« August 2008 | Main | October 2008 »

09/24/2008

マンスリーハイキング

Kawa11jpg1111 初秋の 空堀川 沿いを 歩こう

西武線=武蔵大和駅~空堀川~淵の森~秋津駅

9月17日(水) 9時30分~順次 スタート

約 9k~ 2時間30分コース    マンスリーハイキング とは

西武グループが企画した コースに従って マップ片手に 好きな

時間に スタートし 自分のペースで 寄り道したり 自由気侭に

楽しめる! 初心者の私には 向いていると思い 参加しました。

Kawa22jpg2222 空堀川 = 東大和市~東村山市~清瀬市

武蔵大和駅前の受付 最終時間の11時に

朝ゆっくりしたせいで ぎりぎりに間に合

マップを渡され 案内に従って 駅前の ケヤキ道りを抜けて

空堀川沿いに入るが すっかり日も高く 雲間から射す 陽の光は

眩しく 土手は 雑草清掃中で じっとり 草いきれが まといつく

Kawa33jpg3333 秋津 公園

スタートが遅かったので 川沿いのハイカーも

疎らで それでも 充分な 広さで余裕のある

土手は歩きやすい 遊歩道で 水量の少ない 流れを見ながら

無心に歩く 川を離れて ゴールに 近い 秋津公園に 到着

木陰で ひと息入れて 水分補給をします。

Img_1901jpgaaaa 淵 の 森 = 柳瀬 川 と

秋津駅の近くに 鮎さえ棲むと 云う 川と

雑木林の森が ありました

彼岸花と 笹がからみ まるで 活花のようで 勝手に

「 さやか 」 = 淵の坊と 名付けました

約 2時間30分の ウォーキングも 此処にきて 心が

洗われたような 清々しい気持ちになりました~ 

後は秋津駅前の ゴール受付に スタート地点で 渡された

緑のリボン(布テープ)を 返すだけ・・・・・

| | Comments (2)

09/18/2008

Saturday ハイキング

Hana11jpg1111 秋の長瀞 七草 寺めぐり

西武鉄道=秩父鉄道 合同 ハイキング

長瀞周辺の 寺院に 1種類ずつ植えられた

『 秋の七草 』を 観賞しながらの ハイキング

秩父鉄道樋口駅~スタート 9月13日(土) 9時30分から

順次出発 約13k~約4時間 コース

先週に続いて同じ西部グループ主催のハイキングに帽子とリュック

シューズ 急ごしらえ支度をして どっぷりハイカーの仲間入りです

先ずは 道光寺 ( 尾花 ) オバナが

ひっそり 控えめに 迎えてくれました。

Hana22jpg2222 同昌寺 ( 萩 ) ハギ

根本から 多数分かれ 茎はよく 枝分かれし

小さい 蝶のような 花が 密集している

浮いて  ゆらいで  かさなって

Hana33jpg3333 法善寺 ( 藤袴 ) フジバカマ

鶴のように 首を 伸ばし

うすい 紅白色で 房状に咲き

ごくごく 地味な 花は何となく 寂しそう

Hana44jpg4444 多宝寺 ( 桔梗 ) キキョウ

青紫の隊列が ハイカーの背に 並ぶ

のどかな 山あいの 風景

朝顔に似た 五裂した 釣鐘形の花は 紙風船のように 柔らかだ

Hana55jpg5555 真性寺 ( 女郎花 ) オミナエシ

一番 はなやかに 映る 黄色の小花

七草の中では 代表格かも

秋の野に 咲きたる花を 指折り 

       かき数えれば 七草の花 = 山上憶良

Hana66jpg6666 不動寺 ( 撫子 ) ナデシコ

今の時期は残念ですが 花は終わっていました

画像は 寺院側 提供の 写真です

緩やかな坂上にある 不動寺は 長瀞七草めぐりの最終のお寺です

今回は比較的 平坦な道の ハイキングで 素朴で殆ど

名も知らない か細い花々を愛でて 陽よりも良く 彩を

全身に浴びながらの ハイキングに なりました。

Hana77jpg7777 長瀞駅に 午後の3時に ゴールイン

その時 幸運にも 週末( 1日1往復 )

運行中の 蒸気機関車

SLパレオエクスプレスが 長瀞駅に到着していました 暫らく

停車後『 ボォー 』 汽笛一声 レトロで 気品のある 客車を

伴ってゆっくり動き始めました、しだいに轍の 響きも大きくなり

ホームから離れて行きます 再度汽笛を鳴らして だんだん遠く

見つめる先で 円い小さな 点になって 消えました・・・・・

| | Comments (2)

09/11/2008

ハイキング

Haiaajpgaaaa 滝と のどかな 高麗の 山里を巡る

西武鉄道 主催=武蔵横手駅~スタート

五常の滝~物見山~駒高~日和田山~高麗駅

9月6日(土) 8時30分から (自由参加) 順次出発 

約10k~約3時間コース 武蔵横手駅に 9時に着き ホームは

お馴染み リュックと帽子の ハイカーで埋まり 曇天で気温は

30度 近くあって暑い 今回ウォーキングで大分 足の調子が

戻ったので ハイキングに 初挑戦してみました。

Haibbjpgbbbb_2 前夜の雨で道が濡れて 辺りが少し靄っている

木立の間を縫って ミーン ミーンと蝉の声も

帽子なし リュックも背負わず 片方の肩に

カバンを 掛けての参加は 私一人でした それでも カバンには

タオル地の ハンカチ3枚と 傘と合羽と文庫本がはいっています

10分もすると だんだん 上り坂になり 勾配も 程ほどあって

何やら ハイキングでなく 登山の様相に なって来ました。

Haiccjpgcccc 物見山 = 標高 375m

コース最初の 山頂 霧で視界 0

余りにも 軽々しく 考えていたが

ずーと登り詰めで 人がすれ違いの出来ない 山道や でこぼこの

石畳のような 滑りやすい道など 三つの尾根を 上がったり

下がったり 正に障害物競走さながら こんなに汗をかいたのは

近年覚えが無く ハンカチを3枚も使い 自動販売機も 何も無い

頂上で あえなく 座り込んで しまいました。

Haiddjpgdddd4 日和田 山頂でも 視界は 0

晴天なら 山並みの向うに 富士山や

高麗の里や 曼珠沙華の 巾着田も

望めるはずが とても残念です

山頂近くで 年輩の男性が 滑ったのか 昏倒されたようで

横になっていて 仲間が 救急車の手配をしていました

やはり登山する人が多いと なかには事故も 起きるのか・・・

直ぐにサイレンの音がして来ましたが 何しろ急坂の上ですから

救急車は 坂下の車道迄で 間もなく レスキュー隊の人達も

含めて14人位の人が登ってきました。   やはり大変だ

思わず 「ご苦労さんです」と 声をかけた  初ハイキングで

どうも 心得違いをしていたようで 良い経験になりました。

               

| | Comments (2)

09/08/2008

テスト

Kawa22jpg2222 鹿 台  橋

高麗の風景

高麗川に 架かる橋から 望む

* 9月4日 いつもの手順で ブログを掲載して 画像を

クリックすると 今迄の 大きさと違って 画面が小さく

又 ページも 変わっていました。

Kumo11jpg1111 クモノ 糸 (巣)

高麗の 山里

物見山= 雨上がりの 森の中で 撮影

* 画像を何とか 通常に戻そうと 只今調整中で 試行錯誤

繰り返し挑戦 果たして従来どうりの 大きさになるのか ??

| | Comments (2)

09/04/2008

散歩

Sannpo11jpg1111 ぶりかえす 残暑

紺碧の空と ふんわり真綿のような 雲が

さすがに 秋の訪れを 感じ させるが

 天気晴朗で とにかく歩くことにし 家を出て 裏手に回ると

市が 農家から借り上げて 其れを貸し出す 市民農園が

眼に入る 一区画4m×4m=16m2 約5坪 足らずの畑です

ナス トマト キュウリ 唐辛子も  あって約100区画の

手造り 野路畑は 生きいきとした 広がりをみせています。

Sanpo22jpg2222 超高層 ひばりが 空

HIBARI TOWER マンション

33階建て~平成21年3月 竣工

西武線 ひばりが丘 駅前に建立

池袋まで 急行で 約16分周りに高層の

ビルが少なく 異色な存在に なるのは間違いない 駅前は

西友と パルコが在り パルコ内には クィーンズ伊勢丹も誕生し

ひばり丘は 成熟した町へと 益々進化していくようで

散歩のコースは ゴージャズに なるばかり・・・

Sanpo33jpg3333 白亜の 殿堂

透き通った 天空に 昇るがごとく

白い 階段が 真直ぐに 延びてゆく

西友を挟むように 建っている マンション

20階建てで 約10年位になるのか

カメラ目線に依って 変則に映る バルコニーに 好奇心が湧く

Sanpo44jpg4444 無人の 八百屋さん

プロ農家の 新鮮 野菜

エダマメ シシトウ ジャガイモ ピーマン

その他 季節の百合の花など 種類も豊富な 100円ショップ

固定客が 朝早くから買いにいくので 品物も すぐ少なくなって

いくようです。  家を出て ひばりが丘駅を めざし 其処から

円を描くように 隣の東久留米駅を回って帰れば 約5,5k と

3時間   道草は図書館 西友 イトーヨーカドーなど そして

遊歩道や 落合川沿いと 今日も 行き当たりバッタリ 厳しい

日差しを たっぷり浴びて 歩く 無人野菜スタンドのエダマメを

横目で見ながら 直ぐ先の自宅にやっと 辿り着く。

| | Comments (2)

« August 2008 | Main | October 2008 »