« 七福神 めぐり 川越編 | Main | ある日の 出来事 »

02/03/2010

江戸東京たてもの園

Hana111111 都立 小金井 公園

開園 昭和29年 多摩地区を代表する公園

79万㎡ 日比谷公園の4,5倍の面積

お天気が良く 東久留米駅から バスで約40分 小金井公園に

向かいました 公園西口から入場すると すぐ左側に 江戸東京の

歴史的建造物である 農家や 高橋是清邸など 復元 保存 移築

した建物が 30棟位 並ぶ 一大ゾーンの正門が 見えてきます

『 江戸東京たてもの園 』 戦後 東宮仮寓所として 使用された

光華殿が 園の ビジターセンターになっています。

Hana222222  梅  =  長寿

野梅性八重 黄色を帯びた 白色の中輪

香りは高く 花の萼は茶色

梅一輪 一本 ぽつり ぽつりと 所どころに咲く梅はまだ数少なく

本格的に 紅梅白梅が 咲き競う 梅祭りは もう少し先になります。

Hana333333 小金井市 総合体育館

正面口の 傍で ほゞ中央に位置する館

外壁のガラス張りが 太陽の光に反射して

冬枯れの大樹を 見事に ワイド、スクリーンに しています。

Hana444444 ソシン ロウバイ = 素心蠟梅

小ぶりで 濃い黄色の 花乱れを 透かして

宇和島藩の大名屋敷 伊達家の門が 見える

小金井 武蔵野 小平 西東京市と 4っの市に 係る公園で

車道のように広い道と それでいて 林の中や芝生 何処にでも

自由に入れる 勿論 ワンちゃんOK 自転車 歩く人 走る人 皆

生き生きとしています  調子に乗って ジグソーパズルのような

8っの広場と 梅園など 5っの園を ぐるーと ひと回りして 再び

東京たてもの園の 前に来ました。

この先訪れる 梅 桃 桜 ハナミヅキと 順に艶やかに咲く 

花暦を 楽しみに園を 後にします。

       蠟梅の 乱れ透かして 屋敷門

|

« 七福神 めぐり 川越編 | Main | ある日の 出来事 »

Comments

週末は東京でした。
空は蒼く澄み、風は頬に突き刺すように冷たかったです。

それでも もう梅の花がほころび始めているのですね。

鉛色の空の下にばかりいると そんな景色がとても不思議で新鮮でした。

Posted by: ONSAI | 02/08/2010 at 07:14

ONSAIさん、こんにちは!
いつもコメント、ありがとうございます。

先週は上京でしたか、ちょうど厳しいい寒気で天気晴朗なれど、
寒風と冷気が、ひしひしと感じる週末でしたね、
今日はいくらか暖かい日になっています。

ONSAIさんのブログはいつも励まされたり何となく
温もりを感じる記事が豊富ですが

どうか百人会が110人120人130人と増えますことを祈っています。

Posted by: 亀の歩き | 02/08/2010 at 14:07

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 七福神 めぐり 川越編 | Main | ある日の 出来事 »