« 西武沿線 マンスリーハイキング 6月コース | Main | 西武ドーム を 望む »

06/23/2009

奥武蔵野 の 山歩き

Ki11jpg1111 西武秩父線 開通 40周年(第3回)

記念ハイキング 武蔵横手駅から 吾野駅へ

長念寺~越上山~諏訪神社~顔振峠

約 12,5km~ 3時間半  手軽なハイキングで 楽しんでいる

西武鉄道の 企画 第3弾です コースの中心に位置する 越上山

(おがみやま)は 標高566mで 灌木の茂る山道は 沢があり

急坂ありで 初心者として始めて経験する苦渋の登山になりました

Ki22jpg2222 武蔵 横手駅

電車が着く度に どっと押し寄せるハイカー

土曜日で 参加者は 2、000人 との事

曇天ながら 青葉が茂る 柔らかな稜線が 目の前に待っています

皆の口癖は『 健康のため 』とか“ 健全なる精神は 健全なる

身体に宿る” とにかく 大勢の人の後について 歩き始めます。

Ki33jpg3333 人ひとの 行列 ラッシュアワー

瑞々しい 杉林の 木立のなかで

立ち往生で 困惑気味の ハイカー

この先にある 2箇所の沢と 急坂が 控えていて 手間取って

居るのか? 何しろ 一列縦隊なので 動きがとれない

焦らず 弛まず 深呼吸をして 待つしかない。

4444 頂上も 真近で 木の根っこの 階段が現れ

見た目より急坂で 道とはいえぬ 難所です

動きが緩慢になり 此の辺りで グロッキー

繰り返し 上下する坂の 山道コースや 峰々 鄙びた山村の

佇まいも 視えたり 道のりは遠いけど 深い森林の オゾンを

ふんだんに浴びながら やっと ユニークな ネーミングの

“顔振峠” 平九郎茶屋に 辿り着きました。 

小休止しているうちに スッカリ 汗もひいて 

腰を上げて 見渡せば 梅雨の空は うす雲に 覆われ

遠く向き合う 山々が 煙るような青霞に 包まれてます。

此処からは 緩やかな 繁みの尾根を 下るのみ・・・・・

|

« 西武沿線 マンスリーハイキング 6月コース | Main | 西武ドーム を 望む »

Comments

なんと、都会地では杉林の中でも大渋滞ですか…(^.^)

でも、鮮やかな緑に包まれたラッシュは
グリーン・ラッシュ。

深呼吸もさわやかだったことでしょう。

Posted by: ONSAI | 06/24/2009 at 22:03

ONSAIさん、こんにちは!
いつもコメント、ありがとうございます。

恒例の大行事 温西会は、快い緊張感でさぞ、
ご満足のことと思います

此のところ、くる日もくる日も雲の多い日が続き、
今朝も役目のように、一降りして雨が通り過ぎてゆきました。
 
当方、相変わらずハイクに精進?しています、先日は一寸、
アップダゥンのある少し登山らしい、目先の変わったハイクでしたが、
文字どうりのグリーン・ラッシュでした
 団塊世代の一面が大きくクローズアップされたような場面で、
皆さん健康志望が強く、改めて自分の背中を見てるような気がします

Posted by: 亀の歩き | 06/25/2009 at 10:03

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 西武沿線 マンスリーハイキング 6月コース | Main | 西武ドーム を 望む »