« December 2010 | Main | February 2011 »

01/25/2011

西武 東武鉄道 JR東日本 合同

Ka111111 小江戸 川越 七福神めぐり

駅からハイキング 東武 JR川越駅~

{七つの寺院 七福神を巡ってスタート}

♢くもの巣を 手繰るように 週末の一日を 時間を気にせず

行く先々で ゆっくり参拝をして来ました。

♢天然寺=寿老人  本尊は 大日如来

天文23年(1554) 栄海上人 創建

♢境内は緑が深く 四季を通じて 草花が咲き 今は蠟梅が綻び

鏡のような池にも 鮮やかな紅白の鯉が 彩りを添えていました。

Ka222222 喜 多 院 = 大黒天

天長7年(830) 慈覚大師 創建

嘉永15年(1638) 川越大火で焼失

♢江戸幕府三代将軍 徳川家光公が 江戸城別殿を移築し その他

諸堂を 再建したと言われています。

♢駅から歩き始めて 40分位 中院の 趣のある山門が 現れ

地続きで東照宮 喜多院 成田山別院と 伝説の 寺社が並ぶ。

Ka333333 奥殿や お庭を ゆっくり拝観しょうと

寺務所に向かうと 入り口で

『駅からハイキングの方は 拝観料四百円を

百円引きの三百円ですよ』 と云われました。

その百円で お御籤を 引いてみます。

気分良く早速 {曲水の庭} に注目 枯山水の石組や 遠近法の

植え込みと 中心 主木赤松の配置などに 感心しながら

{ 家光誕生の間 } { 客殿 }のほうに移る。

Ka444444 無量寺殿と 総称されている 諸建物

{家光誕生の間} {春日局の化粧の間}

それらを繋いでいる 畳廊下を抜けて

縁側に出ると 冬の日は 和らかく 座して しばし時を置いても

飽きない 庭の 眺めです。

Ka555555 連 繋 寺 = 福禄寿神

天文18年(1549) 川越城将

大道寺駿河守 正繁候が 連繋大師の御為に

建立された お寺です。

♢ガラス張りになっている 拝殿が鏡になって 背後の景を

門からの 参道を埋める人々が 写し出されている。

♢此のお寺の位置は ゴール本川越駅の 近くですが コースは

またUターンになっていて 小江戸蔵里や 菓子屋横町 見立寺

妙昌寺など 廻るようになってます。

♢川越の街は 度々散策している

何かが 変わったのだろうか  否 何も変わってない

でも 変わったようでもあり   いや 確かに変わったかも

♢なんで こんなに 心地よいのか

小江戸川越 歴史と情緒の街を 心彷徨う マップを閉じて。

 

| | Comments (0)

01/18/2011

ウィークデー ハイキング 1月

Se111111 八国山緑地から トトロの森を歩く

西武園駅~八国緑地~将軍塚~トトロの森

荒幡富士~いきものふれあいの里センター

約 8㎞ ~ 約 2時間

♢西武園駅前から ゆるゆると 枯葉舞う 雑木林の中え 急ぐ

陽は あたたかく 照らしつつも 冷たい北風が 容赦なく

吹き抜けてゆく。

Se222222 将 軍 塚 = 八国山

狭山丘陵の 東端に位置する この山は

駿河 甲斐 伊豆 相模 常陸 上野 下野

信濃の 八か国の山々が望めたことから 八国山と呼ばれたと云う

そして新田義貞が 鎌倉幕府と合戦の時にこの地に 一時逗留し

塚に 旗を立てたのが 此の将軍塚として 残っているそうです。

つわものどもの 夢のあと。

Se333333 西武園  遊園地西駅

真冬のウォーク 落ち葉の嵩む 小道

尾根道は 熊笹さえも 色あせて波打っている

クヌギ コナラ ヒノキの 雑木林 トトロの森を ひたすら急ぐと

あっーと いう間に ゴール 遊園地西駅に 着いた。

Se444444 多 摩 湖

遊園地西駅前の 丘に上がると

冬 真っただ中 春を待つ 桜に木が

大手を広げた その枝の隙間から 村山貯水池が ひっそりと

静まりかえって 沈黙の 絵のように映る。

Se555555 西武球場前駅に 向かう

寒いので懸命に歩くと ゴールに早く着いた

勢いで 多摩湖沿いの 遊歩道を 次の駅に

向けて 歩く事にしました。

♢湖をぐるりと回りこむと 多摩湖大橋に出て 見渡すと 藁ぶき

屋根の似合う 景色の先 富士山の ように浮かぶ

白い光を弾いた ドームの屋根が 覗いています。

♢寒々とした 冬枯れの ウォークは厳しく

ただ 青天井の 空だけが 救いです。

| | Comments (0)

01/11/2011

七福神巡って ハッピー ウォーキング

Hi111111_2 開運 東久留米 七福神めぐり

主催西武鉄道 後援東久留米市 他数十団体

東口中央公園~宝泉寺~浄牧院~大園寺

米津寺~多聞寺~市役所  約 8㎞~2時間

♢初春 早朝 天気晴朗 一片の雲もなし スタート地点の公園に

続々と集まる人の波 やがて 馬場東久留米市長の 挨拶が弾む

昨年は 秋篠宮さまご臨席を得た 南沢湧水群も コースに

入っていて 期待の ウォークが始まります。

Hi222222_2 弁財天  =  宝泉寺

開基は 承和5年(838)で

三人の童子がすがる『 子育て地蔵 』

又『 石憧六地蔵 』など 市指定文化財が 所蔵されてます。

Hi333333 大黒天尊 = 浄牧院

文安元年(1444)に創建

上品で優雅な 山門を潜ると

市指定の天然記念物 樹齢400年の カヤの木が 天に聳えて

その先の一郭に 微笑ましい 大黒様が 迎えてくださいます。

Hi444444_3 恵比寿尊 福寿尊 寿老尊 = 大園寺

創建は 平安初期と 伝えられ

山門には 他の 四福神とも

一同に 七福神が揃って 安置されています。

Hi5555555555 黒目川  落合川

七福神巡りは 二つの清流をなどるように

寺院が点在し 遺跡公園等も 沢山あります

♢市指定文化財の 石橋の供養塔や 若者の 力比べに使った

170kgの力石が 其のまま残っていたり 見所は沢山あり

地域センター(休憩所)JA新鮮館(休憩所)と 飽きの来ない

市民ボランティアや 商工会など総出で盛り上げての

ウォーキングになっています。

Hi666666_2 布袋尊  = 米津寺

創建 江戸時代 初期

多摩地域で 唯一の 大名墓所が存在

♢冬の陽が 室内まで 延びて福徳円満の 布袋尊が

光 かがやいています。

Hi777777_2 毘沙門天  =  多聞寺

嘉永5年(1852) 建造された

総ケヤキ造りの 山門で彫刻で飾られ

建造物として 市で唯一の文化財に 指定されてます。

♢引き戸の 隙間から そーと お出ましです。

Hi888888_2 ゴール受付 = 東久留米市役所

一階市民ホール ステージのパフォーマンス

バンド演奏や ダンス等 盛り上がる会場

♢2011年 開運祈願に午前10時頃スタートして 五つ目の

多聞寺を抜けると 市役所屋上の 見馴れた トンガリ帽子が

広い庭と 生け垣に囲まれた屋敷越しに チラホラ視えて来ました

♢例年どうり市役所の前は 地元産 清酒 梅ワイン お菓子

工芸品 等々 沢山の出店が 迎えてくれました。

♢ 『 年年歳歳花相似たり 歳歳年年人同じからず 』

    人は何かを 削ぎながら 何かを得ようとして

       累々と 時を 越えてゆく

| | Comments (8)

« December 2010 | Main | February 2011 »