« 落合川=源流から 橋を訪ねて (7) | Main | 落合川 源流から 橋を訪ねて (8) »

12/13/2011

国指定名勝 別荘庭園

I111111 殿ケ谷戸庭園 = 

正4年満鉄副総裁 江口定條が別荘とする

和4年三菱財閥の 岩崎彦弥太が再整備

蔵野の 自然植生を 取り込んだ 回遊式 林泉庭園

♢ 四季折々の 変化に恵まれた 景観に魅せられ 年 何回か

れる庭園です。

♢ JR中央線 国分寺駅下車 徒歩2分 南口の歩道信号を

渡ると すぐ目の前に 庭園入口が見えてくる 潜り戸を想わす

うな門を 入ると 深い玉砂利が敷かれて ザックザックと

待感を うながす音がする。

I222222 大 芝生

内所を抜けると 芝生の奥に屏風になった

紅の紅葉が 横に 広がっています

武蔵野 別荘庭園の 落ち着いた 景観が楽しみです

I333333 郎 弁天池

国分寺崖線の 南縁にあって 曲形的な

丘崖の 地形を利した 豊かな水源です

♢ 芝生の広場が 俄かに崩れ 切り立った崖線 俗に「ハケ」と

呼ばれる その崖地を 巧みに利用した池です。

♢ 赤松 紅葉 竹林などが 池を囲み 素晴らしい眺めです

I444444 葉 亭 (茶室)

池を眼下に 見下ろす亭の 休み処は

老若男女で一杯 時間が 止まる一瞬です

♢透けて見える空は うすい霞が 掛ったように白く 木々の間を

ザワザワと やゃ ひんやりとした 風が 動いて 近くの

鹿おどしの 音が かすかに 聞こえてくる

|

« 落合川=源流から 橋を訪ねて (7) | Main | 落合川 源流から 橋を訪ねて (8) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 落合川=源流から 橋を訪ねて (7) | Main | 落合川 源流から 橋を訪ねて (8) »