« November 2008 | Main | January 2009 »

12/30/2008

多摩川線の ウォーキング

Kao11jpg1111 数え日の 武蔵野の道を 訪ねる

西武多摩川線 白糸台駅~多磨霊園

浅間山公園~府中の森公園~府中市街

大国三魂神社~西武多摩川線 是政駅 約10km~2時間半

先ず 西武線 ひばりが丘の駅から バスに乗って西武多摩川線に

乗り換えるべく JR 武蔵境駅に向かう 終点でバスを最後に

降りようとすると 何んと バスの運転手サンが 珍しく若い女性

でしたので つい 『 写真撮っても いいですか 』と 聞くと

『 いいですよ 』と明るい返事 > ハイポーズ < 因みに

女性の運転手サンは 今の所 西武バスでは 2人だそうです。

さあ スタート地点の白糸台に 向かって 急がなければ・・

Kao22jpg2222 甲州 街道

白糸台駅をスタート 扇形の濃い黄色の葉が

散り始めて 不揃いな色の 銀杏並木

この街道を 右折すると 多磨霊園 低い丘のような浅間山公園

広大な府中の森公園と 武蔵野を彩濃く残す 自然がまだまだ

沢山残っています 公園から仰ぐ冬空は いかにも広々として

掃いたような 透きとおった雲が 浮いていました。

4444 府中 駅前 = 京王線

馬場大門 けやき並木

広い側道には 歩行者と 自転車との

区分けが出来ています 国の天然記念物に 指定された

ケヤキの並木は 源 頼義が奥州阿部一族の乱を 平定した帰途に

ケヤキの苗を千本を 寄進したことに始まったようです。

南に500m 並木通りを行くと 例大祭の くらやみ祭りで

有名な 大国魂神社が 見えてきます。

Kao44jpg5555 是政 橋   府中市~稲城市

ゴール是政駅を 眼前にして 多摩川の

河川敷で 腰を下ろして 橋を 眺める

両岸から中心の鉄柱へ 山形に支えた ピアノ線のような 鋼線

それを指で弾くと キーンと乾いた音が 響きそうな空 橋の上は

府中街道で 多摩川を渡れば 稲城市だ! あちらが彼岸なら

こちらも彼岸 人はみな 彼岸に向かって渡り続ける。

今や 2008年も 刻々と 2009年に 移行し始めている

今年は小さな旅と 言えるかどうか( 家を出ればそれは旅 )と

すれば 数限りなく 旅を したことになる。

ゆく河の 流れは絶えずして よどみなく  そして

ちいさな小さな ウォーク、ハイキングの旅は 明日へとつづく

| | Comments (2)

12/24/2008

西武沿線 マンスリーハイキング

Hare11jpg1111 初冬の奥武蔵 天覧山から 高麗峠を歩こう

西武飯能駅~能仁寺~天覧山~高麗峠~

巾着田~西武高麗駅 =約8km~2時間半

西武鉄道で 各月々四季を通じて 随時このような 企画が組まれ

自然の流れで 参加するようになりました。

平坦な道 ややアップダウンあり アップダウンが続く 3段階の

コースがあり 今回は 表題にあるように 山とか峠の

アップダウンが続く コースで チョッと 楽しみなハイクを

期待して スタートです。

Hare22jpg2222 奥武蔵 自然歩道

飯能市街地の なか 図書館

市民会館など 辿りながら行くと

道路が直角に曲がる 正面に能仁寺の門があり お参りを済ませる

陽が高くなり 上着を脱いで リュックの中に入れて お寺の横を

すり抜けると クヌギや カエデの雑木林が 視界に入ってきて

少しずつ 小道が上り坂に なって来ました。

Hare33jpg3333 天覧山   海抜 195m

頂上も 真近か 下を見れば

画面では 想像も出来ない 千尋の谷

断崖絶壁 なのです。

Hare44jpg4444 巾着田  ふれあい広場

9月中旬頃は 曼珠沙華の群生や

コスモスの花ゆれも 今は オフシーズンで

閑散としています 登りがあれば 当然下りもある長いくだり坂を

降りると からりと晴れ上がった空と 淡々とした 樹木と山肌が

横並びに望めて  さて どの辺りを 登って来たのかなーぁと

感慨もひとしお マンスリ、ハイクのように 複数の人々と一緒で

ないと 一人での登山はとても無理で その点は西武鉄道の企画に

感謝しています。    深呼吸して眼を細めると 茅葺屋根の家 

そして山裾に へばりつくような 白い漆喰壁の家など 何処かで

見たような 景色が ボンヤリと まぶたに 浮き出てきました。

| | Comments (0)

12/17/2008

マップを 片手に ウォーク

Niza11jpg1111 雑木林と 野火止用水のまち 新座を歩く

JR 新座駅~野火止用水~野鳥の森

総合運動公園~史跡公園~西武線 清瀬駅

約 8、5km~2時間半 隣の新座市から 隣の清瀬駅までの

準地元でも 全く知らない街の ハイキングに 参加です。

Niza22jpg2222 野火止用水 (1655年)

玉川上水から 分水して開削

全長 24kmの 用水路

江戸時代は 飲料水や 農耕 生活用水として 重要な役割を

果たし 今は水の流れに沿って 緑道 散策コースと 成り

市民の憩いの場になっています。

Niza33jpg3333 本多の森 お花畑

チビッ子 郡団の 歓迎太鼓

テント張り 森のレストラン

おもてなしの イベントとして 高い空に響く ウエルカム和太鼓

その周りには にんじんうどんや 焼きたてのパン 甘酒など

ご馳走が並び 又 ワインや牧場製品の 地元特産品が

販売されていました。

Niza44jpg4444 雑木林

自然観察や 野鳥観察 ホタルの里

四季を通じて 見所は 豊富

いつもと同じ ハイクも 足許を見れば 落ち葉が 重なり合って

ふかい深い 最早 冬装束の ハイカー達は 黙々とひたすら歩く

私も 続いて歩く もう前を向いて 歩くしかない・・・・・ 

           ゆく道に 侘しさもあり 冬木立

| | Comments (2)

12/10/2008

ウォーク・ハイキング

Sayn11jpg1111 トトロ の森から 狭山湖畔を 歩く

西武球場前駅~トトロの森~クロスケの家

~狭山湖湖畔~西武球場前駅

約 8Km~2時間   やや アップ・ダウン ありの 

西武ドーム前 スタートで~ ゴールも 同じ ドーム前です。

もう秋の号は 使えない初冬も この日は お天気に恵まれ

快調の足どりで 初めて体験する コースだけに 夢中で

汗ばむほどの ウォーキングでした。

Sayn22jpg2222 トトロ の 森

狭山丘陵の 豊かな環境を守る 目的とした

(財) トトロの ふるさと財団~所有地

映画『 となりのトトロ 』は観ていませんが 狭山丘陵の自然を

保護する為の財団で コナラや ヒノキなど多くの 落葉広葉樹で

構成された 豊かな自然に 恵まれた森を 管理してます。

何やら辺りはセピア色の 幻想的ロケーション風に成って来ました

Sayn33jpg3333 狭山 丘陵

自然と 共生

湖面の確保や 動植物の 保全は万全

カワセミや ミズニラなどの 水辺の生き物や オオタカなど

森林に 生き物が継続的に 成育し 生息しております。

Sayn44jpg4444 狭山湖 = 埼玉県 所沢市

山口貯水池 東京の 近代水道の始まり

昭和9年(1934) 貯水池完成以来

平成10年~14年に かけて堤体強化工事が 実施され 地震に

対する安定性も 向上し都民へ 原水の安定供給を 行っています

  此処まで来れば ゴールも近く ひと休み。

すっかり葉を落とした 桜の枝を 透かして見渡すと さざ波が

揺らぐ湖面と 横に伸びる淡い 紅葉の堤が拡がり その先を

更に薄墨色の稜線へと 視野は果てしなくつづいてゆく・・・・

少し傾いた 午後の陽が翳ると 湖畔を吹き抜ける風が

さすがに 冬の気配を 感じさせます。

| | Comments (2)

12/03/2008

公園

Sin11jpg1111 新宿 御苑 = 東京都 新宿区

皇室庭園 (1949年) 一般公開

池を中心にした 日本庭園

プラタナス並木のある フランス式庭園 芝生広場を中心に

イギリス風景式庭園と 三つの庭園があります

東京では一番 馴染みの深い新宿に 所用があり ついでに

ウォークには最適と 御苑に立ち寄る事に しました

イチョウや カエデなど 紅葉が見ごろで 新宿門を入るとすぐに

色とりどり 落葉の絨毯に 迎えられて しばし高原の中にいる

ような雰囲気で 遠くに出掛けなくとも 都心に紅葉がありました

Sin22jpg2222 イギリス 風景式 庭園

大きな芝生に のびのびと 育つ木々

真っ青のカンバスに白い雲が 雪山のようで

雄大な景色に見える そう云えば風景画には必ず雲が描かれている

Sin33jpg3333 都心の 紅葉狩りは

やはり リュック 姿は なく

歩く 速度も ゆったり

休日の ひとときを のんびりと 楽しんでいる感じ・・・・・

5555 パント マイム

写 す 人  

歩 く 人

絵を 描く人 見つからず。

Sin44jpg4444 天気 晴朗

身も心も 溶けて 思うことなし

唯 ぼんやり 眺めるのみ・・・・・・

   ひるさがり 錦の彩に 水ぬるむ

| | Comments (2)

« November 2008 | Main | January 2009 »