« 少しづつの 春 | Main | 春を 呼ぶ マラソン »

02/25/2010

らん展  東京ドーム

1111 世界らん展 日本大賞 2010

世界らん展委員会 読売新聞社 NHK

2010年 2月13日(土)~21(日)

ラン ラン ラン広場は 市場のような 賑わい 今年は20周年

特別企画との事 一度は「 花の女王 」を 楽しみたいと

思っていましたが やっと念願が 叶いました。

2222 日本大賞  作品

優秀賞 優良賞 奨励賞

トロフィ賞 リボン賞 その他 5 部門

数あまたの賞(約200)が 設定されていて どの賞も華やかで

美しく目移りもいそがしい ついに会場の係りの人に とにかく

一番は? と問うて此の黄金の鈴なり らんが『花の女王』です。

3333 蘭と 一緒に記念撮影

到る所に 記念撮影コーナーが 在って

茶室 しかり 和傘や 米倉涼子氏の蘭など

思い思いの ディスプレイが 延々と 並んでいます。

4444 コチョウラン

誰にでも 好かれる お馴染の 白い花

ジーと見つめていると 微かに揺れてます

5555 「 蘭の世界 」  假屋崎 省吾

ひと際 明るい ピンクが 目立つ ゾーン

何となく 笑みと 元気が 湧く

假屋崎さんの作品 ハートが いっぱい踊っている。

何時ものように 腰が重く最終日に 駆け込み入場です

19の国と 日本中から選んだ 10万株の集大成が全ての人々を 

沸かせて 種類も豊富な蘭が 10日足らずの期間を 終えようと

している今も 凛として 輝きを 増しています。

プロ野球のシーズンには 絶対に入れないネット裏に座して観れば

甘酸っぱい熟成した 蜜の香りが ほんのりと漂ってきます

まるで夢のような楽園を すっかり堪能して ドームを後にすると

微かに残香が 背に追ってくる・・・・・

|

« 少しづつの 春 | Main | 春を 呼ぶ マラソン »

Comments

読ませていただいて、こちらまで名残香が漂ってきたようです。

そのドームに球音がこだまする春は もうすぐ そこですね。

Posted by: ONSAI | 03/02/2010 at 22:02

ONSAIさん、こんにちは!
いつもコメント、ありがとうございます。

ドームのネット裏に座ったのは始めてです、
あの広いグランド一杯のランの花群は実に見事でした。
花は何方にも万遍なく幸せにしてくれます。

>百人会の前後は大変お忙しい日々だったと思います、
勢力的なご努力には、頭が下がります。

先の百人会は 弐百人会にと進言しましたが、
明けて吃驚!これは『参百人会』と改名する必要がありや 
そして読みは「お参り会」としてはと提案します。(放言御免)

Posted by: 亀の歩き | 03/03/2010 at 09:59

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 少しづつの 春 | Main | 春を 呼ぶ マラソン »