« July 2010 | Main | September 2010 »

08/25/2010

涼を呼ぶ 池の鯉

Koi111111aa 靖国 神社 = 境内

 神池 庭園

大鳥居~神門~拝殿~遊就館」と

広い境内を 辿って行くと 一番奥まった位置に 洗心亭 靖泉亭

などに囲まれ 山紫水明を 見事に取り入れた 池が現れてきます

彩り豊かな 鯉が 丸い円を描いて 風車のように廻っています。

Koi222222b_2 一本の 線に なって

まるで調教 されたような ゆるゆると流れる 鯉の遊泳。

Koi333333c 風雅な 庭園の周りは

裏千家の茶道教室も 開かれている 行雲亭

其の脇に大相撲が奉納される 相撲場も在り

池には真ん中の島を ひと回りする鯉の デモンストレーションが

視える 普通は やみくもに餌を 取り合う鯉達だが 此処の鯉は

ひと味違います まるで 演技をしている如く 縦隊の列を守り

池の中を縦横に 優雅なショーを 演じています。

くらくらする 陽射しの中 あでやかな 鎖のように繋がる

鯉たちに 目を奪われて しまいます。

| | Comments (2)

08/18/2010

あつーい 一日

Ya111111 全国戦没者 追悼式 式場

      武道館

  65回目 終戦記念日

            平成22年 8月15日

 天皇陛下の お言葉

『 全国民と共に 戦陣に散り 戦禍に倒れた人々に 対し

心から 追悼の意を表し 世界平和と 我が国の一層の

発展を祈ります 』

Ya222222       

折しも牛ヶ淵水面を びっしり埋める蓮の花

旧江戸城 田安門を くぐり

靖国通りを 跨ぐ歩道橋を 渡ると 靖国神社に至る

    《 蒲の穂は なびきそめつつ 蓮の花 》

             芥川 龍之介

Ya333333      靖 国 神社

左側の大手水舎で 手と口を清めて

私がいつも シンボリックに 撮る 神門

門を入って 拝殿前は 大勢の人のお参りで 長い列が続き

参集殿より 靴を脱いで 本殿に上がり 参拝をしました

Ya444444 外苑 休憩所

高級な レストランの お店と違って

昔懐かしい 茶店のような 雰囲気の場所

めったに 食べない カキ氷の 赤いイチゴ 黄色のレモン 

白いミルクと 有るなか 結局 氷あずきを 選び 外の長椅子で

色々の事を 想いながら 匙をはこびます。

うしろの繁みの中から 蝉の声が 一瞬の隔世を 促すように

はげしく 耳に響いて きます。

| | Comments (2)

08/11/2010

恒例 夏まつり

A111111 『 ひ ば り 祭り 』

主催 ; ひばり祭 実行委員会

会場 ; おまつり広場 西友駐車場

西武池袋線 ひばりヶ丘駅前で 平成1年から始まり 今年は

22回目のひばり祭です。 昼間は「 保谷太鼓 」 「 天装

キャラクターショー 」 「 BIGドリーム、クイズ 」など

夏休みの子供達 人気番組で盛り上げて 夏の日の暮れずむ頃には

会場に向かう 恒例 阿波踊りの お囃子が聞こえてきます。

A222222 阿 波 踊り

たなし連 久米川連 飛舞妓 花菱連

雲雀連と 次々に華やかな 演舞がつづく

A333333 地元 雲雀連を初め 五つの連が

かね 太鼓 笛 得も云えぬ お囃子に 

胸躍らせ 雰囲気は 絶好調

A444444 連日の晴天続きで 炎熱 地を焼くが如し

暑い夜に 阿波踊りの 熱演は

納涼の人々を 魅了して

駐車場 アスファルト上の 舞台で 弾けてます。

壊れゆくものの 多いなか 真夏の夜の風物詩

阿波踊りに どっぷり身を委ねて 時を忘れる・・・・・

| | Comments (0)

08/04/2010

暑い夏 ある日の出来事

Ot111111 『 わくわく 川 あそび 』

川を きれいにして 川で 学び遊ぼう

東久留米市=落合川=不動橋広場 於いて

恒例の 川遊び行事は 今年17回を数え 午前中に河川を清掃し

午後は 川あそびに集中  好天気に恵まれ 落合川に夏休み

チビッ子達の喚声があがる。

テント村には 焼きそば カキ氷店など模擬店が勢揃いしています

Ot222222 青天井 の 空

ボート乗り 網で魚獲り

流れの なかで遊ぶ だいごみ

さすがに 湧水の清流も 川底の泥が混じって 田圃のように

なってます まさに 泥んこの無邪気な 水遊び です。

Ot333333 竹の 一本 橋わたり

精神統一して 一人づつ 渡り始める

落ちても 落ちても 挑戦する 坊やたち

落合川の流れるプール  《 わくわく 川あそび 》

ほたるを呼びもどす会 ほとけどじょうを守る会 消防署 

東京防災ボランティア協会 ロータリクラブ 等々 20数社の

参加と その他多くの 共催 後援 協賛 各団体の支援で

支えられている 夏の貴重な 年中行事になっています。

 橋わたりで はしゃぐ子らの 声消して 西武線の 電車が 

走り抜ける・・・・・

| | Comments (2)

« July 2010 | Main | September 2010 »