« テスト | Main | Saturday ハイキング »

09/11/2008

ハイキング

Haiaajpgaaaa 滝と のどかな 高麗の 山里を巡る

西武鉄道 主催=武蔵横手駅~スタート

五常の滝~物見山~駒高~日和田山~高麗駅

9月6日(土) 8時30分から (自由参加) 順次出発 

約10k~約3時間コース 武蔵横手駅に 9時に着き ホームは

お馴染み リュックと帽子の ハイカーで埋まり 曇天で気温は

30度 近くあって暑い 今回ウォーキングで大分 足の調子が

戻ったので ハイキングに 初挑戦してみました。

Haibbjpgbbbb_2 前夜の雨で道が濡れて 辺りが少し靄っている

木立の間を縫って ミーン ミーンと蝉の声も

帽子なし リュックも背負わず 片方の肩に

カバンを 掛けての参加は 私一人でした それでも カバンには

タオル地の ハンカチ3枚と 傘と合羽と文庫本がはいっています

10分もすると だんだん 上り坂になり 勾配も 程ほどあって

何やら ハイキングでなく 登山の様相に なって来ました。

Haiccjpgcccc 物見山 = 標高 375m

コース最初の 山頂 霧で視界 0

余りにも 軽々しく 考えていたが

ずーと登り詰めで 人がすれ違いの出来ない 山道や でこぼこの

石畳のような 滑りやすい道など 三つの尾根を 上がったり

下がったり 正に障害物競走さながら こんなに汗をかいたのは

近年覚えが無く ハンカチを3枚も使い 自動販売機も 何も無い

頂上で あえなく 座り込んで しまいました。

Haiddjpgdddd4 日和田 山頂でも 視界は 0

晴天なら 山並みの向うに 富士山や

高麗の里や 曼珠沙華の 巾着田も

望めるはずが とても残念です

山頂近くで 年輩の男性が 滑ったのか 昏倒されたようで

横になっていて 仲間が 救急車の手配をしていました

やはり登山する人が多いと なかには事故も 起きるのか・・・

直ぐにサイレンの音がして来ましたが 何しろ急坂の上ですから

救急車は 坂下の車道迄で 間もなく レスキュー隊の人達も

含めて14人位の人が登ってきました。   やはり大変だ

思わず 「ご苦労さんです」と 声をかけた  初ハイキングで

どうも 心得違いをしていたようで 良い経験になりました。

               

|

« テスト | Main | Saturday ハイキング »

Comments

雨後の緑は 匂うような鮮やかさですね。

山頂は そこへ登ったものにしか味わえない
達成感・満足感があるとか。

さぞや、わが家のビールが美味しかったことでしょう。(^_^;)

Posted by: ONSAI | 09/13/2008 at 09:18

>ONSAIさん、こんにちは!
いつもコメント、ありがとうございます。

ひとと人とは、何処かでつながっているものですね、
広島の家は本家です、いろいろとお世話になります。

>ハイキング 雨後の緑は匂うような鮮やかさとは、
よくぞ的確な表現をして頂きました。
それと共に木を削ったような芳醇な香りもしました。
 
今回やっとハイキングにこぎつけましたが、標高370mで、
あごを出しているようでは先が思いやられます。

今の時期は特に水分補給が肝心で、黄昏が迫ると
御馴染みアメイロノ水分補給に移行します。

Posted by: 亀の歩き | 09/14/2008 at 16:26

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« テスト | Main | Saturday ハイキング »