« February 2009 | Main | April 2009 »

03/25/2009

マンスリーハイキング 3月

Kume11jpg1111 野火止用水と 黒目川沿いを歩こう

久米川駅~野火止水車苑~黒目川~東久留米駅

約8km~2時間     表題に地元の 

黒目川とあれば 是非 参加しなければと スタートの久米川駅に

久しぶりに 降りると 駅前は 旧態 依然 いい意味で

変わっていない 下町の風景が そのまま 残っていました。

Kume22jpg2222 恩多 野火止 水車苑

1782年~1951年(昭和26年)

上流で堰を止め 導水し 水車を回して

精米 精麦と 製粉の動力源として 利用されていた その水車が

今も 素朴な苑で 実際に 静かに回転してます。

Kume33jpg3333 東村山 運動公園

今は山中 今は浜と 幾千里の 旅を終え

此処 公園の一郭に 端然と しています

でも 轍が 今にも動きそうで 往年の 勇姿を忍ばせて

出番を 待っているようにも 見えてきます。

Kume44jpg4444 黒目川  = 東久留米市 =は

映画 『 河童のクゥと 夏休み 』

一躍有名になり 物語は 小5の上原君と

川から持ち帰った 大きな石の中から 出てきた 河童の子供

「 クゥ 」との交流を描いた ファンタジーで 遺跡や 緑地に

恵まれた その黒目川沿いに ウォーク群は 出てきました

今年は ひよこのような 大きさで 薄ねずみ色で 目が赤い

ヒクイナ と云う 珍鳥が川に生息していて 人気を集めています

見上げると フジ桜が 晴れ晴れと 咲き始め 地元で御馴染み

川沿いの風景が 視野の先で 細長く蛇腹のように 延びてます

| | Comments (2)

03/18/2009

マンスリーハイキング ア・ウイークデー

Miya11jpg1111 早春の 宮沢湖を 歩こう

飯能駅~宮沢湖~高麗峠~飯能駅

約9km~2時間半 やゃアップダウンあり

春を待ちかねる想いか ウイークデーながら 大勢のハイカーが

順次 駅構内より スタートして行く 飯能市街から 緩やかな

上り坂を 30分も歩くと 早やくも 宮沢湖畔が視えてくる。

Miya22jpg2222 周囲は 緑の樹木に 覆われて

今は釣り人の ボートも多数で 湖の周りは

ふれあい なかよし ピクニックと 各広場が

散在し 家族ずれの ハイキングコースとして 親しまれています

Miya33jpg3333 宮 沢 湖

湖は名栗川の水を 導き入れた 人造湖

ゆっくり湖の ほとりを 散策したあと

道は 少し上り坂になって 高麗峠へとつづく 標高は二百米にも

満たないが 展望がよく快適で じんわりと額に汗が滲んできます

Miya44jpg4444 新武蔵丘 ゴルフコースの 脇道 

山裾の小道に 円い網のトンネルが 続く

たぶん ゴルフのボールが ハイカーに危害を

加えない 配慮のような気がします。

《 今回のハイクは まるで飯能駅から 宮沢湖に向けて投げ縄を

放ったようで その円錐形の縄を えどるように辿ってゆき湖畔に

漂う 清涼な空気を吸い そして適度な 登り下りのある 山道で

森林浴も楽しみ スタートと同じ所のゴール飯能駅に戻ります 》

  辺りは 雑木に埋る なだらかな斜面の道で トンネルの

天井に 積もる落ち葉が 風に吹かれて かさかさと

侘しく 鳴いて ひびきます・・・・・

| | Comments (2)

03/11/2009

公園 めぐり

Ina11jpg1111 武蔵野の 春をさがしに 智光山公園へ

稲荷山公園駅~智光山公園~新狭山駅

約12km~約3時間~ほぼ平坦な道

駅前受付で記名して 係りの人から 黄色のリボン とマップを

受け取り スタートです 今朝は北風がひときわ強く 何を好んで

この冷たい風の中をとの思い でも 柔らかな太陽の 日差しが

見えて来ました 『 北風と太陽 』 どちらが勝るのか?

Ina222222 県営狭山 稲荷山公園

米軍から 返還された 基地跡地を整備して

アカマツや コナラなど 緑を残し

日本の花の王者 さくらの名所としても 有名な公園です。

Ina33jpg3333 狭山 へら鮒 センター

長方形の池の四方から 釣り竿が延びている

太公望は 平和を絵に描いたような 風景です

釣りは俗に  鮒に始まり 鮒で終わると  云われ 

究極の趣味で 規定も厳しく たぶん プロ級の人達が集まる 

此処は 格好の場所なの かも知れない。

Ina44jpg4444 智光山 公園

水鳥の池や ひょうたん池の 周りは

野鳥の宝庫 バードウォッチングの メッカ

まさに 今 カワセミが現れていて その生態を 十数台の

太い望遠レンズが 三脚の上で並び 撮影中です 青緑色の背中

茶色のお腹 宝石の翡翠と書くカワセミ 一人の親切な愛好家から

レンズを 覗かせて頂きました 空気がいいと人の心も 和やかだ

太陽も高くなり 日の光に水面が キラキラ輝いて 円い鏡の池に

空の色が しだいに溶けて 染まります・・・・・

| | Comments (2)

03/04/2009

ウォーク ウォーク

Neri11jpg1111 早春の名刹と 湧水の公園を 歩く

西武鉄道 京王電鉄 合同ウォーク

練馬高野台駅~長命寺~石神井公園

大田黒公園~善福寺川緑地公園~高井戸駅(京王井の頭線)

約12,5km~約3時間    この所ウォークの前日は必ず雨で

今日も 雨はすっかり上がっているが 空はどんより曇っています

先ず出始めに 『東の高野山』とも呼ばれ 武蔵野三十三観音霊場

第一番札所で開山は 慶長18年(1613)の 東京都指定

文化財と成っている 長命寺に お参りしまっす。

Neri22jpg2222 石神井 公園

大河のような幅広の池を 囲むように拡がる

公園は年に 何回か訪れる 憩いの場です

今年は 白鳥が 飛来したとのことです。

Neri33jpg3333 井草森 公園

昨今やっと ウォーキングの 楽しみが

充実して来たような 感じがします

最初の頃は スタートすると 簸たすら ゴールに向かって

我武しゃらに歩き どんどん群れる人達を 抜いて 水分補給も

信号待ちに あたふたと飲んだりで ホント修行のようでしたが

今は人の休む所は 腰を下ろし 周りをゆっくり観る 花を探し

鳥の声を聞き 土の匂いを感じ  時間をたっぷり掛けての

ウォークに変わりました。

Neri44jpg4444 大田黒 公園

ドビュッシーや ストラヴィンスキーなどの

作曲家を日本に紹介した 大田黒元雄氏邸宅

現在は寄贈され 杉並区が 管理運営しています

正門を入ると 石畳の小道が 茅葺屋根の門まで続き それを

潜ると日本庭園が 個人の庭らしい 蒼然とした古式豊かな面影を

今でも残す風景と成っていました     此処で一休みして 

マップを見ると あとゴールまで 2,5km位のようです。

余談ですが 

「 君 もう何週も続いているけど マンネリと思わない 」

「 思います 」

「 少し目先を 替えたら 」

「 そうですねェー 」

「 歩くって そんなに 楽しいの 」

「 楽しいです 」

自問自答してます

| | Comments (2)

« February 2009 | Main | April 2009 »