« ふたたび 上水 ウォーク | Main | 花 菖蒲 »

06/20/2008

玉川上水 ゴール

Sasa11jpg1111 玉川上水 散策  最終週

笹塚(京王線)~四谷大木戸 (新宿区)

駅南口を 出ると貴重な 流れが見えるが

川沿いを 100mも進むと 又もや 暗渠になりました。

今回は上水のゴールを目指して『笹塚』から南へ少し甲州街道から

離れて 九の字に 曲がっている道を 『幡ヶ谷』から 『初台』

抜け『新宿』の 繁華街に入って 最後 『四谷大木戸』と 巡って

見ます。 思った以上に桜並木や 樹木が多く 小公園風の緑道は

続くが 良く注意して見ると 各所に水のない橋が 数多くあって

橋の欄干や 名が 庶民生活の 歴史を 色濃く 残しています。

Sasa22jpg2222 清流と 緑の 自然豊かな

憩いの 空間でもある 玉川上水も

此処まで来ると 最早 上水の面影は無く

高層ビル群の中に 呑み込まれてしまいました。

淀橋浄水場近くの 文化服装学園の前に 女神像が建ち 広く

帯状になった広場は 石と タイル張りになり 僅かに 花壇の

植え替え作業が 土のにおいを 漂わしてしています。

Sasa33jpg3333 新宿 御苑

徳川家康の家臣 内藤氏の 江戸屋敷

明治39(1906)年 皇室の 庭園となり

昭和24(1949)年 国民公園として 一般公開されました。

何れ ゆっくり日を 改めて 見学するとして・・・・・

御苑を 右に見ながら 脇道の散策路を 行くと 再び大木の

緑のトンネルに 入って 改めて 玉川上水の 存在感を

アピールする 雰囲気に なってきました。

Sasa44jpg4444 『 四谷 大木戸跡 』 石碑 = 新宿区

玉川上水 終点は 水道局庁舎の脇に

新宿通りに面して『水道碑記』と並んで建立

西武拝島線 玉川上水駅から スタートした 気ままなウォークも

7週目で 玉川上水の終点 『四谷大木戸跡』 石碑まで 無事

到着しました。 羽村からなら 全長 43Kですが 玉川上水駅

からなので 約 31Kです。

のんびり寄り道ウォークは 見所 沢山で 開削から 350年を

経過して今尚 都会のオアシスとして 親しまれている 玉川上水

は たぶん この場所から『 樋筋 』で 皇居を 介して 海へと

注がれて いると思います。・・・・・水の流れと 人の身は・・・・・

|

« ふたたび 上水 ウォーク | Main | 花 菖蒲 »

Comments

「あした待たるる その宝船」(大高源五)

水の流れは いのちの流れ。
長い川・短い川、大河に小川、清流に濁流…

そして 1つの川でも 速い流れ 緩やかな流れ… いろいろあります。

人生いろいろ、川の流れも いろいろ。

Posted by: ONSAI | 06/24/2008 at 11:25

>ONSAIさん、こんにちは!
いつもコメント、ありがとうございます。

くる日もくる日も曇りマークが付く天気予報で折りたたみ傘が手放せない日が続いています。

上段の田んぼから順々に水が流れてゆくこのシーズンの田植えは
もう終わったでしょうか、水の大切さが良く分かります。

さきの(大高源五)上の句と・・・あとの句を自分流に考えましたが
思いつかずに其の侭載せてしまいました。

水の流れは 正に人生と同じですね・・・
何れ大海原や自然界に入って行くわけですですから・・・

Posted by: 亀の歩き | 06/25/2008 at 14:57

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ふたたび 上水 ウォーク | Main | 花 菖蒲 »