« フィールド・ミュージアム | Main | 夏休みの楽しみ »

07/31/2008

ある夏の日の思い出

Asob11jpg1111 わくわく 川あそび = 東久留米市

場所=落合川~不動橋広場 前

夏休み恒例の 川掃除 と 川あそび

7月19日~20日に 行われました 19日土曜日の前夜祭は

和太鼓演奏 ロックバンド 腹話術など コンサートや

野外映画会の上映もあり    当日は 焼きソバ カキ氷の

模擬店も 有って盛大な 催しとなりました。

Sora22jpg2222 ゴムボートのり ~ 手作り舟のり

網で魚獲り 流れのある 川でこその

生きいきと 遊ぶ子供たち

川の両側に 金網の柵があって 普段は川に 入れない区域ですが

この日は 川の流れを 調節する 段差のある部分を 一時的に

堰をして 水かさを 水深50センチ位に 上げてボートなど

遊びやすいように してあります。

Sora33jpg3333 落合川 と 黒目川に 棲む魚たち

最も湧水源に 近い処には ホトケドジョウ

アブラハヤ オイカワ ギンブナ モッコ

等など 沢山の種類の魚が生息して 落合川と黒目川が 合流する

地点には 東京湾から 遡上してくる アユも 確認されています

Sora44jpg4444 竹の一本橋 わたり

落ちないように もだえる 坊やたち

あっ・・ ひとり 水中に 落下

此処は 西武線の橋のそばで 電車からでも 見える場所です

つかの間の 水遊び 夏休みの思い出は いつまでも 心の中に

消えずに残るでしょう。     かんかん照りの 日ざしのなか

時たま 川面を走る 涼風が さーと 頬をかすめる・・・・・

|

« フィールド・ミュージアム | Main | 夏休みの楽しみ »

Comments

僕たちの子どものころなら、なんでもない
日常の風景を 今こうして見ると
とても 新鮮でなつかしく思えます。

現在となっては半端な田舎の子どもたちには
こんな姿はありません。

むしろ、地域挙げて支えてくださる大人の方々のある
都会の子どもたちの方が、自然に触れているように思えます。(どうなる?ニッポン!)

Posted by: ONSAI | 08/01/2008 at 10:25

>ONSAIさん、こんにちは!
いつもコメント、ありがとうございます。

>自然に馴染みの薄い子供たち、やはり大人の知恵で催しを、
お膳立て、しないといけない様で、毎週土日の週末には、

必ず何処からとも無く炭坑節の唄と太鼓の響きや、
花火の音が遠く聞こえてきます。
夏の暑苦しい夜の盆踊りにゆかた姿は下町が良く似合います。

余談ですが 『 やはり 野におけ 蓮華草 』は
普段何気なく出てくる言葉ですが、
耳にやさしい、いや目に癒しの句で、なかなか、いいですねぇ~

Posted by: 亀の歩き | 08/02/2008 at 14:31

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« フィールド・ミュージアム | Main | 夏休みの楽しみ »