« March 2009 | Main | May 2009 »

04/29/2009

芝桜

Hitu11jpg1111 秩父 羊山公園 芝桜の公園

西武線=西武秩父駅下車~徒歩15分

芝桜の広さ (約16,500㎡) 9種類

40万株が植栽されてます

池袋発 全車指定席の 特急レッドアロー号は 1時間20分で

秩父駅に着きます 芝桜の時期に限らず 西武のハイキングコース

に、なっているので 年間を通じて 羊山公園には 良く来ますが

このゴールデンウイークで 最も成熟した 花のアートの彩りを

添える この時期に 来たのは初めてです。

Hitu22jpg2222 芝桜の 開花時期には 合わせて

全国から 百万人の観光客が 訪れるとか

隣接された 秩父路の特産市が 開催され

お食事処 農産物 工芸品など お膳立ても万全で 魅力一杯の

会場になっています 武甲山を背に 木立の中のベンチに 腰を

下ろすと 何時までも いつまでも 長居ができてしまいます。

Hitu33jpg3333 こんもり 緩やかな 丘陵

あますとこなく 広がる 赤 白 ピンク

それぞれの 小さな花が 地面を

這って 埋め尽くし どの小道にも 蜜による アリのように

人々が 列をつくっています。

Hitu44jpg4444 西武 秩父駅

華麗なる 芝桜の丘を あとにして

微かに 花玉を残す 八重桜の並木を抜け

木漏れ日の散策コースを 辿りながら 下りきると 秩父の駅に

着きます 秩父といえば 秩父夜祭~屋台と花火 そして札所など

名刹の数々 また温泉に自然と 活気に満ちた 観光スポットの

秩父が 今日は曇天のせいか 駅前は静かで 一本の大木が

やけに目立ち 煙るように霞む山々が ひどく寂しく ひなびた

山里の駅のように 映ります。

 “ そんな秩父 何度でも 来たくなる秩父 ” 

『 まもなく池袋行き 特急レッドアロー号が入ってきます 』

  アナウンスが 低い軒先から ながれてきました。

| | Comments (0)

04/22/2009

西武沿線の 山々を 歩く

Yama11jpg1111 西武秩父線 開通40周年

記念ハイキング 飯能駅~高麗駅へ

( 天覧山~多峰主山~高麗峠~巾着田 )

約12,5km~約3時間半 アップ ダウン が つづくコース

天覧山は 何回も 登りましたが 多峰主山( とうのすやま )

海抜271mは 初めてです 陽気は すこぶる良くて 初夏の

ような清々しい 登山になりました。

Yama22jpg2222 高麗 峠

りが あれば 下り坂 もある

180度の パノラマの 見晴台もあって

歩く あるく ひたすら歩く そして此処に 吹く風も爽やかな

草原の オアシスが 待っている~

Yama33jpg3333 あい あい 橋

高麗川に 掛かる 木造りの橋

奥武蔵 自然歩道を 下りきると

高麗郷民族資料館が 橋の袂にあり ホーホケキョ ケキョ と

何処からともなく ウグイスの 声がする。

Yama44jpg4444 巾着 田

お馴染み マンジュシャゲの 高麗郷

高麗川の清流が 巾着のように 回るく囲む

自然が一杯の 空間広場 今は ジュウタン のような 黄色い

菜の花と 小高い山裾に 淡い花色になった 土手の桜並木が

田んぼに 沿って 縁取っています。

吸い込まれそうな 田園風景も画竜点睛を 欠くごとく欲をいえば 

絵の具で塗ったような 青空に白い雲のひと筋を 描きたくなる!

 山があり 草原があり 水辺があって 花がある

柔らかな 日ざしのなかで 菜の花の 淡い香りが ふんわりと

風に乗って漂ってくる~

快適なハイクも 鹿台橋を渡ると 高麗駅は すぐ近い。

| | Comments (0)

04/15/2009

公園を ウォーク

Sya11jpg1111 都内の オアシス 散策

桜が舞い散る 石神井川を沿って

自然豊かな 石神井公園から 善福寺公園へ

スタート 練馬高野台駅構内で マップを受け取り 駅を出ると

直ぐに 石神井川の流れが見えて 水面までが深く いかに水量が

無いのかが分かるが 一度大雨が降ると 一気に水かさが増して

よく洪水のニュースを 聞く事がありますが その水面に向かって

見事に咲く桜が 枝を傾げています。

Sya22jpg2222 石神井 公園 

幅の広い池は 道路を挟んで三宝寺池があり

カワセミ メジロ等 水鳥も多く また

岸辺には ヨシ カキツバタ等 様々な水生植物が 自生していて

四季を通じて 気軽に散策できる 場所です。

Sya33jpg3333 善福寺 池は

「上の池」と 「下の池」の 両岸に桜一杯

ゆさゆさと 大木の桜が 堂々と

諸手を 開げて 歓迎しています。

Sya44jpg4444 善福寺 公園

石神井公園の 三宝池と 井の頭池と

並ぶ武蔵野 三大湧水池の ひとつで

川から 池へと 水を巡っての散策 さしたる目的もなく 深く

考えるのでもなく たゞ マップを片手に 歩くだけ これは

「哲学」の意味は よく分からないけど 何やら「哲学」に通じる

ものが在るのかも知れない。

今やウォーキングの講習なども あるようだけど そんな決め事や

強迫観念で歩くのは 私には 向かない。

公園には ウォークの人を含めて 老若男女 其々が融和し

楽しんでいて 行き交う人の 何気ない風景が

映画のワンシーンのように 見えて来ました。

| | Comments (2)

04/08/2009

お花見

Ue11jpg1111 上野公園 動物園 前

今年は3月の末が 桜満開との 予報が外れ

4月初めの 週末が 桜花爛漫となり

お花見なら 全国区の上野へと出かけました    桜の時期は 

卒業 入学 入社式など 悲喜こもごもで 其々の想いを胸に 

それは 学校の校庭であったり 川の土手 公園だったりと

多くの場所で 桜は 無条件に 人々を幸せにします。

Ue22jpg2222 見渡せば 何処も さくら 桜で

人の波は増すばかり 競って咲く 花群を

そーと よけて 見上げると

品のいい 桜の花びらが 青い空に向かって 弾けています。

Ue33jpg3333 夜桜の 宴会を 待つ 桟敷

飲んで 食して 語って 唄う

心も躍る 楽しい 集いが 待っています

散り際の 美しさを 感じながらの 至福のときが 目の前に~

Ue44jpg4444 上野恩賜公園 入り口

上野の お寺の鐘が 鳴りひびき

日もトップリと 暮れて

月も 穏やかに 顔を出し 盛り上がった宴も すっかり

闇に包まれて  たヾ 入り口の 桜花だけが 

こぼれるように わずかな 光の中で 揺れてます・・・・・

| | Comments (2)

04/01/2009

ウォークは 横浜へ

Yoko11jpg1111 開港 150年の 横浜を歩く

西武鉄道 東急電鉄 合同

横浜駅~赤レンガ倉庫~山下公園~中華街

汽車道~ランドマークタワー~横浜駅  約10Km~約2時間

今回は異色の企画で 六大都市のひとつ 東京湾に面し 神戸と

並ぶ 貿易港を 見学できる ウォークで ほんとうに 久しく

14年ぶりの横浜を 楽しんで来ました。

曇天の空と 赤レンガ倉庫を 手前に ランドマークプラザ 

などが 少し霞んで 広がって 見えてます。

Yoko22jpg2222 横浜港  大さん橋

目の前に 国際豪華客船が 停泊中

何時の日か 世界一周クルーズへ・・・

また対岸には 1961年5月 横浜開港100年 記念事業の

一つとして係留された 横浜港の シンボルとして 市民に

親しまれてる 氷川丸が 150周年を 迎えようとしている。

Yoko33jpg3333 横浜 中華街 善隣門

日本最大規模の 中華街 約500m四方に

料理 雑貨 土産店が 500軒 以上とは

順調だった歩みも 此処でピタリと 止まり昼食の 場所を探して

路地に入ると どうみても 同じように見える お店が軒を

連ねています   そして中華街独特の 雰囲気は 

エキゾチックそのもので 鮮やかな彩色の渦に 

一溜まりもなくのみ込まれて しまいました。

Yoko44jpg4444 汽車道  から 望む

コスモクロック21 観覧車と

グランド インターコンチネンタル ホテル

汽車道は 旧国鉄廃線跡を 整備して 新港地区と 桜木駅を

結ぶ遊歩道で 鉄橋の橋梁も そのまま残っています

昼下がりになって やっと朝から ずーと上空を 覆っていた雲が

切れ始め 少しずつ 晴れ間が広がってきました

潮の香りを間近に 歴史と レトロ そして高層ビルの 林立と

時代の最先端をゆく 文化都市横浜は 開港150周年で

ほんとうに熱い想いを感じる 今迄に無い 一味違ったウォーク

でした。   遠く  コスモクロック 21 が 

            ゆったりと 時をきざんで 浮いてます。

| | Comments (2)

« March 2009 | Main | May 2009 »