« 落合川の 源流から ウォーク | Main | 久しぶりの 京都へ »

09/30/2011

ウィーデイ ハイキング 9月号

Kaaaaaa 『秋の宮沢湖から 曼珠紗華の咲く

     高麗の里を歩こう』

西武線 飯能駅~奥武蔵自然歩道~宮沢湖

あいあい橋~曼珠沙華公園~高麗駅 約8,5km~2時間半

めっきり秋らしくなった この所の陽気 山道を登り 水辺を辿り

棚田を見て ゴルフコースの 点在する中を 通り抜けての

楽しみな ハイキングは 奥武蔵自然歩道から スタートです。

Kbbbbbb 宮沢 湖

名栗川の水を トンネルで通した 人造湖

汗だくで 山道を 登り 下りして

♢サーと 視界の開けた 水辺は 緑の縁どりに 囲まれた宮沢湖

心地よい 涼風を感じながら 湖を半周して 堰堤での 小休止 

今のシーズンなればこそ コスモスの小花が 小さく揺れてます。

Kcccccc あいあい 橋

橋の袂の 高麗郷民族資料館を 覗く

農業と林業 そして川の漁労など 歴史が

♢整然と レイアウトされ 懐かしい養蚕や 畑作 炭焼き

資料など しばし懐かしさに 浸る。

♢木組み木造りの大橋が 清流の高麗川を 跨いでる。

橋上から 日和山を背景に 曼珠沙華の 里を望みながら 

大勢の人波の中に 入っていきます。

Keeeeee 高麗 巾着田  = 日高市

あいあい橋を渡ると 眼前に 真紅の絨毯が

遅咲き 群生地と 早咲き 群生地と 続く

♢線香花火のような 輪状の花は すくーと伸ばす 細い

真っすぐな 花茎の上に置いて 燃えるように そよいでいます。

♢そして高麗川の 流れに沿って 大きく円を 馬の蹄の如く描き

まさに 巾着田のとおり 100万本の 花群れが 自然林の 

木立を縫って ゆっくり 波打って 延びてゆきます・・・・・

♢際立って 暑かった夏を超えて 秋一番の目の ハイキングを

満足し この後 15分も歩くと ゴール高麗駅につく。

|

« 落合川の 源流から ウォーク | Main | 久しぶりの 京都へ »

Comments

おっ? 復活ですね!

それにしても 彼岸花って ちゃんと
お彼岸頃に咲きますよね。

何に反応して(何を感じて)その時期をしるんでしょう?

いつか あの巾着田をこの目で見たいものです。

Posted by: ONSAI | 10/03/2011 at 09:02

ONSAIさん、こんにちは!
いつもコメント、ありがとうございあます。

京都の大役を経て、足のほうは大丈夫ですか、
いろいろとお疲れではないでしょうか?

こちらパソコンのご機嫌をみながら使いはじめています。

☆毎年この時期には必ずあの燃えるような彼岸花の群れる中をぶらぶら彷徨います。

☆そして法華経の、一節から出たと云う曼珠沙華の名は彼岸の時期に合わせるように咲くので何か神秘的な様相を感じさせます。


Posted by: 亀の歩き | 10/04/2011 at 14:24

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 落合川の 源流から ウォーク | Main | 久しぶりの 京都へ »