« 小江戸の 秋は | Main | 西武鉄道 JR東日本 共同企画 »

10/27/2010

マンスリー ウォーク 10月コース

Ko11aaaa 湧水を求めて 清らかな野川の 源流へ

JR国分寺駅~姿見の池~西恋ヶ窪緑地

くらぼね坂~貫井神社~野川~国分寺駅

          約8,5㎞~2時間半

当世風で スマートな 駅ビルを出ると 商店街のなかにある

元ボクシング 世界チャンピオン 輪島氏の 経営のお店から

“みたらしだんご”の 芳ばしいい匂いが ただよってきます。

つづいて 日立中央研究所の 広大な森が 西武国分寺線沿いに

広がり「 ピイピイー チェ チェ 」 小鳥たちの 囀りが聞こえ 

此処 研究所が 野川の始まりです。

Ko22bbbb 姿見の 池 = 恋ヶ窪

鎌倉時代 宿場町の遊女たちが 朝な夕な

自分の姿を 池に映していた事が 名の由来

透明な水の池の 底には円い マリモのような玉が 密集し

陽の光を受けて 藍色に 染めています。

Ko33cccc 王 貞治氏 = 第一号国民栄誉賞記念碑

早稲田大学係属 早稲田実業学校

昭和三十四年卒   王 貞治

恋ヶ窪緑地の こんもりとした 武蔵野の雑木林を 抜けて

熊野神社通りを 東に向かうと 早稲田実業校の前に出て 王氏の

記念碑と並び 日本宇宙開発発祥の地 記念碑も在りました。

王 貞治氏 文化功労者に選ばれる!!

Ko44eeee      貫井 神社 = 境内

国分寺崖線の 大きな岩の 間から湧く

『東京の名湧水57選』に 選ばれてる池

途中 JRのガードを潜り 東京経済大学の 敷地に沿って 急な

くらぼね坂を 下ると キャンパスの建物が 崖の所どころに

点在していて 緑の多い林の中には 新次郎池なども 在り

大学の土地の広さは 坂の下までつづいています。

神社を参拝して  しばらくは 湧水を集めて 流れる 

野川沿いを 上流に向かって歩きます。

Ko55ffff 都立 殿ヶ谷戸 公園

武蔵野の面影を 色濃くのこす

和洋折衷の回遊式 林泉庭園

ウォークはゴール目前に 国分寺駅から 2分の庭園で

ひと休みしょうと“ザック ザック”と 音も軽やかに 豆砂利の

敷き詰められた 門内に自然と 引き込まれて しまいました。

今回の のんびりウォーク 食べたり 道に迷ったりで 

約 倍の 4時間 掛かりました。

野川沿いの散策は 源流に近づくにつれ 川幅も少しづつ狭くなり

流れも 2m~1m幅と変えてゆきます  川は国分寺から 

世田谷等々力まで 標高差 2~20mほどの崖線が 約30Km

続いているそうです。 水は自然と 低きに 向かって 流れる。

|

« 小江戸の 秋は | Main | 西武鉄道 JR東日本 共同企画 »

Comments

ふむ。国分寺あたりにも こんなところが…。
おそるべし、東京。

姿見の池 には、行ってみたいですね。
自分の姿を 映そうとは思いませんが…。
水面に映る愛しき人の姿は いーでしょうね。

> 標高差 2~20mほどの崖線が 約30Km

ゆったりと、ゆったりと流れゆく河。
そういえば、わが地元 江の川も、同じくらい緩い標高差を流れると聞いたことがあります。

さて、秋は 駆け足で 逃げて始めた気配です。

Posted by: ONSAI | 11/01/2010 at 19:58

ONSAIさん、こんにちは!
いつもコメント、ありがとうございます。

>姿身の池に伝わる恋物語<
源平争乱の頃、名将「畠山重忠と夙妻太夫」が
恋におちました。しかし大夫に思いを寄せる
別の男が二人の仲を引き裂こうと

「重忠が合戦で討ち死にした」と嘘をつき悲嘆にくれた
大夫は姿身の池に身を投げてしまったといいます。

憂いを感じる秋は、たしかに駆け足で逃げ始めましたね・・・

Posted by: 亀の歩き | 11/02/2010 at 10:47

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 小江戸の 秋は | Main | 西武鉄道 JR東日本 共同企画 »