« October 2011 | Main | December 2011 »

11/29/2011

落合川=源流から橋を訪ねて(6)

O111111 不動橋 昭和48年8月 竣功

橋をひっそり見守る 『不動明王』 画面右

文政9年(1826)に造立 市指定文化財

♢当方ブログ 船出の 第一号場所

『ブログの入口に やっと辿りつきました 私の住んでるいる

すぐ傍に 10m位の川幅の 水が大変きれいで(水源が湧水)

落合川があり 鯉 鮒 鴨 白鷺がいて そして川沿いに

草花も 沢山咲いています。この川沿いを 始めたばかりの

デジカメを片手に 散策してみようと 思っています』

と。 こんな書き出しから 始まっています。

♢ ○年一日の如し・・・・・

O222222 落合 橋

落合川で 落合と付く名は 新落合橋と二つ

武州多摩郡 落合邑の村名があり

♢橋の年号は 見当たりませんが 近くに 廻国供養塔や

地蔵菩薩馬頭観音 庚申塔などが 目立ち 案外 古い

橋なのかも 知れません。

O333333 新落合 橋

橋の 標示石に ドジョウの彫刻や

歩道に 鯉や鴨の絵の タイルが 敷かれ

♢斬新で モダンな感じのする 市で ナンバーワンの橋だと

思います。

♢『東久留米市スポーツセンター』温水プールを始めバスケット

バレー バドミントン ジャズダンス 武道各種 トレーニング

ルーム等々 万全の施設が備わって また建物の地下が

よくある 雨水の調節池になってます。

O444444_2 下谷 橋

落合川 上流から数えて 最後の橋です

私の調べでは 都合24の橋が 在りました

♢この先30mも行くと 市内を並行して西東に流れを

共にしてる 黒目川と合流し 暫くは黒目川のまま

朝霞市に入り 新河岸川に 到ります。

O555555 野草 園

下谷橋の向い合せに 花咲かす 野草30種

吾亦紅=俵形の花の穂をつけ 紅色に

♢並んで ゲンノショウコ ノコンギク 等 丁寧に 細やかに

花の名のついた 白い立札が 郡立しています。

♢はぎの花の近くに

『 たかまとの 野辺の秋萩 いたづらに 

              咲きか散るらむ 見る人無しに 』

♢万葉の歌の 栞が 秋日和の 柔らかな風に 吹かれて

ゆっくり 揺れてます。

| | Comments (0)

11/22/2011

西武鉄道 クイズウォーク 10、11月 コース

H111111 『大泉学園』を 流れる 白子川の

源流から 『びくに公園』 を訪ねて

西武線 保谷駅~大泉井頭公園~白子川

妙福寺~東映通り~大泉学園駅  約6,5km~1時間40分

♢西武鉄道 新企画のクイズ 答えを 3つの ポイントで探して

正解すると 抽選で フリースジャケットや シューズバック等の

プレゼントが あるようです。

♢スタート保谷駅は すぐ隣の駅ですが 白子川なんて 川が

在るのを 知りませんでした。

駅から10分も 街中を歩くと『一級河川 白子川 上流起点』の 

看板が現れて やはり 武蔵野の 名残は 到る所に 歴然と 

残っているものだと 感心しました。

H222222 大泉 井頭公園

『マルバヤナギ』 練馬区の天然記念物に

指定された 『2本の大木』が あります

♢珍しい樹種で しかも最も大きく 樹形が独特で そう云えば

幹の形が 何となく 柳腰のように 見受けられますが

この辺りの 豊かな地下水に依って 育まれているのでしょう。

H333333 妙福 寺

梵鐘が 練馬区指定 有形文化財です

長い石畳の 参道を辿り 二つの門を潜ると

ひっそりと 静寂の中に 身が 吸い込まれて 行きます。

♢気ままな ぶらりウォーク 辺りに 人の気配すら ない。

H444444 『 びくに 公園 』

白子川の 調節池とした 機能を持つ 広場

テニスコートなど在り 多目的公園です

♢敷地内には 湧水もあり 公園の脇には 二百mにわたって

河川の工事中で やはり 生活には欠かせない 白子川の

役割が解るが この広場が 池になる事が 有るのだろうか?

H555555 東映 通り

かの有名な 東映 東京撮影所と

東映 アニメーション ギャラリーや

♢映画の集合館『OZ、STUDIO,CITY』 オズ大泉店等

一気に 都会的 雰囲気に 入ってきました。

♢住宅地を 搔き分けるように 流れる 白子川沿いから

東映通りに入り 一休みのつもりで 映画を楽しみ 外に出ると

♢つるべ落としの 晩秋の日は 早や暮れて 電器店 果物屋

カメラ店 洋服店 蕎麦屋 途切れることのない お店が並び

万華鏡のような 明かりが 点滅し始めて その商店街の 

さきに ゴール 大泉学園駅が 迫ってくる。

| | Comments (2)

11/14/2011

落合川=源流から 橋を訪ねて (5)

O111111_2 立野一の橋 昭和56年3月

橋は もう30年 繰り返し 手摺の

塗装も 塗り替えられているが

♢今は赤さびが 目立ちます。

この辺りからは 気候条件が良いと 川上に富士山のテッペンの

白い帽子が 視える 絶好の スポット なんですけどねぇ~

O222222 西武鉄道 高架 橋

唯一 川と歩道の 上を走る 橋

川の中は両側に土手を造り 常に草花が茂る

♢流れの中に けなげに育つ水草や タンポポの花を 小さく

したような 花を咲かす ナガエミクリなど こんなにも 緑に

埋まる 川面も 珍しい現象です。

♢二つ目の 源流 竹林公園からの 流れが 此の場所で加わる

O333333 竹林 公園

何度も 当ブログに 登場する公園

本流から Vの字に 二千本の竹林が繁り

♢『 東京名湧水57選 』の湧水源もある こぶし沢流を

見とどけに 約二百m位 遡ります。

♢打ち沈む水面に 木の葉をソート 落とすと スルスル動き

始める・・・・・ 湧水は 確実に 生きている。

O444444 共立 橋

駅にも近く 住宅密集地を 控え

しんかわ保育園や 外国学校もあり

♢豊かな生活環境の 整った町です。

川が少し ゆったり曲り はじめています。

O555555 立野 橋

川幅は約11m 橋は2m幅

赤い色の橋 袂に有名な 不動橋広場あり

♢夏に行われる『川あそび』 『盆踊り大会』など そして小学生

専用の野球場や サーカー バスケットの ミニ練習場 その他

ブランコ 滑り台など 多岐に亘って 活動できる広場で

いざと云う時の 市民の避難場所にも なっています。

♢何でもないようで 大切な事が 少しずつ 分かってくる。

| | Comments (2)

11/05/2011

落合川=源流から橋を訪ねて (3)

B111111 毘沙門橋 昭和59年3月 完成

橋の欄干が 鮮やかな色に 変わってきます

先の橋から百m位は確固とした遊歩道がなく

♢足許は 雑草で埋まり 黄色い泡立ち草が 所々で色を添え

30cm幅 土の道 簾になって覆う草を 足で払いながら歩く。

♢一方 湧水群 南沢給水所から 約2百m 枝分かれの

地点に戻った場所が 毘沙門橋の脇で 清流が 

勢いよく 流れ込んでいます。

B222222 老松 橋 昭和58年3月 完成

中央町から 南沢町に移動し 近くに

こんもりとした 森の中に 多聞寺が控え

♢手前には 憩いの広場 柵のない 直接 水に触れる事が

出来る ゾーンで 特筆すべきは 小さい お子さん連れでも 

安心して 水遊びが出来る 場所があります。

B333333 美鳥 橋 昭和58年3月 完成

川の両側は 自転車も走れる 整備された

遊歩道で 流れも ほぼ川幅一杯になり

♢橋を渡ると 市の 中心地 本町に またがり 西武電車の

東久留米駅 西口に通じています。

B444444_2 立野 二の橋 昭和56年3月

この次の橋は 西武鉄道の 高架橋になり

白い飛沫の 落差がある 水深は1、5m位

♢夏休み頃は 小中学生や 近くの外国語学校の 生徒さんが

滝をすべり 又 飛び込み 賑やかになる場所です。

何といっても 水が きれいなので 安心です。

♢川沿いを ウォークしていると 何人かの釣りを 楽しむ人を

見かけます。  勿論 ~ 魚釣りは許可されてます ~ 

時に自転車できて 場所を移動しながらの 太公望

『 釣った その魚 どうされますか 』 と 問うと

『 また 川に 放すんだ 』     だって。

| | Comments (2)

« October 2011 | Main | December 2011 »