« 夏の風物詩 | Main | ある夏の日の思い出 »

07/24/2008

フィールド・ミュージアム

Hu11jpg1111 郷土の森 博物館 = 府中市

JR南武線 分倍河原駅 下車バス 6分

府中の歴史と 多摩川や 雑木林など

自然が豊富で 小鳥や昆虫探索と 懐かしい故郷を 彷彿させる

郷土の森へ尋ねてみました。 

大正10年完成した洋風の町役場と郵便局のある通りから入場して 

もう最盛期を過ぎた 紫陽花を 楽しみながら 歩くことにします。

Hu33jpg3333 幾ばくもない アジサイ

大きな 手毬のような うすい花びらが丸く

青色の珠になって ひとつ ふたつ

重い花顔を 精いっぱい 支えています。

Hu22jpg2222 本格的な 純和風 数寄屋づくりの 茶屋

塀越しに 視える 『 梅欅庵 』

庭は中門 腰掛待合を配した 日本庭園

自分の住んでいる 多摩地区から少しづつ 扇を広げるように

出掛けてみると いろいろな体験が 出来て面白い 今回の府中も

素晴らしく 古民家が建ち並び 季節の花も沢山で 水路を挟んで

水遊びの出きる 大きな池や パンダの写真展など 展示館も多く

ゆっくり涼を 楽しめる所で 郷土の森は 魅力たっぷりでした。

Hu44jpg4444 敷地内に 田んぼを 発見

実は 「 こめっこ クラブ 」と いって

小・中学生たちが 田植えから 稲刈りまで

米作りを 体験する 水田でした。 これだけで 郷土の森の

イメージが 分かる気がします!

すーと こうべを立てて 田んぼを見渡す 畦に 凛として咲く

カンゾウが 黄赤色の花を 百合のような 六弁花に

咲かせています  

音のない ひるさがり たゞ 陽の光だけが 眩しい・・・

|

« 夏の風物詩 | Main | ある夏の日の思い出 »

Comments

同じ場所を歩いても、亀の歩きさんならでは
視点があるんですね。

きっと、僕なら何も気づかず通り過ぎるところに
キラリと 趣を発見されますもんね。

そうそう、先日 H光出身のT島さん(守口市在住)に
お会いしたら、亀の歩きさんと同級生だよ~と
なつかしそうに 仰っていました。
お元気ですよ、「お二人とも」と 言って
おきました。

Posted by: ONSAI | 07/24/2008 at 20:11

>ONSAIさん、こんにちは!
いつもコメント、ありがとうございます。

云うまいと思えど今日の暑さかな、ついお暑いですね”が
合言葉になってしまいます。

>T君のこと良く話題に載せて頂き有難うございます、
彼はいわゆる仲間で同級生、それぞれの境遇は違いましたが、
最初の就職が神戸で互いに苦労した想いを分かち合ったものです、お元気なようで何よりです。

いろいろのご縁をつないで頂き、久しく懐かしい
青春時代を思い出しました~

Posted by: 亀の歩き | 07/25/2008 at 10:34

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 夏の風物詩 | Main | ある夏の日の思い出 »