« ゴールデン・ウィーク は | Main | 水郷の城下町 »

05/19/2009

庭園 日本一

Adati11jpg1111 足立 美術館 = 安来市

山陰線で ひと際 輝く 庭園美術館

出雲空港から バスで25分 松江に着き

松江から特急で ひと駅15分で 安来駅へ そこから無料バスが

出ています   『 庭園も また一幅の 絵画である 』 は

足立美術館の創設者 “足立全康” 氏の言葉です

名園と横山大観をはじめ 川合玉堂 上村松園 など近代日本画壇

の作品 1300点収蔵し また 北大路魯山人の「 陶芸館 」など

美術館としての調和が絶妙です 帰省すると必ず立ち寄りたくなる

安らぎの空間へ 今回も入館しました。

Adati22jpg2222 春 の 庭園

館内に入り 先ず眼に移ろう 景色です

赤松ごしに 生きいきとした 萌える緑と

青空に浮かぶ雲と 白砂の コントラストが 素晴らしく

新たな期待感に 心が 弾みます。

Adati33jpg3333 春の 白砂 青松庭

池に映る松影 さつき 大小の庭石 白砂と

点在する黒松が 最高のバランスを 保って

他にも床の間の 壁をくり貫いて あたかも 山水画が掛かって

いるかのような日本間や 苔庭 茶庭 築山と泉水を配した池庭と

春夏秋冬に依って 変わる50,000坪の庭園が 見所です。

Adati44jpg4444 枯 山 水  庭

自然の山々と 人工の庭園との 調和が

最も美しい 足立美術館の お庭です

濃淡さまざまな 緑の群集は 少しカメラの角度を ずらすだけで

微妙に変化し その雄大な大自然の 風趣を生かし 枯山水の庭が

立体絵画のように くっきりと浮き彫りになって 眼に焼きついて

来ます。  何故だろう この庭園の 飽くなき魅力は 頭の中で

庭の風景が 写真のコマ送りのように 巡っていくうちに 心が

だんだん 透き通って いくのが 不思議な きがします。

|

« ゴールデン・ウィーク は | Main | 水郷の城下町 »

Comments

お帰り前は ココでしたか。
まさに「一幅の絵」のごとき庭ですよね。

たしか 床軸風の小窓越しに庭が絵のように
見える場所もありましたよね。

天候もよくて、美術館の内外を堪能された
ことでしょう。

見ていてこちらも いい気分です。

Posted by: ONSAI | 05/21/2009 at 17:23

>ONSAIさん、こんにちは!
いつもコメント、ありがとうございます。

 沈みゆく光の輝きを追いながらお二人のシルエットが唯 
静かに黙って見つめる 実にロマンティックですねぇ 

そして其のながれから自然に『ラウ』のお店を
紹介されていますが成る程と感心しています。

>足立美術館の庭園はとてもお天気が良くて
床の間のくりぬき絵が実に鮮やかでした。

また日曜日にはお逢いできますが、どうぞ宜しくお願いいたします。

Posted by: 亀の歩き | 05/22/2009 at 10:28

かんかわ から お邪魔しましま!!!

Posted by: くまとり | 05/24/2009 at 12:59

遠路 お疲れさまでした。
”ご親戚代表”として、亀の歩きさんが
その場に座っていてくださるだけ 落ち着き
がありました。

ようこその お参りでした。m(__)m

Posted by: ONSAI | 05/27/2009 at 18:31

>ONSAIさん、おはようございます!
いつもコメント、ありがとうございます。

大阪はまだまだ、拭えどもぬぐえども
悲しみは湧いてくると思いますが、
ごいんげさんの、お蔭でみんなが、ひとつになっての
法要が出来たと思いました、
大へん良い時間を共にして頂き、ありがとうございました。

Posted by: 亀の歩き | 05/28/2009 at 09:45

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ゴールデン・ウィーク は | Main | 水郷の城下町 »