« 道くさ ウォーク | Main | 広がりの ウォーク »

05/19/2008

のんびり ウォーク

Tama11jpg1111 境 浄水場 = 武蔵野市

続々 玉川上水 緑道 ウォーク

玉川上水に すっかり 魅せられて

浄水場前の 桜橋から 再スタート 久しぶりに見る 青空と

萌黄色のシャワーを 浴びながら 三鷹 吉祥寺と 下って見ます

Tama22jpg2222 三鷹橋

せせらぎの 流れの音を 聞きながら

まるで 粘土のような 土の小道を

ひたすら歩くと JR三鷹駅に到着 玉川上水は 駅の真下を

潜って 南口の みたか橋と共に現れて 整備された 駅前広場を

望み 井の頭公園に 向かって更に 続いて行きます。

Tama33jpg3333 禅林寺

JR三鷹駅から 直角に 南へ約1キロ 

森 鴎外 と 太宰 治 の墓

玉川上水から 少し離れて 駅前商店街を 散策しながら行くと

街角に 武者小路実篤の詩碑なども 見かけたり 久しぶりに来た

三鷹の街の風景は 商店街を囲むように マンションの建物が

並行して 建ち並び すっかり 様変わりを していました。

突き当たり 広い通りの角を曲がると 禅林寺が 見えてきました

森鴎外と太宰治の墓は 相向き合うように建てられ 太宰治の

墓前には 花と共に ゴールデンバットの煙草とカップ酒が供えて

ありました。   もうすぐ 桜桃忌の  6月が訪れる。

Tama44jpg4444 山本 有三  記念館 = 三鷹市

    『 路傍の石 』 展

2008年 5月1日 ~ 9月28日

三鷹駅に戻って また 玉川上水沿いを進むと 白い門が見えて

その奥に クヌギの林に囲まれた お洒落な 洋風建築の

有三記念館が 現れ「路傍の石」 展と銘打った展覧会が

開催されていました。 「真実一路」や 戯曲の「米百表」の

何か懐かしく ホットするような 気持ちで 創作活動の

展示物等を ゆっくり 拝見しました。

夏まだ浅い 薫風の玉川上水 散歩みちは

山本有三 流に言えば  「 自然は 急がない 」

と なるのでしょうか・・・・・

|

« 道くさ ウォーク | Main | 広がりの ウォーク »

Comments

鴎外・太宰、有三…
今日は文学の小路散歩ブログですね。

わが島根出身の 鴎外の墓所は三鷹に
あったんですか。

それから、「真実一路」は ずっと
武者小路実篤の著作だと勘違いしてました。
(実際、実篤は 色紙に「真実一路」とよく
書いていたそうですが…)

Posted by: ONSAI | 05/22/2008 at 08:39

>ONSAIさん、こんにちは!
いつもコメント、ありがとうございます。

石見の国津和野出身 森鴎外はお墓と別の一郭に大きな遺言石碑が建立されていました

実際に三鷹近辺は文士の街で文学者が沢山いました 童謡「赤とんぼ」の詩人 三木露風 瀬戸内寂聴さんは若かりし頃 とあるタバコ屋の2階で下宿だったようです、「武蔵野夫人」の大岡昇平 

「武蔵野」の国木田独歩 異色なのは歌謡界のヒットメーカ 作詞家の星野哲郎と、枚挙にいとまがないほどです。
 
遂に『日日あらたに』携帯ストラップが誕生 シックでオシャレ ナヴィゲーション By Amidaと次々にメジャーの輪は、広がりますね~

Posted by: 亀の歩き | 05/23/2008 at 14:25

当寺ブログのコメントまで 有難う
ございます!

もぉ、そのまま 上の2行を
直に 書き込んでくださいませませm(__)m

Posted by: ONSAI | 05/23/2008 at 14:37

はい! 承知しました。喜んで~ 

Posted by: 亀の歩き | 05/23/2008 at 22:04

さっそくのお応え、有難うございました!

これからも ご遠慮なく どうぞどうぞ
気楽にお越しくださいませ。m(__)m

Posted by: ONSAI | 05/23/2008 at 22:38

>ONSAIさん、こんにちは!
いやぃゃ ごていねいに
ところで人気の『日日あらたに』携帯ストラップ 

バクハツ的な、売れ行きが予想されますが、そこで気になるのが下世話なはなし、特許権がドウナッテイルノカが ですねぇ・・・

Posted by: 亀の歩き | 05/24/2008 at 16:04

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 道くさ ウォーク | Main | 広がりの ウォーク »