« キャンパス | Main | ゆったり ウォーク »

04/28/2008

ぶらり ウォーク

Tama11jpg1111 玉川 上水駅 = 東大和市

今回は 西武拝島線の 玉川上水駅で下車し

新緑の薫る 野火止用水の 遊歩道を

散策して 見ようと思います  玉川上水で 直ぐに思いつくのは

「 この人は何で 私の気持ちが 分かるのだろう 」と読者に

言わしめた 作家 太宰治 ですが 桜桃忌の 三鷹市方面にも

流れは 下っていきます。  先ず 西武線の線路を 左側に見て

東大和市駅 方面に 向かってみます。

Tama22jpg2222 赤レンガ 敷きの 遊歩道

玉川上水から 取水される 野火止用水が

暗きょの 流れになって 其の上の遊歩道で

別名「 思惟の道 」とも 言われています。

「 しいの道 」・・・・・いろいろ考え 思いめぐらすか ?

いや 何も考えず たゞひたすら 緑に 染まりながら

歩き つづける ことにします。

Tama33jpg3333 東京都 薬用植物園 = 小平市

昭和21年設立以来 本格的な薬物植物園で

貴重な薬草薬木が1600種も栽培されていて

ピラミット型の温室や 展示室と 園内は 四季折々の 花が咲き

ケシ キキョウ スズランと 派手さは無いけど 見学者は多く

ツツジも 少し 色ずき 始めています。

Tama44jpg4444 牡丹

メラメラと 音を たてて 花びらが

裂くように 開く 激しさと

大輪ゆえに 高貴な華やかさを 持ち合わせる 牡丹は 

重そうに 小首を かしげて 微かに 揺れていました。

【 立てば芍薬  座れば牡丹  歩く姿は  百合の花 】

こんな言葉が 浮かんできました。

園を 後のして 歩を進めると 緑に埋まる 雑木林や

野火止用水の流れは 果てしなく   道の両側に 覆いかぶさる

滴るような 若葉のトンネルは どこまでも つづく・・・・・

|

« キャンパス | Main | ゆったり ウォーク »

Comments

思惟(しい)は 仏教では「しゆい」と
読みます。

正信偈にも最初のころに「五劫思惟之摂受」
とありますよね。

> 何も考えず たゞひたすら 緑に 
> 染まりながら歩き つづける

うむ。これこそ 無我なり。
ほんとうの思惟(しゆい)かもしれませんよ。


Posted by: ONSAI | 04/30/2008 at 17:32

>ONSAIさん、こんにちは!
いつもコメント、ありがとうございます。

風薫る五月に入りましたが、恒例の京阪温西会も一ヶ月に迫りましたね、お忙しいことと思います。

目的があるような、無いような、ぶらりウォークで無心になれるのは、幸せな事かも知れません、それに足の痛みが直ったことと最近はバンドの穴が一つ手前に来た事ですが
(夕方のウォーターの補給は規則正しくしています) 本格的なハイキングとか登山などは先の先のようなきがします。

ちょっと遠出をしてまして、コメントが遅れ大変失礼しました。

Posted by: 亀の歩き | 05/02/2008 at 15:28

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« キャンパス | Main | ゆったり ウォーク »