« 東大和商工会 青年会 ウォークイベント | Main | 納涼 夏祭り »

08/12/2009

霧雨に 煙る中の ハイキング

Ame11jpg1111 西武秩父線 開通 40周年 (第5回)

記念ハイキング 西吾野駅~正丸駅へ

子床橋~柿ノ木峠~子の権現~正丸峠

約 11km~2時間50分

御馴染みの 飯能駅を起点に 4月から( 月1回 )10月迄

第7回に亘って 西武秩父駅を結ぶ リレーハイキングは 後半に

入りました  天気予報は 曇りでしたが 生憎の小雨で 雨中の

山登りは滑るので 厳禁の筈でしたが 気が付くと 人波の中に

入り 歩き始めて いました。

Ame22jpg2222 柿 ノ 木  峠

細かい雨が 止み間なく 傘を差しての登山

傘を持つ余裕がない帽子は汗と雨でぐっしょり

何時もと違って 列が かなり乱れています 眼鏡さえ 鬱陶しく

感じ始めるが 忘れてはいけない デジカメのシャッターを

適当に押して 周りの人の ペースに合わせて登ります。

Ame33jpg3333 子の権現  =  天龍寺

霧に咽ぶ 赤い仁王像が 迎える参道

標高640m 辺りは薄暗く 霊験あらたか

子の聖は 天長9年(832)子の年 子の月 子の日 子の刻に

生まれ 湯殿山で 徳を積み 延喜11年(911)に 

ここ 天龍寺を 創建された事に 始まります。

Ame44jpg4444 鉄の わらじは 金の色

子の聖の 尊像は 足腰守護の 神様として 

広く信仰されてます   尚 『 子 』には

物事の始まり 全てのものを 生みだし 育む 大本の意味が

あるとの事です    そもそも足腰を 鍛えるために 始めた

ウォ―クと ハイキング もっと早く ここにお参りを すべき

でした   金色で ビックサイズの わらじを じっくり見つめ

健脚を願い 小さなお守りを求めて『 子の権現 』を後にします

下りは 山道ではなく 深い森林の中を 抜ける車道のようで

空は変わらず  どんよりと  薄暗い

            霧雨だ 濡れて ゆこう     

|

« 東大和商工会 青年会 ウォークイベント | Main | 納涼 夏祭り »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 東大和商工会 青年会 ウォークイベント | Main | 納涼 夏祭り »