« March 2008 | Main | May 2008 »

04/28/2008

ぶらり ウォーク

Tama11jpg1111 玉川 上水駅 = 東大和市

今回は 西武拝島線の 玉川上水駅で下車し

新緑の薫る 野火止用水の 遊歩道を

散策して 見ようと思います  玉川上水で 直ぐに思いつくのは

「 この人は何で 私の気持ちが 分かるのだろう 」と読者に

言わしめた 作家 太宰治 ですが 桜桃忌の 三鷹市方面にも

流れは 下っていきます。  先ず 西武線の線路を 左側に見て

東大和市駅 方面に 向かってみます。

Tama22jpg2222 赤レンガ 敷きの 遊歩道

玉川上水から 取水される 野火止用水が

暗きょの 流れになって 其の上の遊歩道で

別名「 思惟の道 」とも 言われています。

「 しいの道 」・・・・・いろいろ考え 思いめぐらすか ?

いや 何も考えず たゞひたすら 緑に 染まりながら

歩き つづける ことにします。

Tama33jpg3333 東京都 薬用植物園 = 小平市

昭和21年設立以来 本格的な薬物植物園で

貴重な薬草薬木が1600種も栽培されていて

ピラミット型の温室や 展示室と 園内は 四季折々の 花が咲き

ケシ キキョウ スズランと 派手さは無いけど 見学者は多く

ツツジも 少し 色ずき 始めています。

Tama44jpg4444 牡丹

メラメラと 音を たてて 花びらが

裂くように 開く 激しさと

大輪ゆえに 高貴な華やかさを 持ち合わせる 牡丹は 

重そうに 小首を かしげて 微かに 揺れていました。

【 立てば芍薬  座れば牡丹  歩く姿は  百合の花 】

こんな言葉が 浮かんできました。

園を 後のして 歩を進めると 緑に埋まる 雑木林や

野火止用水の流れは 果てしなく   道の両側に 覆いかぶさる

滴るような 若葉のトンネルは どこまでも つづく・・・・・

| | Comments (2)

04/20/2008

キャンパス

Gaku11jpg1111 自由 学園 = 東久留米市

武蔵野の 面影を 色濃く残す

3万坪の 拡大な キャンパス

西武池袋線=ひばりが丘駅 下車徒歩10分

日頃 ウォーキングのコースで 一度 広い構内へ入って見たいと

思っていましたが 今回偶然に 春と秋の年2回 たった2日間の

校内 建物見学ツアーの 日に当たり 中に入る事が出来ました。

正面の 花壇庭園は 花木が一杯です。

Gaku22jpg2222 自由学園は 1921年 (大正10年)

女性新聞記者であった『 羽仁もと子 』氏と

夫の ジャーナリストの『 羽仁吉一 』氏の

二人に依って 創立された学園です。

思っていた通り 東京都 選定歴史的 建造物が 5棟もあって

この「 食堂 」も そのひとつで デザインが バックの 赤松や

ケヤキの樹木に 映えて 重厚なバランスを 保っています。

Gaku33jpg3333 最高学部 校舎

もう 2年前に なりますか 道路から

工事中の足場が 建っていましたが

比較的 新しい校舎で 1階は大食堂になっていて 今日は温かい

お茶のサービスが 用意されていました。

普段は 欅や カシ ナラの木が 樹立している 塀 越しに 

垣間 見ていた ひと町も ありそうな キャンパスを 

興味津々 一巡りしてみます。

Gaku44jpg4444 体育館 と 大芝生

何とも 奥ゆかしい 落ち着きのある建物で

前の 大芝生は 運動場に なっています

都会的でスマートな 学園の顔と 一方土と芝生が 豊富な構内は

澄んだ 小川の流れや 池が 随所にあり 畑があって

リヤ・カーを 生徒が2・3人で 引っ張る 姿などを見ると 以外と

その泥臭さが 生きいきとした自由教育に 大きく反映されている

のかと感心しました。       ゆっくり散策して 入り口近くで 

小講堂の中を ふと見ると 演壇の 中央に

【 先憂 後楽 】の額縁が 掲げてあるのが 目に入りました。

| | Comments (2)

04/14/2008

桜 まつり

Sa11jpg1111 都立 小金井公園 =小金井市

    【 桜 まつり 】

平成20年 4月 4(金)~5~6(日)

C57 愛称 『 貴婦人 』

発車 オーライ~ 別に 遠く花見の旅に 出掛ける分けでは

有りません。 公園の入り口近くに 停車している SLでした。

先ず 此処から スタートしてみます。

Ha22jpg2222 花と緑 ひろびろ空間の テーマ・パーク

この都立公園は 最大級の 規模を誇り

広さ 77haを有し 上野公園の 1,4倍

入場料は無し 芝生の中も自由に歩けて 花見の場所取りの

心配もなく 自転車走行や ワンちゃんも Ok こうなると

人間本来の 習性通り 花や木々を 愛し マナーも

良くて 気持ちがいい~

Ha33jpg3333 ハナ モモ の 木

紅 白 の花で とても 縁起が良く

すべての人が 記念撮影する 絶好の場所

春の桜で始まり 四季折々の花や また野鳥の聖城となる

雑木林など そして開放的空間が 広くとても魅力的な公園です。

Ha44jpg4444 催し物会場は 数ヶ所に 有って

フラメンコ ベリーダンス フラダンス

郷土芸能 江戸かっぽれ 阿波おどり と

和洋折衷の 競演は 一日中続き その背景には 淡紅の花郡が

波うって 横に広がり 遠く視界の先まで 途切れなく つながって

見えてます。

 いろに酔い  語ることなし  花の峰

| | Comments (2)

04/07/2008

サクラ

Ueno1jpg111 上野 恩賜公園 = 台東区

『 花の雲 鐘は上野か 浅草か 』 芭蕉

お花見ならば お馴染みの 公園へ

美術館 動物園 不忍池 など 辺り一帯に 白や うすべに色の

五弁花は 1、200本も有り まさに 花のトンネルは ゆさゆさと

低い天井となって 頭上すれすれ 何かを 語りかけているように

枝を かしげて います。

Ueno2jpg222 花より 団子

上野精養軒 前 辺りの風景

道の両側 宴会桟敷は ぎっしり 満杯

朝から 花曇りで 夕方から雨との 予報 少し 花冷えを

感じ はじめました。

Ueno3jpg333 しのばず 口 = 西郷隆盛像 側

皮肉にも 午後4時頃から 雨が降り始め

人の波も 公園から 繁華街へと

移動がはじまり いつしか公園も ゆっくり黄昏色が濃くなって

やがて夜の闇が 周りをすっぽり包み ネオンの光が雨の中

きわだちを 見せてきました。

* 公園入り口から 午後7時ごろ 繁華街を 望む・・・・・

| | Comments (2)

« March 2008 | Main | May 2008 »