« December 2011 | Main | April 2012 »

03/26/2012

小金井公園の 梅

P111111 都立 小金井公園

開園=昭和29年

江戸東京たてもの園=元東宮仮寓所

♢小金井公園なれど 武蔵野市 小平市 西東京市と4つの市に

跨り 都内最大級規模を誇る 公園で 桜が とみに有名ですが

とにかく樹木が多い 雑木林あり 花があり スポーツの施設も

沢山揃っている。

何と云っても 当方の目的の 散策するのに 最高の恵まれた

環境の場所です。

♢先ず梅林を 訪ねると 『紅千鳥』の 名の 梅が 大空に

向かって 赤い小花を 散らしています。

P222222 さんしゅの はな

黄色で 小さな 四弁花

空 高かきが ゆえに なお 枝のばす

♢鮮やかな 黄色が 少しさめて 疎らな花が 侘しそう。

P333333 月影(緑) 古城の春(白) 春日野(赤)

微かな うぐいす色の 花と

白い花と 紅い花と 競うように 咲く

♢桜のような 華やかさは なくも 小枝と 小枝の 妙味が

微妙に バランスが 取れていて 梅林らしさを 見せている。

P444444 鴛鴦 (エンオウ)

梅林には 26種もの 梅の花木があり

扇流し 古城の春 水心鏡 月の桂 等々

♢上品で 奥ゆかしい 名の木が並ぶ。

♢鴛鴦の花は 疎らながら 空に舞い 小枝が簾になって

広がっています。

♢梅林で ひとしきり 芳しい香りに浸り 目的のウォーキングは

とてつもなく 広い公園の道を また歩き 始めます。

♢梅は咲いたが 桜も追って もう目前・・・・・

| | Comments (2)

03/18/2012

ヤマハ(株)たくさんの感謝を込めて

T111111_2 サンクス&フェアウェルコンサート

出演: ヤマハ吹奏楽団

会場: 所沢市民文化センター

   アークホール(大ホール)

主催: ヤマハ株式会社

♢埼玉から ヤマハ豊岡工場と アトリエ東京に 移転統合で 

春を呼ぶ さよなら コンサート 開催

♢今年の冬は 実に寒い 早く暖かい 陽の光が ふりそそぐ

春が来ないか。 そんな時に コンサートの券が 手に入り

場所も 所沢と 比較的に近く 出かけました。

T222222 所沢 市民文化センターミューズ

キャンディード序曲:バーンスタイン

氷結の花:中橋愛生 復興:保科洋

イン・ザ・ミラームード アフリカン シンフォニー 等々

♢ブロードウェイ・ミュージカル あり 復興や そして

グレン・ミラー楽団の ヒット曲メドレーと 50年の歴史を持つ

ヤマハ吹奏楽団の 粋が結集して ラッパ クラリオネット

笛など主体の 威勢の良い演奏は どの楽曲とも 繊細な

メドレーと 爆発的な音量の 強弱が マッチして 

オーケストラと 観客が 何とも言えない 共感を得る

夢の ひと時と なりました。

T333333 航空公園 駅 (西武線)

駅前に 待機してる 旅客機

コンサートを 堪能して 外に出ると

ひとしきり 降っていた雨も 上がり 広い幹線道路 両脇の

歩道は 自転車道も 併用した ゆったりとして 多くの人達と

一緒に だらだら歩いて 航空公園駅方面に行くと 

警察署が在り 並んで 竹林越しに 市役所も 見える 

そこを通り抜けると 在りました。

♢『 YS11中型旅客機 』が 昭和44年(1969)に

製造され 平成9年(1997)大島~東京便を最後に

飛行を終えた 旅客機です。

♢見つめると 意識が空を舞い 今だに 吹奏楽団の奏でる

グレン・ミラーの軽やかな リズムが 頭の中を

駆けめぐっています。

| | Comments (2)

03/09/2012

ウィークデーハイキング

A111111 『 歴史を感じる 新河岸川と

  小江戸川越の 町を歩こう 』

西武線 本川越駅~仙波河岸史跡公園~

新河岸川~川越氷川神社~菓子屋横丁~一番街~本川越駅

約 9km~ 約 2時間半

♢梅一輪一輪ずつの 暖かさと云えど 一向に春らしくならない

今年 それでも白梅の 咲き始めた 仙波河岸史跡公園からの

スタートです。

A222222 新 河岸川

東久留米市の 落合川 黒目川が 合流する

新河岸川が この地 川越の町を ぐるりと

見事に 囲んでいるとは 新発見です。

♢ただ 水の流れが 止まっていて まるで運河のよう 両岸の

桜並木が 少し芽吹き初め シーズンには さぞ桜狩の

名所になるのでしょう。

A333333 喜 多 院

平安時代に 創建され

慶長4年(1599)に 天海が継ぎ

♢江戸城内の 家光公誕生の間や 春日局化粧の間が 喜多院の

書院 客殿として 移築されているのは 有名で   その他  

境内には多くの 文化財や史跡 また地続きには 仙波東照宮も

在り 此処で足を止めると 長時間になるのは 必然です。

*****************

A444444 川越城 本丸御殿

長禄元年(1457)扇谷上杉持朝 築城

幾多の 戦国時代を 経て

♢寛永16年(1639) 川越城主となった 松平信綱が

城の拡張整備を 行い 巨大な城郭を 成し遂げたと

されています。 長い間 改修中で やっと工事シートが

外されての お披露目です。

A555555 一番街 蔵造りの町並み

川越まつり会館 蔵造り資料館

時の鐘など 観光客の 集中する スポット

♢3月も 半ばになれば 何となく何処かえ 出かけたくなる

そんな気分の中 今回の ウィークデーハイキングは

適当に ウォーキングもかねて 小江戸川越の町を 堪能して

きました。

♢この辺りは 土蔵造りの黒い屋並が向かい合い 普段

感じられない 往古の歴史を 彷彿させる しっとりと 心和む

一帯で 時を忘れ そぞろ歩きも 押し迫った ゴールの

時間を確認し 川越駅に 急ぎます。

| | Comments (2)

« December 2011 | Main | April 2012 »