« 都営交通 都電で スタート | Main | 子供たちの 夏 »

07/15/2009

飯能から 順に 秩父を結ぶ 山歩き

Ya11jpg1111 西武秩父線 開通 40周年 (第4回)

記念ハイキング 吾野駅~西吾野駅へ

瀬尾~八徳~高山不動尊~関八州見晴台

約11km~3時間  各駅停車で吾野駅に着くと 丁度10時

お天気は 梅雨独特の 灰色の雲が包んでいて 時折ハイカーに

ライトを 当てるように 太陽が サート にじり寄って 又雲の中に

消えていくが      山登りは天候が多いに 影響するので 

雨が 降らないだけ ラッキーで  今回の 見晴台頂上は 

海抜771mと 徐々に山も高くなり 多様のアップダゥンを

体験する事になりました。

Ya22jpg2222 空色のアーチ型で 高台に位置する 吾野駅

先月(第3回)のゴール 地点の駅で

周囲の深い緑に 囲まれています

駅から 急な石段を降りて アスファルトの道路に立って

さぁ 「 どの山に 登るのかなぁー 」と

期待感で 山々を仰ぎながら 歩き始めます。

Ya33jpg3333 緩やかな 沢沿いの道を 歩いて 愈々

急な上り坂に入ると どーと 汗が出始める

スタートして1時間半 ろの字になった急坂

何時もの 立ち往生 どうにも動かない 前のベテラン風の方が

「 富士登山も こんな状態ですよ 」と 話しかけてくれます 

でも 連続の急坂を 休みなく登る苦痛を 此の渋滞が 緩和して

くれてるのかも!! 鬱蒼とした木立の中なので 直射日光を

浴びないので安心 唯 不思議なことは 音が全くなく静かです 

杉の木が 急な斜面を 根元から 器用に

匙を曲げたような形で 屹立しているのが お見事です。

Ya44jpg4444 苦しさと辛さに耐えて 這うように やっと

頂上に立てばホットした爽快感が全身に走る

視界は 360度 今日は梅雨の さ中で

灰色に靄っていて まるでモノクロームの景色ですが 条件が

良ければ群馬の山並みや 冨士 新宿新都心まで 眺望が楽しめる

小半時 休んで下りに入り まるで坂を 転がるようまっしぐらに

降りたような気がします 集団だから 前の人に自然と間隔を 

開けてはならじと 一所懸命です 無我夢中で やっと大きく息を

吸い込んだ時は 清らかな渓流に沿う 西武線 西吾野駅の近くに

降りていました。  何処からともなく ホーホケキョ ケキョと

間延びしたウグイスの 声が聞こえてきます

 関東地方は昨日 梅雨明けが 発表になりました

この辺りも ほどなく 蝉の声に変わる事でしょう。

|

« 都営交通 都電で スタート | Main | 子供たちの 夏 »

Comments

苦しさと辛さを超えて 登り立った頂上の
空気は その人にしかわからない爽やかさが
あるんでしょうね。

潤いが満ちているのでしょうか。
今回の写真の緑は 鮮やかさが格別です。

そう、まるでアナログTVが地デジTVに
なったみたいに…。

お疲れさまのビールも さぞや 美味しかったことでしょう。^^;

Posted by: ONSAI | 07/15/2009 at 15:35

ONSAIさん、おはようございます!
何時もコメント、ありがとうございます。

各地で梅雨が明けました、太陽がカーット照り付けて
暑い夏の到来です。

>お聴聞、『百人会』、お取次と 濃密な4日間 
一気にブログも  5連続アップで もう
、ロックで冷やすしかありませんねぇ~

私も山から帰るとすぐ写真をプリントして、其れを眺めながら、
蒸発した水分を充分すぎるほど補給しています。

そうそう EASYモバイル、らくらくホンVには
対応していないそうで残念です。

Posted by: 亀の歩き | 07/16/2009 at 10:00

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 都営交通 都電で スタート | Main | 子供たちの 夏 »