« January 2009 | Main | March 2009 »

02/25/2009

マップ片手に ハイキング 続

So11jpg1111 桜山 展望台と 加治丘陵を 歩こう

仏子駅からスタート 約8km~2時間半

日差しは あれど 冷たい風が肌を射す

駅の南口から 直ぐに上り坂になって 尾根づたいの

林道を ひたすら 歩き始める。

So22jpg2222 桜山 展望台

360度 パノラマの眺望が 楽しめる

画面中央に 富士山が微かに 望むも

遠き山々 いろ淡く まさに 冬景色。

So33jpg3333 冬 木立

桜山の 桜満開を 想像するも

灰色の木が 若芽を抱いて じーと耐えている

加治丘陵を 登り下り していると 自然の趣を 抱くように

駿河台大学 キャンパスが しばしば 視界に入ってきます。

So44jpg4444 成 木 川

流れが 止まったような 静かな川

今少し 登りきると後は 飯能駅に向かって

なだらかな 下り坂が 続くはず 。

今回の 花の無い ハイキングは 何とも はや うら寂しく 

光は弱く 音も消え 唯 侘しげに見える 川辺のながめ 

だが 何故か 心は澄んでくる・・・・・

| | Comments (2)

02/18/2009

秩父路へ

Ume11jpg1111 長瀞 宝登山 蝋梅ハイキング

西武鉄道 東武鉄道 秩父鉄道 合同

長瀞駅から スタート 約8km~2時間半

宝の山に 登ると書く 縁起の良い 宝登山は( ホドサン )と

読みます 昨年も2月に 蝋梅を 観に来ましたが その時は

ロープウェイを利用して アット 云うまに頂上でしたが 今回は

山頂に向かって 表参道コースで 「 関東ふれあい道 」に

指定されている 遊歩道を 登る事にしました。

Ume22jpg2222 登 山 道

昨夜からの雨で道は じっとり濡れているが

長瀞駅を9時半に 出ると フェーン現象か

温度が急上昇し始めて20度を超える勢いで まるで初夏のような

陽気になり 盛んに汗が出てくる そこで先ず上着を脱いで長袖も

捲り上げて歩く    道は くの字になったり ろの字になったり

登山道 特有の じぐざくで 急坂も 多少あるが 車幅のある 

道で 割と 安心して ハイキングが出来ました。

Ume33jpg3333 宝 登 山

頂上は ゆったりとした 広さで

標識には 471,1mと 記されている

1mの 端数は 果たして何を意味するか 気になるが 直ぐ下の

「 梅百花園 」に早咲きの 冬至梅や 寒紅梅など 170品種

470本 あるとのことです  みんなが満足そうで 思い思いに

座して くつろぐ さまが 目に優しく 伝わってきます。

Ume44jpg4444 宝登山 ロープウェイ 山頂駅

830mを 5分で 2台のゴンドラが

山頂駅と山麓駅を つるべ式に往復してる

どーと 団体客が 降りると目の前に 緩やかな 傾斜を利した

梅林が 山裾を這っています 園は 南に向いていて 風も無く

陽だまりに恵まれて 絶好の行楽日和となりました。

ゆっくり梅花の彩を 堪能し 登ってきた同じコースを 下りに

向かって 歩を運ぶと 花の微かな香りが 追ってくる・・・・・

| | Comments (2)

02/11/2009

続 マンスリーハイキング

Nobi11jpg1111 自然と 歴史を 感じる

野火止用水 沿いを歩こう

歩行距離=約8km~約2時間

西武鉄道企画の ウォーキング・ハイキング (月=2回)

マンスリー・ハイキング(月2回)に 参加し始めたのが 昨年の

9月からで早くも 半年のになりました ウォーク・ハイキングは

駅前スタートで 受付を済ませて コースの要所要所にスタッフが

配置され 又誘導の赤い⇒が 所どころに 設けられていますが

マンスリーハイキングには それらが一切ありません 唯コース

マップだけを 頼りに歩く オール・フリーです、 この両方共に

我が儘な当方には ピッタリ合っていて 参加しています。

さて 前に行く 集団のハイカーを 追って出発です。

Nobi22jpg2222 東 大和 南公園

天気晴朗なれど 北風 ヒュウヒュウと

公園の木々も 大きく揺れて体感温度も低い

東屋の奥に 戦争遺跡の「 日立航空機 立川変電所跡 」が

今なお 歴然と 残っています・・・・・

Nobi33jpg3333 野火止用水 歴史環境 保全地域

真冬の さむざむと した 雑木林

枯葉がすっかり落ちて 見通しがとても良く

たゞ かわいた風の 音だけが 吹き抜けていく。

Nobi44jpg4444 都立 東村山 中央公園

西武多摩湖線沿いを 縦長に 広がる公園

北風にずーと背中を 押された用水路散策も

ゴールの萩山駅近くの ここにきて やっと柔らかで 淡い白と

ピンクの 紅白梅が 仄々とした 暖色で 迎えてくれました

幸せいろの 黄色い電車が アングルの中に 擂りこまれ

春まだ浅く 遠けれど 僅かに誘う 春の兆しが 視えてくる・・

 

| | Comments (0)

02/03/2009

大都市 新宿

Sinnaajpgaaaa 久しぶりに 新宿駅に 降りる

目前の大きな 画面は アルタ です

タモリさん の笑っていいともは 予約制で

スタジオに 入るのは無理なようです。 

西武グレープ 探索さんぽの 案内を頼りに 新宿近辺を 

ぶらり ウォークしてみます。

Sinnbbjpgbbbb 小泉八雲 記念公園

イギリス人で在り乍ら 松江で小泉セツと結婚

日本に帰化し 明治29年から 新宿で

暮らし明治37年「 ああ 病気のため・・・・・ 」と 悲愴な

一語を残し 54歳で 帰らぬ人となった由 公園の真ん中で

端然とした胸像が みえます。

Sinnccjpgcccc 東京水道 発祥の地

大都市東京を 縁の下で支えてきた 止水弁

高層ビル群 住友ビル中庭に 静かに

佇んでいます。   淀橋浄水場の あの巨大な広場は

今 どこに の 想いでしょうか。

Sinn11jpgdddd 東京  都庁

わずか 四コマの画像ですが アルタから

スタートして辿ると 新宿御苑~花園神社

永井荷風旧居宅~坪内逍遥旧居宅~小泉八雲公園など有名な文学者

が 多く住んでいた街を進み 西武新宿駅近くの ハングル文字が

並ぶ 看板が目立つ職安通りに入り 山手線のガードを 潜ると

西新宿中学校在り 間もなく新宿署、その前を通って 都庁前の

中央公園に ゴール !! 歩くこと  約14km~4時間

中央公園から望むと 屹立した 白亜の都庁は 若芽が微かに覗く

梢の群から透けて視え 冬独特の冴えた眺めになって映えてます。

| | Comments (4)

« January 2009 | Main | March 2009 »