

03/24/2008

寄り道

Mura1jpg1111 小平 ふるさと村 =小平市

西武新宿線 花小金井駅から~徒歩25分

旧 小川家 ~ 茅葺 入り母屋造り

陽気がよくて 目的は特になし 何時ものように デジカメ片手に

小金井公園の方向に 歩いていると 花小金井駅の傍に

『 都立 狭山 境 緑道 』を 発見 起点は(西東京市)らしい

多摩湖に向かって 約「22キロ」とあり「ハーフマラソンの距離

だなぁー」と漠然と歩き始めると 最も田舎らしい ふるさと村が

見つかりました。 例のごとく 探訪してみます。

Mura2jpg2222 水車 小屋

何回か 改造された 水車は 今も健在

小麦や 陸稲が 製粉と 玄米になり

うどん造り 餅つきが行われ その他 竹、麦わら細工など 

今でも 農業体験講座が 存在し 年間を通じて 

行事が計画されているようです。

Mura3jpg3333 旧 小平 小川 郵便局舎

明治14年(1881) 開局

画面は 明治41年(1908)の建物

昭和58年(1983)に市の 指定有形文化財第一号に

指定される。

郵便の創業が 日本橋に開業されたのが 明治4年(1871)

なので 此方の小川局は 思ったより 新しい方かも 知れない

何か遠い いにしえに 見たような建物で 懐かしい。

Muraajpgaaaa 旧 神山 家

緑の高垣に 埋もれる 主屋

座敷は 手打ちうどん店 として 開放

旧 小川家 旧 鈴木家の住宅 並びに 小公園や

小平小川 郵便局舎など 寄贈を受けた建物を 市民の

郷土文化遺産として この一郭に復元し「 小平ふるさと村 」と

名称されています。

母屋に入ると 広い土の土間があり カマドガあり 囲炉裏も

見える そして割り箸のような 幅の広い うどんが 

ザルに 載って運ばれてくる 素朴で 美味しい

手打ち 糧うどんが そこにあった。

| | Comments (2)

03/17/2008

素朴な公園

Mu11jpg1111jpgaaa 武蔵関 公園

西武新宿線 東伏見駅~ 徒歩 5分

本来は 武蔵野特有の 自然湧水に依る池で

近年は 急激な都市化で 現在は石神井川の 水を一時ためて

洪水防止の 湧水池として 利用されているようです。

 線路際に そびえる松は 練馬の名木『 アカマツ 』 として

有名で 三本纏まって 生育する樹形が 珍しいとされています。

Mu22jpg2222 カ ワ セ ミ

「 水辺の宝石 」と 呼ばれて

澄んだ青い色の 羽根と 橙色の 胸部は

とても カラフルで 愛らしい 画面真ん中の梢に 止まっていて

時々前にある 丸い器の中にいる 餌の小魚を ダイビングして

長い嘴で 獲まえ 又木の上に戻って 餌を呑み込むのが

観られます。 椅子を用意した カメラマンらが 5,6人 望遠

レンズで じっくり タイミングを待っている 人気スポットです。

Mu33jpg3333 しだれ 柳

柳は 緑と思っていましたが 薄い黄緑で

柳特有の しんなり垂れ下がる 枝はなく

古木は 上に向かって 大きく広がり やがて咲く 周りの桜との

コントラストが 期待されます。

大きな池を 中心にした公園は「 松の島 」「 あしの島 」が 

浮かび 一部に「 魚釣り場 」や 「 ボート乗り場 」も あり

トテも 身近に 感じる公園です。

Mubbbbjpgddd44 サンシュユ の 花

葉に先立って 黄色の小さな 四弁花を

まとめて 球状に つけています

偶然か 日本では 先の小石川植物園 薬園で 一番最初に

栽培されたようです。

向かい合う 野鳥の集まる 芦の島は トチノ木など 自然樹林の

林立が見られて 池に映る樹影を サンシュユが 覗き込むように

枝を 精いっぱい 伸ばしています。

サンシュユは  憂い微かに  ただよわせ

| | Comments (2)

03/10/2008

植物園

To11jpgaaaa 小石川 植物園 =  文京区

東京大学大学院 理学系研究科付属 植物園

貞享 元(1684)年 徳川幕府が設けた

『 小石川薬園 』に源を発しており 園内には長い歴史を物語る

数多くの 由緒ある植物や 遺構があり その面積は 

48,000坪で 台地 傾斜地 泉水地と 変化に富んでいて

案内板を 見ただけで 好奇心が 湧いて来ます。

To22jpgbbbb 寒 桜

あずまやに 人の気配はなく

ひとりじめ   しばし佇む

一本だけの 寒ザクラ

To33jpgcccc まるで 密林

点々とした 豊かな水源を かこみ

到る所に ジャングルのような

樹木が 生い茂っていて 小道には 落ち葉の堆積が

クッションになり 柔らかい絨毯に なっています。

To55jpgdddd 日本 庭園

徳川5代将軍 綱吉の 下屋敷 跡地

白山御殿と 呼ばれた 庭園

大手門や 三重塔 壕 石垣などは すでに無くなっているが

起伏に富んだ その地形が 優雅に生かされています。

数百年を経て 歴史上の 大人物が 愛でたであろう庭園の

風景があり いま 同じ目線で立っている事が とても感慨深く

閑静で のどかな光の中にいると しだいに 視界がぼやけ

一瞬  カゲロウのように 揺れる・・・・・

| | Comments (2)

03/05/2008

だるま市

Daru11jpg111 深大寺 だるま 市

平成 20年 3月 3,4日

東京都 調布市 深大寺

春を呼ぶ だるま市として 季節の風物詩に なっている 縁日に

初めて見物に行って来ました。  画面の端に 手のひらサイズの 

真っ赤な だるまさんが 弾んだように 映っています。

Daru22jpg222 陽よりも 良く

ひな壇に 並ぶ  ダルマサン

人まち顔で 目隠しして 待っています 

だるまの 左目は「 阿(あ) 」を 右目は「 吽(うん) 」を

表しており 左目は 願いを込めて 右目は 感謝を込めて

描き 納めるのだそうです。

Daru33jpg333 庶民の信仰と 開運 だるま市

縁日は 蕎麦好きの 人たちや

観光客を まじえての 大賑わい

参道の入り口 左手前に ~ 鬼太郎茶屋 ~ も 見えてます。

縁起物の だるま市    『 七転び 八起き 』

唯々 平和を 祈るのみ・・・・・

| | Comments (0)

03/01/2008

名園

Kou11jpg1111 小石川 後楽園  ~文京区

水戸黄門 ゆかりの 大名庭園

国の特別史跡 特別名勝に 指定

庭園の様式は 池を中心にした 回遊式 築山泉水庭に

なっています。  地下鉄で 後楽園に下車し 後楽園ドームに

隣接した 長々と続く 石垣で白壁の塀を 辿って 正門を入ると

雪害で 枝が折れるのを 防ぐために 添えられた 雪吊りの松と

豪壮とした 格式のある庭風景が 順々と 目にはいてきました。

Kou22jpg2222 梅林

光圀は号を 「梅里」と称するほど 梅を愛した

紅梅 白梅 など 濃淡 微妙な色の

20種類と 豊富な花は自由に変化し 舞っているように見えます

Kou33jpg3333

冬の澄んだ 青い空に 良く似合う

香りも 微かに 梅の花は

春の花郡が 開花する前を 懸命に

踏ん張って いるように見えます。

Kou55jpg5555 円 月 橋

朱舜水 設計   『 駒橋嘉兵衛 』 作

橋が水面に映る形が 満月になるので有名

シャッターを切ると ことも無く まん丸い 鏡の池になったが

            ・・・人は こうは、いかない・・・

後楽園の名は 朱舜水が 「 岳陽楼記 」の

【 天下の憂いに 先だって憂い 

           天下の楽しみに 後れて楽しむ 】から

名付けられたそうです。

           ・・・学ぶことの 多かりき・・・

| | Comments (2)

« February 2008 | Main | April 2008 »