« ウィークデー ハイキング | Main | 小江戸の 秋は »

10/13/2010

真紅に燃える 高麗の里

Ki111111 曼珠沙華 公園

    巾着田

西武線『 高麗駅 』下車 徒歩15分

秋も盛りになり 身近では 小川の土手や 農家の庭先で 僅かに

認識できる 彼岸花ですが   今年も 燃え上がるような 

花群れに 引かれて高麗駅に 降りました。

駅前は 出店一杯の賑わいを見せて 巾着田までの 道中も 

産地特有の 味噌や ワラビ ゼンマイと 

加工品などの お店が並んでいます

公園は高麗川の流れと 並行して 河原を 幅広く

曼珠沙華の波が 流れのように 延びてます。

Ki222222 あい あい 橋

高麗郷民俗資料館前から 巾着田に架かる

長さ 90m 木製~トラス構造の橋

橋の上から 一望すると遅咲きの 曼珠沙華も 満開で 高麗川の

清流とのバランスが とても良い スポットです。

Ki333333 ヒガンバナ の 群生地

長さ600mに渡って 幅50mの花の帯

赤井絨毯が 視界の果てまで 浮いてます

天に向かって 真っすぐに伸びた 若みどりの 瑞々しい茎の先に

ふんわり載せた 輪状の花 其れが群生となり 余りにも

燃え盛っている ヒガンバナ そんな 朱の中に立つと 何か 

別世界にいるような 妖しさえ 感じます。

Ki444444 巾着田 = コスモス 畠

馬の蹄のように 蛇行している高麗川べりの

河原が 曼珠沙華の 群生地になり

その土手の内側を 今は盛りと コスモスが 秋風に絹のような

花びらを 揺らし がらりと変わった 田園風景に 移行しました

コスモスの原っぱを 土手の彼岸花が ゆったり 額のように

廻りこみ その先を 小高い山々が さらに囲む のどかな

山里の風景  秋色は しだいに 深く なってゆく・・・・・

|

« ウィークデー ハイキング | Main | 小江戸の 秋は »

Comments

9月に この近くへお参りしました。
その時、彼岸過ぎには…と曼珠沙華とコスモス群生の話を
聞かせてもらっていました。

こうして画像を見せていただき、「納得」&「羨望」致しました。
まさに、秋・満開ですね。

Posted by: ONSAI | 10/19/2010 at 14:17

ONSAIさん、こんにちは!
いつもコメント、ありがとうございます。

これだけ、まっかな濃い紅色群生は、
曼珠沙華 特有で高麗の里へは此処5,6年
毎年のようにウォークかたがた行ってます。

それにしても関東も隈なくご存じのようですが
近くにお参りの際には『百聞は一見にしかず』で、
ご一考をお勧めします。

Posted by: 亀の歩き | 10/20/2010 at 09:01

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ウィークデー ハイキング | Main | 小江戸の 秋は »