« 二月の冬景色 | Main | だるま市 »

03/01/2008

名園

Kou11jpg1111 小石川 後楽園  ~文京区

水戸黄門 ゆかりの 大名庭園

国の特別史跡 特別名勝に 指定

庭園の様式は 池を中心にした 回遊式 築山泉水庭に

なっています。  地下鉄で 後楽園に下車し 後楽園ドームに

隣接した 長々と続く 石垣で白壁の塀を 辿って 正門を入ると

雪害で 枝が折れるのを 防ぐために 添えられた 雪吊りの松と

豪壮とした 格式のある庭風景が 順々と 目にはいてきました。

Kou22jpg2222 梅林

光圀は号を 「梅里」と称するほど 梅を愛した

紅梅 白梅 など 濃淡 微妙な色の

20種類と 豊富な花は自由に変化し 舞っているように見えます

Kou33jpg3333

冬の澄んだ 青い空に 良く似合う

香りも 微かに 梅の花は

春の花郡が 開花する前を 懸命に

踏ん張って いるように見えます。

Kou55jpg5555 円 月 橋

朱舜水 設計   『 駒橋嘉兵衛 』 作

橋が水面に映る形が 満月になるので有名

シャッターを切ると ことも無く まん丸い 鏡の池になったが

            ・・・人は こうは、いかない・・・

後楽園の名は 朱舜水が 「 岳陽楼記 」の

【 天下の憂いに 先だって憂い 

           天下の楽しみに 後れて楽しむ 】から

名付けられたそうです。

           ・・・学ぶことの 多かりき・・・

|

« 二月の冬景色 | Main | だるま市 »

Comments

先に憂い、後に楽しむ…で後楽園。
初めて知りました。

わが家の紅梅も ほころび始めました。
やがて 梅の花がこぼれる頃、春の足音が
もっと確かに聞こえてくるでしょう。

Posted by: ONSAI | 03/04/2008 at 20:43

>ONSAIさん、こんにちは!
いつもコメント、ありがとうございます。

仏事や会議など大変お忙しそうでしたが、一段落されたでしょうか。
こちらも町のあちら此方で紅梅が「此処に咲いています」と普段は気づかない庭先から、自己主張しているのを見かけます。

今日は難しい読み方の啓蟄ですが、ちゃんと文字に丸く幸せな虫と入っています、
目を大きく開いて、また川沿いをウォークしようと思っています。

Posted by: 亀の歩き | 03/05/2008 at 14:02

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 二月の冬景色 | Main | だるま市 »