« January 2010 | Main | March 2010 »

02/25/2010

らん展  東京ドーム

1111 世界らん展 日本大賞 2010

世界らん展委員会 読売新聞社 NHK

2010年 2月13日(土)~21(日)

ラン ラン ラン広場は 市場のような 賑わい 今年は20周年

特別企画との事 一度は「 花の女王 」を 楽しみたいと

思っていましたが やっと念願が 叶いました。

2222 日本大賞  作品

優秀賞 優良賞 奨励賞

トロフィ賞 リボン賞 その他 5 部門

数あまたの賞(約200)が 設定されていて どの賞も華やかで

美しく目移りもいそがしい ついに会場の係りの人に とにかく

一番は? と問うて此の黄金の鈴なり らんが『花の女王』です。

3333 蘭と 一緒に記念撮影

到る所に 記念撮影コーナーが 在って

茶室 しかり 和傘や 米倉涼子氏の蘭など

思い思いの ディスプレイが 延々と 並んでいます。

4444 コチョウラン

誰にでも 好かれる お馴染の 白い花

ジーと見つめていると 微かに揺れてます

5555 「 蘭の世界 」  假屋崎 省吾

ひと際 明るい ピンクが 目立つ ゾーン

何となく 笑みと 元気が 湧く

假屋崎さんの作品 ハートが いっぱい踊っている。

何時ものように 腰が重く最終日に 駆け込み入場です

19の国と 日本中から選んだ 10万株の集大成が全ての人々を 

沸かせて 種類も豊富な蘭が 10日足らずの期間を 終えようと

している今も 凛として 輝きを 増しています。

プロ野球のシーズンには 絶対に入れないネット裏に座して観れば

甘酸っぱい熟成した 蜜の香りが ほんのりと漂ってきます

まるで夢のような楽園を すっかり堪能して ドームを後にすると

微かに残香が 背に追ってくる・・・・・

| | Comments (2)

02/18/2010

少しづつの 春

Inko111111 鳥の さえずり

飼い鳥のインコが 逃げて 繁殖したのか

20数羽が 枯木に花のように 集結

それを見て スズメ達も 入母屋の瓦の上に 一列に並んで勢揃い

Innko222222 ロウバイ 此処にあり

なぁんもない カンバスのような 空に

不揃いの 花房が 踊る

Innko333333ss そっと 咲く紅梅

飾り気のない 薄紅色の花

日だまりの 休み処が 暖かい

Innko444444 小枝の密集と 競う 白梅

梅は咲いたが 桜は まだかいなと

春の花の 代表格の梅

今回は 落合川でなく 黒目川沿いを ウォークしてみました

暦のうえでは 春といっても 各地の豪雨の たよりを聞くと

まさに冬です。 黒目川沿いは 鋳物や金属で加工した

手に優しい 手摺のような柵と 一方1m位の幅の 花壇が設けて

在り 四季の花が 彩りを添えます 春まだ浅い 今は 僅かに

節分草の 白い花や タンポポが 春待ち顔に のぞいています。

| | Comments (2)

02/10/2010

ある日の 出来事

Eki111111某月  某日  東久留米駅前

現金と 預金通帳の 入った袋を 拾得

場所は 東久留米駅 東口前 路上

日曜日の お昼頃 散歩の途中 駅前ロータリー前で 

15㎝×20㎝位の ビニールで 網目のある 小物入れを発見

何か ティシュ入れのようで 一度やり過ごそうと思いましたが一寸

気になって拾って見ると 網目から 紙幣が数枚と 預金通帳が

確認できたので すぐ近くの 何時も散歩の時に 前を通る

東口駅前広場の 先にある 交番に届けました。

Eki222222 駅前交番   白い ボックス

今まで拾いものを した事は殆ど経験がなく

届けると中年で丸顔の感じの良いお巡りさんが

「 あゝすみませんが 少し時間を下さい 」と拾得物手続き用紙を

出して 大体の予想どうり見つけた時間と場所 こちらの住所 氏名

電話番号と記入して下さいとの事でした そして必要事項を当該局に

連絡と 結構時間が掛かりました。

駅前だから 電車に乗ってるか? 帰りだったら家に着いて 今頃

吃驚かも? たぶんお年寄りで 通帳もいっしょに入っているので

困っていると思います。

交番をでると単純な雲一つない青いペイントの空が広がっています。

Eki333333 小物入れ  =  類似品

午後 落とし主から 礼の電話が入る

その後 交番で聞いたのか家に訪問されました

以外にまだ若い 好青年で 日曜日で子供と ふざけながら買い物に

行く途中で 落としたとの事、   盛んに礼を 云ってくれて恐縮

その気持ちで沢山 団らん親子に 幸ひあれ!!

| | Comments (2)

02/03/2010

江戸東京たてもの園

Hana111111 都立 小金井 公園

開園 昭和29年 多摩地区を代表する公園

79万㎡ 日比谷公園の4,5倍の面積

お天気が良く 東久留米駅から バスで約40分 小金井公園に

向かいました 公園西口から入場すると すぐ左側に 江戸東京の

歴史的建造物である 農家や 高橋是清邸など 復元 保存 移築

した建物が 30棟位 並ぶ 一大ゾーンの正門が 見えてきます

『 江戸東京たてもの園 』 戦後 東宮仮寓所として 使用された

光華殿が 園の ビジターセンターになっています。

Hana222222  梅  =  長寿

野梅性八重 黄色を帯びた 白色の中輪

香りは高く 花の萼は茶色

梅一輪 一本 ぽつり ぽつりと 所どころに咲く梅はまだ数少なく

本格的に 紅梅白梅が 咲き競う 梅祭りは もう少し先になります。

Hana333333 小金井市 総合体育館

正面口の 傍で ほゞ中央に位置する館

外壁のガラス張りが 太陽の光に反射して

冬枯れの大樹を 見事に ワイド、スクリーンに しています。

Hana444444 ソシン ロウバイ = 素心蠟梅

小ぶりで 濃い黄色の 花乱れを 透かして

宇和島藩の大名屋敷 伊達家の門が 見える

小金井 武蔵野 小平 西東京市と 4っの市に 係る公園で

車道のように広い道と それでいて 林の中や芝生 何処にでも

自由に入れる 勿論 ワンちゃんOK 自転車 歩く人 走る人 皆

生き生きとしています  調子に乗って ジグソーパズルのような

8っの広場と 梅園など 5っの園を ぐるーと ひと回りして 再び

東京たてもの園の 前に来ました。

この先訪れる 梅 桃 桜 ハナミヅキと 順に艶やかに咲く 

花暦を 楽しみに園を 後にします。

       蠟梅の 乱れ透かして 屋敷門

| | Comments (2)

« January 2010 | Main | March 2010 »