« 西武沿線ウィズウォーク2,3月コース | Main | お花見 »

04/08/2012

落合川 源流から橋を訪ねて (9)

I111111 関越自動車道の 橋

遮断壁が まるで飛行機の 胴体のようで

翼があれば 今にも 飛び上がりそう

♢紅梅の花房が 重みに耐えて 俯くも 仄かな匂が 風を呼ぶ。

♢春 うららかな天気で 久しぶりに 橋を 巡ってみます。

I222222 大 橋

車の往来が 激しい。 黒目川では

今迄では一番 幅の広い 橋です

♢車では よく通る 道路ですが さすが歩くと 4km位は

有るでしょうか? ひと休みする 飲食店を探すと 山田うどんが

橋の袂にありました。

I333333 市場 板橋

1993年3月 施工 住友建設(株)

定着方式=フレシネー工法

♢道路脇の 蕾が膨らんだ 桜並木を 通りぬけると とても

ユニークで きりっとした デザインの橋に釘付けになりました。

♢橋を渡ると 新座市営の広大な 公園墓地が 在ります。

I444444 山川 橋

次に流れゆく 朝霞市に 近づく

高低バランス 制御らしい 大小の石が並ぶ

♢水面が 白い波立ちを呼び 流れが一層 早さを増している。

近くに馬場桜公園と 看板の小公園を見つける。

♢遠くに 桜並木も うっすら赤みを 揃え 今日の陽気で 

一気に 開花の 予感がします。

|

« 西武沿線ウィズウォーク2,3月コース | Main | お花見 »

Comments

「橋シリーズ」再開ですね!

板橋は フレシネー工法って いうのですか。

瀬戸大橋の島なみ海道の橋には こういいう工法が多く、「斜張橋」と呼んでいます。

さてさて、春到来で 亀の歩きさんの「歩き」も順調そうで 嬉しく思います。

先だっては 直筆のお便りを有難うございまいした。
改めて 健康の有難さ、いのちの重みを噛みしめさせていただきました。

必ず死すべき いのちを たまたま 生かされている有難さ。死を見据え、自覚しながら 生きていくときに開けていく世界があると思います。

どうぞ お大事に。

Posted by: ONSAI | 04/11/2012 at 09:12

ONSAIさん、こんにちは!
よんで字の如く「斜張橋」はヤジロベーが胸を
張ったような太い針金で支えています。
この後も同じ工法の橋が表れるのかどうか
興味がわいてきます。

橋めぐりも当然だんだんと遠くになっていき
往きは楽しく歩いて、帰りはバスを利用することになります。

川が流れる限り橋はあり、じーと待っていてくれます。
川沿いは山道と違って急な斜面や高低のない道で
ウォークには最適です。

Posted by: 亀の歩き | 04/12/2012 at 09:34

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 西武沿線ウィズウォーク2,3月コース | Main | お花見 »