« May 2011 | Main | July 2011 »

06/24/2011

ウィークデー ハイキング 6月コース

S111111 『初夏の花 花菖蒲とゆりを訪ねる』

西武線 西部駅~北山公園~狭山自然公園

多摩湖えん堤~多摩湖自転車道~

西武球場前駅ゴール後  ~ゆり園  約8㎞ ~ 約2時間

♢駅構内を出て 何時もの事で 人波の後を漠然と 歩き始めると

直ぐに 入国山緑地に入り 梅雨時 特有の曇天ながら 

萌黄色の 樹木から さわやかな風が 抜けてくる。

S222222 北山 公園 = 東村山市

八国山たいけんの里の 建物を過ぎて

線路を越えると 先ず田圃が広がり

♢双眼鏡になった 欅の間から 心躍る 花菖蒲が 望める。

S333333 『 東村山 菖蒲まつり 』

八国山の麓に お茶席や 琴の演奏

その他 模擬店等 数々のイベント 開催中

♢花菖蒲は170種類 約10万本の花が 咲き誇っています。

♢剣のような 鋭い葉の中に 高く花茎を立て 紫 白 水色と

花群れが板戸桟橋の 足許から まるで足に 纏いつくように

咲き並んでいます。

S444444 多摩湖 えん堤

村山貯水池を 守る 幅広で 長い橋

多摩湖は コナラ林や 杉 桧等に 囲まれ

きれいな水を 保っていて 今日は 水を打ったような 静かな

鏡の池になっています。

♢遠く 西武園遊園地の 大観覧車がゆっくり輪を 描いています

S555555 ゆり 園 開催中 = 所沢市

朝は 9時から 夜 20時迄 楽しめる

ライトアップの 魅力的な 誘惑が!

♢先月バラのガーデニングショウが 行われた 西武球場の駅前で

ゴール受付後 またもや隣の ゆり園への案内があり 迷わず足が

向かいます。     園に入ると横の花壇に

『 上を向いて咲く 黄色の百合の花 』が 一段と 目立って

♢俗に 黄いろの色は 幸せを呼ぶと 言われてますが・・・・・

♢辺りは さまざまな ゆりの 花いろが群れて 其の花模様は

木立を 縫うように 連なっていきます。

| | Comments (0)

06/17/2011

落合川沿いの散策 = 東久留米市

O111111 『 水と緑と ふれあいの街 』

梅雨の合間を縫って 落合川沿いを

毘沙門橋から いこいの水辺を 望むと

♢橋の袂に木造りの 長椅子と 丸太の切り株のような 腰掛けが

並んで 格好の休み処に なっています。

♢両岸から川の中まで びっしりと 緑の色に 染まっています。

O222222 鴨の親子

親ガモと コガモ 2羽

沢山いた 鴨たちも 北国に渡ったのか

数が めっきり減って ただ 鯉の群れだけが 目立つ。

O333333 水生 公園

右に多聞寺 左に氷川神社を 見て

上流に向かうと こじんまりとした

赤い睡蓮の花が 点々と浮かぶ 池が見えてくる。

♢公園前の こぶし橋辺りは カワセミの 棲む穴場で 写真

マニアに とっては カメラを置いて 待つ楽しみの場所です。

O444444 落合川 の アイドル

南沢緑地 保全地区の 先で

9羽の コガモを 連れた 親子カモ 発見

♢まだ生まれて 間もないようだが 親鴨の後を 矢のような早い

動きで 草むらへ 吸い込まれて しまいました。

♢そして馬頭観音 富士塚の跡など アクセントを経て 小金井

街道を越すと 湧水に生息する ホトケドジョウの ゾーンに

入り やがて落合川の 最上流に 至りました。

♢山あいでもない ただ湧水だけの落合川の 流れを追って

所在なく 茫っと立つと じんわりと 汗がうきでて 来ます。

| | Comments (2)

06/03/2011

西武鉄道 小田急電鉄 江ノ島電鉄 合同 のんびり ハイク&ウォーク

E111111 ファミリーで湘南の海道 大満喫コース

小田急線 藤沢駅~江ノ電 七里ヶ浜駅~

鎌倉海浜公園~海岸線~由比ヶ浜海岸~

若宮大路~江ノ電 鎌倉駅  約6Km~約2時間

♢小田急新宿から ロマンスカーで 一気に藤沢へ そして

街の軒先をかすめ 海沿いを ガッタン、ゴッタン走る 江ノ電で

スタートの 七里ヶ浜駅に到着。

♢目前に 広がる海原に お城のような 江ノ島が 靄に少し

かすんで 浮いてます。

E222222 七里ガ 浜

理屈ぬきで 波打ち際を 歩きます

潮の香りが 漂う砂浜は 何年ぶりか

♢懐かしや 我が故里に 似た風景で 砂が キュキュと鳴いて

足下まで 弾けた波が 押し寄せてくる。

E333333 鎌倉海浜公園 = 稲ガ崎

元弘3年(1333)新田義貞 鎌倉攻めの

折に 海岸を渡る際 潮が満ちて

越える事が 出来なかった時 念じて 剣を投じると 潮が引いて

進軍 出来たと云う 伝説の史跡も 在ります。

♢こんもりとした 高台は 江ノ島と富士山の絶景ポイントです。

E444444 由比ガ浜 海岸

遠くに 緩々とした 山並みと

サーファーの 彩とりどり 帆がゆれる

♢遠浅のせいか 白波が躍り 先の材木座海岸に 及ぶ

海水浴場は 有名です。

E555555 鎌倉駅 前 時計台

ゴール受付 時計は 11時40分を 指し

オフタイムは 鎌倉市内を 探索します

♢長谷寺から 露座の大仏 そして銭洗弁財天と 見所はいっぱい

取り合えず お昼に 今が旬 シラス丼の お店を探しましょう。

E666666 鶴岡 八幡宮

康平6年(1063)源頼義が 材木座に

源氏の 氏神として 八幡宮を お祀りし

建久2年(1191)に 源頼朝公が 現在の地に 遷し お祀り

したと されてます。

♢鎌倉駅東口より 鶴岡八幡宮に向く 小町通りは お土産店

雑貨店 飲食店などが ひしめき合い 集客は必然で 人気の

並んで買う アイスクリームや 芳ばしい焼きたての 御煎餅を

そぞろ歩きで 食べる・・・ これが いいのでしょうねぇ~

♢帰りは表参道の 三つの鳥居が在る 由比ガ浜方向に つなぐ

若宮大路の通りを 駅にむかいます。

♢振り返ると 社の朱 それを囲む緑 青い空 そして 人々の

白い色が交って 清々しい 初夏の装いを 映しています。

| | Comments (2)

« May 2011 | Main | July 2011 »