« 落合川の湧水が 名水に | Main | フィールド・ミュージアム »

07/17/2008

夏の風物詩

Asa11jpg1111_2 『 ほおずき市 』 = 台東区 浅草寺

7月9日~10日=境内に 250 の露店

200年の歴史と伝統を残す「4万6千日」

功徳が一番多いのが 7月10日で この日に お詣りすると

4万6千日分に 相当すると言われ 主催者発表では 昨年は

両日で 60万人の 人出があったそうです。(驚き)

Sasa22jpg2222_2 4万6千日の 功徳に惹かれて 訪れました

いつ来ても 浅草は下町の 風情たっぷりで

千成りほおずきに 埋まる店先を

巡っていますと 熟れに熟れた 真っ赤に染まる房から 今にも

零れ落ちそうに なりながら ほおずきが 宙に浮いていました。

Sasa33jpg3333_2 からくり 時計 = 昭和61年から 稼動

浅草の伝統的な『 祭りと市 』がテーマに

ふるさと 創生資金で 制作費 一億円

からくり時計は 午前10時から~午後7時まで 毎正時になると

荘厳な音楽と共に 左右のボードが回転し 中から白鷺の舞と

金龍の舞が現れ 真ん中の時計が 競りあがって中から

子供が担ぐ神輿が 登場する 雷門前交差点の 真正面にある

浅草文化センターで その上に有るのが このからくり時計です

午後3時にバッチリ グッド・タイミングでデジカメに 収めました

Sasa44jpg4444 隅田川沿いに 拡がる 観光の町

浅草界隈は 庶民文化と 江戸情緒の

雰囲気は 益々盛んで

売店の数も 350店とか 人ごみで ざわつく ほうずき市に

並ぶ 緑と赤みを 帯びた ほおずき鉢と 風鈴の音が

しっとりした ムードで 爽やかな 涼を呼んでいます

|

« 落合川の湧水が 名水に | Main | フィールド・ミュージアム »

Comments

その実が、人の頬の紅色のようだから
「目つき」、「顔つき」のように「ほほつき」というとか…。

> 緑と赤みを 帯びた ほおずき鉢と 風鈴の音が

まさに、日本の夏ですね。

あとは 浴衣と蚊取り線香と花火とビールで
満点です!

Posted by: ONSAI | 07/19/2008 at 10:43

>ONSAIさん、こんにちは!
いつもコメント、ありがとうございます。

明日は海に囲まれた日本の祝日、海の日ですね~
関東地方は梅雨も明けて、学校も夏休みに入り、

海水浴 プール 高校野球に夏祭り 花火に浴衣に、うちわ 
そして大事なのは一日の締めくくりの水分補給です。
と、まぁ・・いよいよ夏は真っ盛りとなりました~

Posted by: 亀の歩き | 07/20/2008 at 16:43

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 落合川の湧水が 名水に | Main | フィールド・ミュージアム »