« 2010 奥武蔵 トライハイキング 第2回 | Main | ウィークデーハイク »

05/26/2010

西武沿線 探索 マンスリーウォーク

Oti111111 文人の愛した地 落合文士村を 訪ねる

下落合~せせらぎの里公苑~薬王院~

おとめ山公園~佐伯公園~目白学園遺跡

約 5㎞ 2時間半 (実際は もっと時間が 掛かります)

神田川と妙正寺川に 挟まれた下落合駅の改札を出ると 目の前が

せせらぎの里公苑で その名の如く 下水処理施設が在り 

其処から流れる 清流と 草木が豊富で 芝生も一杯 何だか

寝そべったくなるような 雰囲気の 公園がありました。

Oti222222 おとめ山 公園

いつも感じるのは 何処え行っても

大なり小なり 公園の多いことが

分かります、そして池が有り 庭園が有り 花と緑が有って

史跡がある。  詩碑の おとめ山賛歌を 読めば

    山を上がれば 林間広場 緑を縫って 小鳥とぶ

    山を下れば 泉の広場 谷の襞から 清水わく 

    先人残せし おとめ山  とある。

Oti333333 佐伯 祐三 =アトリエ記念館

画面右が アトリエ 左が ミニギャラリー

明治31年~昭和3年(1898~1928)

天才画家 佐伯祐三は フランスで パリの街を 描き続けたが

大正15年に帰国して『下落合の風景』の傑作を数々残しています

ミニアトリエは さる 2010年4月に 復元されたばかりです。

Oti444444 林 芙美子 記念館

『放浪記 浮雲』などの 代表作で知られる

芙美子が昭和16年~26年 住んでいた家

私が勝手に想像してた 清貧の人の印象は 館に入った時点で

打ち消されてしまい 逆に晩年の芙美子の 穏やかな生活様式が

しっかり伺えました。   少し傾斜になった 三百坪の敷地に

東西南北から 風が吹き抜ける家の こだわりを考慮した

数寄屋造りの 風格のある 家が 其処にありました。

Oti555555 目白 学園 遺跡

落合遺跡から 発掘された 土器や 石器が

展示された ミニ博物館

今回は文人が愛した 探索さんぽですが 割と坂が多くて 小道が

枝のように這っていました 佐伯公園が分からず マップを調べて

いると 通りがかりの人が『 どちらに行かれますか 』と聞いて

くれるのです こんなことは 初めてで しかも新宿区です

よく 人情 紙の如しと言うけど まだまだ・・・・・

文士村が いっぺんに 好きになりました~

|

« 2010 奥武蔵 トライハイキング 第2回 | Main | ウィークデーハイク »

Comments

あらら …
毎年 降り立つ下落合の駅近くに こんな場所が
あったんですね。

神田川沿いの桜並木は よくしっていますが、
新宿区にも いろんな意外な場所があるんでよねぇ。

Posted by: ONSAI | 05/29/2010 at 21:15

ONSAIさん、こんにちは!
いつもコメント、ありがとうございます。

下落合駅から中井駅にかけ15日に歩いたのですが
関東地区第2期のお参りの時期が丁度、その頃ですね? 
ひょとして、同じ電車に乗り合わせていたのかも知れません、
何だか偶然のご縁を感じます。

歩けば知っているようで知らないことばかりで、
新発見が一杯です。

Posted by: 亀の歩き | 05/30/2010 at 10:15

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 2010 奥武蔵 トライハイキング 第2回 | Main | ウィークデーハイク »