« November 2010 | Main | January 2011 »

12/31/2010

ウィークデー ハイキング 12月

Ko111111 年の瀬 ウォーキング

小江戸 川越の町を 歩こう

本川越駅~新河岸川~氷川神社~時の鐘~

一番街~大正ロマン通り~本川越駅= 約 7Km~2時間

小江戸川越の 玄関口 本川越駅前は かの有名な 川越祭には

ぎっしり 人 ひと ひとで 賑わう広場です。

観光客で混み合う 市街地を 遠まきに囲む 赤間川 新河岸川

沿いを 公園や 田谷堰など探り 氷川神社から 歴史と伝説の

豊富な街中に入ります。

Ko222222 川越  氷川 神社

約1500年前 古墳時代に

欽明天皇の即位 2年前に創建

川越祭 豪華絢爛な 山車行事の 起源となる 神社です。

お参りの後は 何故か お御籤を引きたくなる 庶民の神頼みは

世の常で お札や 絵馬のトンネルが目を引く。

Ko333333 時の 鐘

『 残したい日本の音風景百選 』に選ばれ

約400年前から 城下町に

時を知らせてきた 川越のシンボルです   今も一日4回 

午前6時 正午 午後3時 6時に時を 知らせています。

時計を見上げていると 丁度お昼で おりしも鐘の音が

ゴーンゴーンと6回 鳴り響いてきます 其れは お寺の鐘と

全く 同じ音で 何故か 少し複雑な気がしました。

Ko444444 蔵造りの 街並み (平成19年)に

『 美しい日本の歴史的風土百選 』に選定

蔵造りの 建物が並ぶ 蔵通り

江戸の佇まいを 彷彿させる 街並みは見事です

丁度 車の列が 途切れた所で シャッターを押しました

其れは紛れもない 江戸時代の風景で 一瞬 チョンマゲで

振り分け荷物を 背にした旅人が 駆け抜けたような 錯覚すら

感じます そんな魔術に 掛かったまま 真っすぐな 道の先

本川越駅に 着きました。

間もなく大晦日 たぶん例年どうり テレビの前で 賑やかな

紅白歌合戦を楽しみ 其れが終わると 一瞬の静けさのあと

全国各地のお寺から 除夜の鐘が 少し間を置きながら 厳かに

鳴り始める   その響きを聞きながら ゆく年くる年に思いを

馳せることに なりましょう・・・・・年々さいさい・・・・・

♢来年も 応分の 小さな旅( ウォーキング )が つづく。

| | Comments (2)

12/25/2010

西武鉄道 多摩モノレール 合同 ハイキング

Ki111111 雑木林と 野火止用水の街 新座を歩く

武蔵野線 新座駅南口公園~野火止用水~

野鳥の森~総合運動公園~新座市 西堀新堀

コミュニティセンター~西武線清瀬駅 約8,5㎞~2時間半

“元気の出る まちづくりを進める”新座市に 住民登録してる

『 鉄腕アトム 』が 10万馬力の 元気で応援してます。

この時期には めずらしい青空に 果たして アトムが飛来して

いるのが見られるか?

駅からスタートの公園へ 細長い鏡のような小川が 延びてます。

Ki222222 野火止 用水

承応4(1655)年に 川越藩主

松平伊豆守信綱 が開削した 用水路

玉川上水からの 分水で 野火止台地を経て 新河岸川に至る

25Kにも及ぶ 用水は 新座か清瀬あたりを 散策すると

彼方此方で 清らかな流れを 見ることが出来ます。

Ki333333 総合 運動公園

春は さくら 菜の花 夏は ひまわりと

『本多の森 お花畑』も在り 四季を通じて

催し物の多い エリアで 今日は新座の 特産品や 飲食物の

販売などと 甘酒の無料コーナーも有って 昼食を取る人が

沢山いました。

Ki444444 西武池袋線 清瀬 駅

東久留米市と 隣接した 清瀬は

よく利用する 駅ですが やはり周辺は

武蔵野の面影を 色濃く残しています。

ずーと 雑木の野火止用水沿いを 辿っているうちに 自然と

清瀬の駅に着きました。

ゴール受付で 今日の参加人数を聞くと 約 2千人位だとか

忙中にも閑ありか ウォーキングは 相変わらず人気です。

駅前広場は 冬の陽の 残光が にぶく 冬木立に浴びせかけ

ゆっくり 寒気が 包み初めてきます・・・

さすが 師走の 風は 冷たい。

| | Comments (0)

12/10/2010

のんびり ハイク & ウォーク

Km111111 西武鉄道 小田急電鉄 江ノ島電鉄合同

  鎌倉の 七福神を 訪ねる 】

小田急線藤沢駅~江ノ電極楽寺駅~御霊神社

長谷寺~浄智寺~鶴岡八幡宮~宝戒寺~妙降寺~本覚寺~

江ノ電鎌倉駅  約7Km~2時間半 ややアップダウン 有り

♢ 藤沢駅から 江ノ電に揺られ 車窓から 七里ヶ浜を 望むと 

ヨットの白い帆が群れて 波打ち際では サーファーが躍ってます

♢ 新しい年明け前に 先取りした 鎌倉七福神巡り 何時もとは

一寸 雰囲気の異なる 若人の目立つ その名も めでたい

極楽寺 駅前から スタートです。

Km222222 御霊 神社 ( 福禄寿 )

武勇で名高い 鎌倉権五郎景政公が 祀られ

伎楽 舞楽 田楽 など特異な お面をつけ

街中を練り歩く 面掛け行列の 行事のなかに 福禄寿のお面が

入っていて其々が 『 宝物庫 』に 安置されています。

♢江ノ電の線路沿い 踏切を渡れば 其処に鳥居が有りました。

Km333333 長谷 寺 ( 大黒天 )

天平八(736)年 開山 徳道上人

本尊の 十一面観世音菩薩は 日本最大級

緩やかな 山肌を 観音堂や 宝物館 庭園など 順々に並ぶ間を

花と緑で埋め そして 清水寺のような 見晴らしの良い 眺望の

舞台も現れて 広い敷地は 時間を 忘れてしまいます。

Km444444 浄智 寺 ( 布袋尊 )

鎌倉五山 四位の禅寺

奥まった洞窟の中に 祀られた 布袋尊

陽の光を遮り 高木が繁る深山に 茅葺き屋根の残る 庵も臨めて

庶民の信仰を 高めた事が 分かります。

♢ ************************ ♢

Km555555 鶴岡 八幡宮 ( 弁財天 )

ご存じ 源頼朝が 建立した 神社

本殿 若宮 舞殿 源平池(旗上弁財天)

等々 鎌倉の歴史を 伝える建造物が在り 正に鎌倉の

代名詞ともいえる 荘厳さを感じさせます。

Km666666 宝戒 寺 ( 毘沙門天 )

後醍醐天皇が 開基した 天台宗の寺院

本堂の中 ご本尊 地蔵菩薩坐像の

ひだり隣に 毘沙門天像が 祀られています。

また初秋から 彼岸にかけて咲く 白萩の花寺としても有名です。

Km777777 妙隆寺 ( 寿老人 )

日蓮宗 日親上人 ゆかりの寺

右手の お堂を伺うと 欅一本作りの

寿老人尊が 長いお顔を こちらに向けて いらしゃいました。

Km888888 本覚 寺 ( 恵比寿 )

永享八(1436)年に建立された 寺院

七福神の中で ただ一人の 日本の神様です

♢ 鎌倉は前に海 そして山を背にして 起伏に富んだ地形に

恵まれた街で 到る所に点在する 寺社は 枚挙にいとまがなく

それは 此れからも 何度も訪れたくなる 魅力を 更に感じる

一日でした。

♢ 藤沢駅に着くころは 足の速い 冬の陽も 陰りはじめ 

横に長い駅舎が 逆光で 影絵のように 映って見えてきます。

| | Comments (2)

12/01/2010

西武鉄道 JR東日本 多摩モノレール 共同開催

Mo111111 秋の多摩湖畔と 玉川上水 散策

多摩モノレール上北台駅~狭山緑地~多摩湖

狭山公園~東京都薬用植物園~

こもれびの足湯~玉川上水駅   約12Km~ 約3時間

去りゆく 晩秋も 今日は心地よい 小春日和に恵まれ 

終着駅でもあり 始発駅でもある 多摩モノレール

上北台駅から スタートです。

Mo222222 狭山 緑地

狭山丘陵の 一郭に広がる 緑地

今は落ち葉が 小道に 降り積もり

道さえ 分からなくなる程 また 板を並べた 木の道も在り

雑木林の紅葉は 今が盛りです。

Mo333333 多摩 湖

日本で 一番 美しい 取水塔

ネオ・ルネッサンス 様式

煉瓦造りの 円筒に 丸いドーム状の 屋根

誰もが カメラを 向ける ビューポイントです。

Mo444444 東京都 薬用 植物園

水生植物池と 透明度 抜群の温室

ケシ・アサ等 あらゆる 薬物植物の 栽培

試験研究 健康食品安全研究 薬草教室もあります。

鮮明な色の花 複雑な色の混ざる花 いつも自然に 咲く花を見て

不思議に 思っていましたが その数7000種類の植物の殆どが

『医薬品の原料』に 何らかの役立っている事 驚いています。

Mo555555 玉川上水 こもれびの足湯

ゴミ焼却施設の 余熱を利用した 足湯

四季折々の 彩り雑木が 囲む

度々訪れる 上水の遊歩道 休み処です。

黄緑色の落葉樹ごしに 少し傾いた午後の日ざしが 木漏れ日と

なって 足湯で膝寄せ合う 人々の上に やんわり浴びせています

休み処を後に ゴールまで暫らく 遊歩道をウォーク 風もないのに

かさかさと ひとひら ふたひら 落ち葉が背に 触れて来ます。

| | Comments (2)

« November 2010 | Main | January 2011 »